2017/06/03

CWSプライベートにようこそ

このブログは「時評編」と「挽歌編」が混在していますので、驚かれる方もいると思います。 混在の理由はゾーエとビオスの融合を目指しているからです。 目ざわりかと思いますが、お許しください。 別々に読む方は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/22

■節子への挽歌3547:土と孫との時間

風が強い日でした。 庭は何とかきれいになりました。 この週末、庭でカフェサロンを開く準備がほぼできました。 花にはあまり恵まれていませんが、まあ何とかなるでしょう。 それにしても、花木を粗末に扱ってい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3546:「淋しさは心の奥底からなくなる事はなく、だからよいのかもしれませんが。」

節子 昨日書いたSさんからまたメールが来ました。 私も夫を亡くし7回忌を迎えました。 私には仲間とコカリナがあったので泣きながら立ち直れましたが 淋しさは心の奥底からなくなる事はなく、だからよいのかも...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/21

■節子への挽歌3545:人は支え合って生きている

節子 今日も初夏を思わせる朝でした。 昨日は少し無理をしたので、今日は実釣しようと思いましたが、朝起きて外を見たら、また昨日の続きをやりたくなりました。 河津桜が鉢に植えているのですが(節子の生家では...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/20

■節子への挽歌3544:快い肉体的疲労感の幸せ

節子 いささか大変な日になってしまいました。 朝起きて決意した「がまがえる探し」は見つからずに失敗。 ついでにそのまま庭の整理を始めました。 気になっていた、ミモザの樹の枝払いをしましたが、これが大変...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3543:さやかな朝なのに体調がすっきりしません

節子 さわやかな朝です。 私自身はまったく「さわやか」ではないのですが。 どうもまた最近体調がすっきりしません。 昨日、中村獅童さんが、初期の肺がんが発見されたことを公表しました。 それに関連して、テ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/19

■節子への挽歌3542:花かご会がまた受賞したそうです

節子 ちょっとうれしいニュースです。 節子が関わっていた花かご会が「我孫子市さわやかな環境づくり賞」をもらったそうです。 花かご会の山田さんから連絡をもらいました。 私は花かご会には関わってはいません...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/18

■節子への挽歌3541:犬のように眠りました

節子 私が節子にあった年に、ビートルズは初めて日本に来ました。 私がビートルズを聞き始めたのは、ですから、節子と会った年です。 そのビートルズに"A Hard Day's Night...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/17

■節子への挽歌3540:人間の存在自体がひとつの負債

節子 またしばらく挽歌が書けませんでした。 良くも悪くも、精神が安定していないと書けなくなってきました。 以前、挽歌を書くのが日課だった頃は、こんなことは全くなかったのですが。 挽歌以上に書けなくなっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/15

■5月27・28日は我孫子アートな散歩市に合わせて、自宅でオープンカフェを開きます

5月6日から6月4日まで、我孫子アートな散歩市が開催されています。 毎年、わが家にある娘のスペインタイル工房 Taller de Junも参加する関係で、雨が降らなければ、工房の横の庭で、私がオープン...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/14

■節子への挽歌3539:軽い頭痛があって憂鬱です

節子 今日はまた肌寒ささえ感ずる1日でした。 温暖の差が激しいので、最近あまり調子がよくありません。 特に今日は心身共に何か違和感があり、何もやる気が起きませんでした。 昨日は朝早くから3時間ミーティ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェサロン「沖縄が失ってしまったもの、失いつつあるもの」報告

悪天候にもかかわらず、今回も9人の参加者がありました。 途中で雨がひどくなってきたため、わざわざ長靴を買って、履き替えてきた人もいました。 そんなにしてまでも人を呼び込む沖縄のオバァの力はさすがです。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/13

■節子への挽歌3538:逃げている生き方

節子 あまりにもさまざまな(量ではなく内容の多様さですが)問題に、最近ちょっと「心」が押しつぶされそうになっています。 節子はよく知っていますが、私は「頭の切り替え」は比較的得意で、目の前の問題に集中...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/12

■節子への挽歌3537:満月の夜空(2017年5月12日)

節子 昨夜は久しぶりに帰りが遅くなってしまいました。 それに長丁場の作業的議論をしていましたので、疲労困憊して帰宅しました。 最近はどうも体力がありません。 駅からの帰り道、月がとても綺麗でした。 満...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/10

■節子への挽歌3536:男と女の生き方は本質的に違っている

節子 久しぶりにまた西武池袋線に乗りました。 大泉学園に住んでいる暉峻淑子さんに会うためです。 小田原で長年地域福祉の活動に取り組んでいる時田さんが、ぜひお引き合わせしたいと言って、実現してくれたので...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/09

■節子への挽歌3535:孫が1歳になりました

節子 今日は孫の、にこの1歳の誕生日で食事会に招待されました。 娘の連れ合いの両親なども一緒で、ちょっとにぎやかな誕生会になりました。 1歳の誕生日には、いろんなことをやるようです。 私にはそういう知...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3534:さらなる老後に備えて

節子 最近、収入が年金だけなので、いささか手元不用意になってきてしまいました。 しかし貧しいわけではなく、自宅も湯島も一応私の名義になっているので、ささやかな資産所有者なのです。 そのため、この時期は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/08

■節子への挽歌3533:生きるということはたくさんの幸運の上に成り立っている

節子 この連休、わが家では「悲劇」が起こりました。 と言っても家族のことではなく、わが家の庭に巣をつくった野鳩の母子に起こった悲劇です。 挽歌に書いたかどうか覚えていないのですが、数日前に庭の木に、鳩...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3532:「今の私には響きません」

節子 挽歌にコメントをいただいた人からメールが届きました。 その方と、少しずつですが、メールのやりとりがはじまりました。 数日前に届いたメールに、こう書かれていました。 なんでもない今日に感謝できる人...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/07

■カフェサロン「教育勅語を読んでみよう」の報告

連休真っ只中にもかかわらず、「教育勅語を読もうサロン」には、10人の参加がありました。 呼びかけた者としては、もっと大勢の参加を期待していましたが、議論はかなり盛り上がり、そのため「改正教育基本法」を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/06

■原発反対のデモに行く時間があったら、その前に「チェルノブイリの祈り」を読んでほしい

今日、不覚にも、電車の中で久しぶりに涙をこぼしてしまいました。 ベラルーシの作家、スベトラーナ・アレクシエービッチの「チェルノブイリの祈り」(岩波現代文庫)を読んでいたのですが、その最初の消防士の妻の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■国民医療の発想

連休で2冊の本を読みました。 いずれも読もうと思ったまま、数か月、読みだせなかった本です。 1冊は石垣千秋さんの「医療制度改革の比較政治」(ミネルヴァ書房)。 もう1冊は「日本病院史」(ピラールプレス...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/05

■節子への挽歌3531:こどもの日の手賀沼公園

節子 こどもの日です。 というわけで、娘母子が手賀沼公園に遊びに行くと言うので、出てこないかと声がかかったので、私も少しだけ付き合いました。 手賀沼公園はわが家と娘の家との真ん中なのです。 天気がいい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/04

■節子への挽歌3530:庭の手入れ

なぜかこの連休に読むことになった本は、医療関係の本ばかりでした。 読めるかどうか少し不安だった2冊の大部の書物も、途中から面白くなって、昨夜から今朝の早朝にかけてほぼ読んでしまいました。 久しぶりに速...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/03

■節子への挽歌3529:やらなければならないことが多いと元気になります

節子 世間の連休は、そこから外れてゆっくりしようと思っていたのですが、人生はなかなかうまくいきません。 山のように、やらないといけないことが押し寄せてきてしまいました。 もっとも、そのほとんどは別にや...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/05/01

■節子への挽歌3528:大型連休の過ごし方

節子 5月になりました。 大型連休の真っ只中ですが、私にはまったく何の変哲もない日々です。 ただ世間が弛緩していますので、私自身もだらだらと過ごすことになりかねません。 そこでちょっと今年は、がんばっ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3527:孫にお年玉をやるのを忘れてました

)節子 ジュンが、孫のにこを連れてやってきました。 来週、にこの1歳の誕生日で私も招待されているのです。 なにかお祝いを持っていこうと思い、にこは何が喜ぶだろうとジュンに訊いてみました。 そんなことの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/30

■節子への挽歌3526:賢治の愛のうた

節子 ずっと気になっていたことが今朝、氷解しました。 節子はよく知っていますが、私の好きな詩のひとつが、宮沢賢治の「永訣の朝」です。 この挽歌でも取り上げたことがありますが、妹トシがなくなった時に、賢...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/29

■コムケアサロン「生活の中での看取り」の報告

「看取りシリーズ」サロン3回目は、「生活の視点からの看取りを考える」をテーマにしました。 大型連休初日にも関わらず14人が参加しました。 話題提供者の小畑万里さんは、ていねいなレジメをつくってきてくだ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3525:他者を悲しませない死

節子 今日は「看取り」をテーマにしたサロンでした。 こうしたテーマに関して、もうわだかまりなく考えられるようになっていると思っていますが、そして実際にもそうなのですが、話し終わった後に、やはり疲労感が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/28

■節子への挽歌3524:ほっこりさに飢えてきた社会

) 節子 昨日、電車で出会った小さな出来事をブログとフェイスブックに書きました。 「じゃんけんで勝ったものが席を譲る」という記事です。 http://cws-osamu.cocolog-nifty.c...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/27

■じゃんけんで勝ったものが席を譲る文化

昨日の地下鉄日比谷線での小さな出来事です。 広尾から乗車したのですが、次の六本木で小学生(たぶん1年生)が3人乗車してきました。 私の隣の席が2つ開いていました。 さてどうするか。 3人は譲り合ってい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3523:人は、思わぬところで生きていて、思わぬ人に会っている

節子 ある人からメールが来ました。 こんなメールです。 友人の紹介で、コミーという会社に行って小宮山さんに案内してもらいました。 ところが小宮山さんから、「しゅうさん」と言う言葉が何度も出て、どなたか...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/26

■小さき人々の抵抗の声

先週、テレビの「こころの時代」で、ノーベル文学賞作家スベトラーナ・アレクシエービッチさんが被曝後の福島の人たちを訪ねて耳を傾ける「“小さき人々”の声を求めて」を見ました。 それに触発されて、ソ連崩壊後...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3522:話を聴いてくれる人の大切さ

節子 やはり喉風邪のようです。 昨日はかなり回復してホッとしていたのですが、やはり順調に風邪に向かっているようです。 困ったものです。 もう風邪はやめようと思っていましたが、どこかに油断があったようで...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/25

■節子への挽歌3521:久しぶりに献花台をきれいにしました

節子 昨日、挽歌103「まさか節子が献花にきたのではないでしょうね」にコメントがありました。 http://cws-osamu.cocolog-nifty.com/cws_private/2007/1...

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3520:眼科医に飽きてきました

節子 昨日は眼医者に行ってきました。 すごく混んでいる眼医者なので、いつも2時間はかかります。 私は待つのが苦手なのですが、ここはとても巧妙に仕組みられていて、私でも大丈夫です。 まず10~20分待っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/24

■節子への挽歌3519:体調が悪いと気持ちが暴発します

節子 この数日、どうも他者に対する対応がよくありません。 私は、気持ちが表情に出てしまうだけでなく、機嫌が言葉にでてしまうタイプなのです。 たぶん心身の作りが単純なのでしょう。 自分で自分をコントロー...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/04/23

■節子への挽歌3518:心優しい人たちを思い出すと涙が浮かんできます

節子 秋山さんを覚えているでしょうか。 40代で事故に遭い、その後遺症が残ってしまい、人生を大きく変えてしまった人です。 障がいを持った人でも働ける場をつくりたいと相談に来ました。 秋山さんが立ち上げ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3517:思いを放すことの大切さ

節子 時にドキッとする発言に出合うことがあります。 しばらく前の話なのですが、しばらくぶりに会った若い女性も交えて、ある話題に関して話をしていたのですが、別れ際にその女性が、私のところに寄ってきて、ド...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■リンカーンクラブサロン「税制改革と政治革命の可能性」報告

昨日のリンカーンクラブサロンは、異論が飛び交う大荒れの話し合いになりました。 しかしとても平和裏に進んだのでご心配なく。 異論をぶつけ合うことこそ、民主主義の原点なのです。 テーマは「税制改革と政治改...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■節子への挽歌3516:人は居心地のいいところで人生を終える