2019/01/03

CWSプライベートにようこそ

このブログは「時評編」と「挽歌編」が混在していますので、驚かれる方もいると思います。 混在の理由はゾーエとビオスの融合を目指しているからです。 目ざわりかと思いますが、お許しください。 別々に読む方は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/24

■第1回「有機野菜の旬を楽しむ会」報告

霜里農場の金子友子さん主催の「有機野菜の旬を楽しむ会」がスタートしました。 金子さんご夫妻がやっている埼玉県小川町の霜里農場は、全国から有機農業を志す人たちの学びの場です。 http://www.sh...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/23

■節子への挽歌3908:脳梗塞に注意しましょう

節子 ちょっと時間ができたので、遅れを取り戻すために今日はもう一通。 一昨日、新潟のKさんが湯島に久しぶりに来てくれました。 昨年末に奥さんが入院、その後、大雪で大変だったようで、血圧が一気に上昇。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3907:農業は良い人を育ててくれます

節子 雨のため行けなかった畑に、昨日夕方行ってきました。 道沿いの花壇作りをしていたら、犬の散歩で通った人が何を植えているのですかと話しかけてきました。 少し話していたら、後ろの畑もやっているのですか...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/22

■節子への挽歌3906:「元気をもらいました」

節子 兄と食事しました。 また大論争になってしまい、最後はお互いを反省して、なかよくわかれました。 家族や元家族は、どうもうまくいきません。 家族よりも、血縁のない人との関係の方が平和かもしれません。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/20

■節子への挽歌3905:読書に耽っていました

節子 今日もまた寒い雨の日です。 大阪の地震の被災地は、雨がひどいようで心配です。 幸いに私の友人知人は、大きな被害はなかったようですが、もちろん無傷だというわけではないでしょう。 大きな被害がなけれ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/19

■節子への挽歌3904:梅雨の合間の晴れの日はいいものです

節子 昨日、夕方、畑に行ったのですが、少し頑張りすぎて、また右手が動きにくくなってしまいました。 畑に行くとどうしてもがんばりすぎてしまいます。 なぜかはわかりませんが。 今日は、梅雨の合間の晴れで、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/18

■節子への挽歌3903:地震報道をずっと見てしまいました

節子 今日はずっと地震の報道を見続けていました。 私たちは、幸運にもこうした自然災害には巻き込まれることはありませんでした。 最初に現地情報が届いたのは、散乱している自宅の部屋の様子をアップしてくれた...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3902:大阪で大きな地震が起こりました

節子 大阪で震度6弱の大きな地震が発生しました。 昨日は関東でも地震がありましたが、最近また地震が増えています。 節子の生家や姉の住んでいる滋賀や福井も揺れたようです。 節子がいなくなった後、いっそ地...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/17

■節子への挽歌3901:会社時代の思い出

節子 昨日は久しぶりに会社時代の話をする必要になりました。 私が会社時代に取り組んだ仕事に興味を持ってくれた若者たちが話を聞きに湯島に来てくれたのです。 一緒に取り組んだ渕野さんも参加してくれました。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/16

■節子への挽歌3900:節子とにこ

節子 挽歌はまだ40くらい追いついていないのですが、なかなか追いつきません。 がんばって書くとまた書けない日があって、結局、差がなかなか縮まりません。 まあそれが、いつも節子から指摘されていた、私の悪...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3899:「残された人には試練を」

節子 前の挽歌を書きながら思いついたことをもう一つ書きます。 湯島のドアには、有名な「PAX INTRANTIBVS SALVS EXEVNTIBVS」の言葉が書かれています。 入ってくる人にやすらぎ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3898:寒い雨空を見ていると心も寒くなります

節子 昨日からまた寒くなってしまいました。 昨日は雨だったのですが、節子もよく知っているKさんから呼び出されて、4時間半、激論してしまいました。 途中でいささか疲れて、席を立って帰ろうかと思いましたが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/15

■節子への挽歌3897:奇跡の湯島

節子 北九州市の石松さんが久しぶりに湯島に立ち寄ってくれました。 前回は連絡もなく来たためドアが閉まっていて、無駄足をさせてしまったので、今回はしっかりと待ち構えていました。 石松さんも、最初に会った...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「パラノイア ハイプログラマーズ」を体験しました

アメリカで開発された政治風刺ゲーム「パラノイア ハイプログラマーズ」を体験させてもらいました。 http://chihosho.neil.chips.jp/?eid=360 何人かでやるアナログゲーム...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/14

■カフェサロン「いまの政治でいいのだろうか」の報告

「茶色の朝」サロン(BMS)の4回目は、3人の子どもの母親で、専業主婦の方に日頃思っている疑問などを話してもらうことを入り口に、「いまの政治でいいのだろうか」を話し合おうという呼びかけをさせてもらいま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3896:畑作業の効用

節子 3日ほど前に、かなり集中的に本を読んでしまいました。 「インド哲学10講」という岩波新書です。 前半はあまり面白くなかったのでいつものように速読していたのですが、後半面白くなってきて、結局また最...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3895:終わった人

節子 前にも書きましたが、いま「終わった人」という映画が話題になっています。 http://www.owattahito.jp/ 私も違う意味で「終わった人」だと自覚はしています。 私は、以前からよく...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/13

■米朝会談への違和感

米朝会談の実現は喜ばしいことでした。 いままで会ったことのない2人が、直接に会ったことが実にすばらしい。 人は、直接会って話をしてこそ、お互いに分かり合えて、人間的な判断や思考ができるようになると思っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/11

■節子への挽歌3894:ヤバニスト

節子 那須の2日間は、不思議な2日間でした。 言葉にはなかなか成りませんが、初日の朝、みんなが会った時と2日目に別れた時とでは、少なくとも私のなかでは、意識が大きく変わっていました。 私以外の3人は、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「小さな被害者」と「大きな被害者」

新幹線車内で起こった殺傷事件は衝撃的でした。 止めようとした若者が抵抗する間もなく殺害されたのは、実に悲しい。 最近、こうした不条理とも言うべき事件が起こるたびに思うのは、たぶん多くの人と違って、加害...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/10

■雨にも負けず畑に行きましたが、デモはさぼりました

私は昔、花巻に住んでいたそうです。 「そうだ」というのは、もうかなり昔の話なので、記憶がほとんどないのです。 その頃の友人が、いまは福島に住んでいますが、彼から30年ほどまえに教えてもらったのです。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/09

■節子への挽歌3893:畑でまた倒れそうになってしまいました

節子 2日間の疲れがやはり1~2日遅れて出てきました。 脚が筋肉痛でいささか歩きにくいのです。 しかし、その症状が出てきたのは、今日のお昼ごろ。 疲れが少し残っていたので、今日は畑には水をやるだけにし...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/08

■節子への挽歌3892:知的な2日間

節子 那須を楽しんできました。 招待してくれた上田さんとは、実はまだお会いして1年ちょっとなのですが、なぜか那須の別荘に招待されたのです。 私たちの共通の若い友人たちも参加してくれました。 上田さんと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/07

■節子への挽歌3891:那須に行きます

節子 人のつながりが、健康にも影響を与えるというような話がテレビでまた話題になっていました。 何をいまさらと思いますが、「つながりの回復」を理念にして始めたコムケア活動も、最初は「つながりの大切さ」や...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/06

■節子への挽歌3890:独りで映画を観ました

節子 昨日は久しぶりに映画を見ました。 岩波ホールで作品は「マルクス・エンゲルス」です。 作品自体は予想通り、退屈でしたが、ほぼ8割以上、席は埋まっていました。 その多くが私と同世代のような気がしまし...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■宮田喜代志さんを囲むコムケアサロンの報告

久し振りに熊本の宮田喜代志さん(小規模多目的ホーム明篤館館長・農福連携研究者)のサロンを開催しました。 宮田さんは、さまざまな分野で活動していますので、大きくは「福祉と農業」を基軸に最近の活動の紹介を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■解釈の違い

文化の違いは解釈の違いを生みだします。 ですから同じ言葉が、違う意味や使われ方をしがちです。 昨日、国会で佐川前国税局長官の任命責任を問われた麻生財務大臣は、「適材適所の任命」だったと応えています。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/05

■節子への挽歌3889:3人の人から褒められました

節子 昨日の湯島の縁カフェは、3人の人が来てくれました。 お客様は少なかったですが、話は盛り上がり、終わったのは予定の時間を2時間ほど過ぎた6時近くでした。 3人はいずれもかなり立場の違う人なのですが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/04

■節子への挽歌3888:縁カフェなのにお客さんがありません

節子 毎月最初の月曜の午後は「縁カフェ」というのをやっています。 まあこれも思いつきで始めたことですが、居場所のない人に、午後の時間をゆったりと過ごしてもらう場所をつくりたいという思いで始めました。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3887:今日も畑に水をやりに行くことから1日がはじまりました

節子 夏のように暑いです。 湯島に行く前に畑の作業をしようと思いましたが、あまりの暑さに水やりだけにしました。 いまのところ、なんとかみんながんばっているようですので。 なんだか最近は、畑仕事を軸に生...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/03

■節子への挽歌3886:暴走のブレーキ役

節子 Oさんからのメールにつづけて、今週もらった他の人からのメールも書いておきます。 そのメールには、「奥様に直接、お尋ねください?!」と書かれていましたので。 私のK戸をいろいろと心配してくれた上で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3885:5月30日生まれの人の性格判断

節子 最近、フェイスブックに余計なことを書きすぎて、たぶん評判を落としています。 まあ以前から評判はあまり良くないと思いますが、どうも「言わずもがな」のことを言う性癖は直りません。 困ったものですが。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3884:〈ないもの)から、〈あるもの)が生まれた

節子 昨日は早く眠ったのですが、案の定、夜中に目が覚めてしまいました。 それで読みかけていた「インド哲学10講」という岩波新書を読んでしまいました。 なかなか難しくて、ますます目が覚めてしまい、また寝...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/02

■節子への挽歌3883:いささか畑をがんばりすぎてしまいました

節子 今日は少し頑張りすぎてしまいました。 夕方も2時間近く畑に行っていましたが、さすがに疲れてしまいました。 笹の根っこを深くから切り取る作業はかなり力が必要です。 そのために、右手がかなりダメッジ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3882:平和で豊かで、知的で快適な暮らし

節子 今日も暑いです。 太陽が一番元気な8時半から約2時間、畑に行っていました。 節子がいたら止められていけなかったでしょう。 30分で終わる予定が、荒地をもう少し畑にしようと思い立ちました。 畑は耕...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第1回「有機野菜の旬を楽しむ会」へのお誘い

湯島で新しい集まりをスタートさせます。 主催は、霜里農場の金子友子さんです。 金子さんご夫妻がやっている埼玉県小川町の霜里農場は、全国から有機農業を志す人たちの学びの場です。 http://www.s...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/06/01

■節子への挽歌3881:リビングの照明は壊れたまま

リビングの設計は、節子がいくつかこだわったところがあります。 わが家の家づくりは、4人の家族がいろいろと意見を言ったため、かなり混乱したものになってしまったかもしれません。 意見は多ければ多いほどいい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3880:未完の作品

わが家には、節子の「未完の作品」があります。 未完の作品というよりも、正確には「未完の作品を思い出させるもの」ですが。 それは、リビングのまんなかにあるテーブルです。 わが家のリビングは、いろんな人が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/31

■節子への挽歌3879:孫は節子を見分けられますよ

節子 今日は在宅だったのですが、じゅん親子がやってきました。 2歳になったばかりの孫のにこは、節子には会ったことがありません。 それでもじゅんが教えたおかげで、節子の顔と名前を知っています。 先日、姪...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェサロン「九条俳句訴訟をどう思いますかーこれからの社会教育を考える」のお誘い

今回のサロンは、これからの社会のあり方を考える上で、とても大切な話なので、いつも以上に、ぜひ多くの人に参加してほしいサロンです。 さいたま市のある公民館の俳句サークルで選ばれた秀句が、いつもなら掲載さ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■嘘がまかり通る社会になってしまいました

以前、まだブログを始める前ですが、私のホームページに「メッセージ」というコーナーがありました。 そこで書いたことを再録します。 〔メッセージ2:嘘の上に成り立つ社会のありように疑問を持ちましょう(20...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■誕生日に「おめでとう」のメッセージを送ること

私は、儀礼的な挨拶が苦手です。 そういう挨拶をするのはなんとかできますが、応えるのが特に苦手です。 困ったものですが。 昨日、喜寿の誕生日でした。 フェイスブックには、誕生日にメッセージを送ることが仕...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3878:喜寿 一人で良く頑張りました

節子 喜寿を迎えたことを友人からほめられました。 「喜寿 一人で良く頑張りました」というメッセージが届きました。 小学校時代の同級生の女性からです。 彼女も、私よりも前に伴侶を見送っています。 その彼...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/30

■節子への挽歌3877:「なんで誕生日には「おめでとう」っていうの?」

節子 とうとう77歳です。 節子には信じられないことでしょう。 私にも信じられないことですが。 いろんな人が、フェイスブックで「おめでとう」と書いてきます。 私は誕生日に「おめでとう」と言われることが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■日大アメフト事件のその後の動きにまたまた思うこと

日大アメフト事件は、やはりいつもの通り、安直なところに落ち着いてしまった気がします。 日大アメフト部の部員の声明文は、大きな救いですが、 結局は、内田さんと井上さんと森さんが、切られただけで終わってし...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/29

■節子への挽歌3876:喜寿の会食

節子 生きながらえてしまい、私もとうとう喜寿を迎えました。 節子がいなくなってから、この種のお祝いをするのをやめていますが、ユカが企画してくれ、ジュン家族も含めて、みんなで会食しました。 久し振りに個...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3875:愛と涙と幸せ

畑に行ってきました。 ちょっと気分がすっきりしました。 野菜たちは何とか元気でした。 でも先行きいささかの不安はあります。 私と同じく、勢いのある元気が感じられません。 惰性的な元気、です。 先日、「...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3874:邪悪な血液が身心中を駆け巡っているような感覚

節子 この2日、夜中に目が覚めて、しばらく眠れなくなりました。 身体全体に、なにかおかしさを感じます。 心配はないのですが、どうも身体全体に違和感があり、邪悪な血液が身体中を回っているようなイメージが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/28

■節子への挽歌3873:水と火

節子 前の記事で、水が「いのち」を支えていることを書きましたが、それで思い出したのが、ゾロアスター教のことです。 ゾロアスター教は「拝火教」とも言われるように、火を使う祭儀が多いと聞いていましたが、最...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3872:水こそが「いのち」を支えている

節子 昨日は船橋市にある有機農場に行ってきました。 霜里農場の金子友子さんからのお誘いです。 山田さんという新規就農者の独身男性が10年かけて、広げてきた7つの農場です。 彼は、ほぼ毎日、その畑の往来...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■日大アメフト反則行為事件に、改めて思うこと

日大アメフト反則行為事件に関しては、「追い込まれた状況」が焦点になってきて、宮川選手はむしろ「被害者」として支援されてきているような空気を感じます。 それに関連して、ちょっと思いだしたことを書きます。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/27

■カフェサロン「日本国憲法の、何を変え、何を守るのがいいのでしょうか」報告

湯島では、憲法議論はこれまで何回もやりました。 でもどうもすっきりしません。 そこで今回は、抽象的な議論ではなく、「日本国憲法の、何を変え、何を守るのがいいか」について、それぞれの意見を出し合おうとい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3871:自分を自由に放し話し合える場

節子 昨日は憲法について話し合うサロンでした。 10人を超える人たちが集まりました。 いつもどうしてみんな参加してきてくれるのか不思議です。 節子と一緒にサロンをやっていた時も、いつも思っていたことで...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/26

■節子への挽歌3870:時間がないことに気づきました

節子 昨日、会社の決算をしました。 最近はきちんとした活動をしていないので、ほとんど収入もなければ支出もありません。 ですから1日で年度決算書が作成できます。 今期も残念ながらわずかとはいえ赤字でした...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/25

■節子への挽歌3869:「意味」を考えてはいけないこともある

節子 「生きる意味」をテーマにしたサロンの報告で、私が参加者の発言に失望して、疲れてしまったと書いたのですが、それを読んだある人が、メーリングリストにこう投稿してきたのです。 今晩は。 佐藤さんの、ヘ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3868:畑で2時間

節子 畑がだいぶ「畑らしく」なってきました。 節子がやっていた頃にはまだたどりつけていませんが、来年にはかなり近づくでしょう。 しかし逆に庭の方はまったくひどい状況のままです。 今日は午前中みっちりと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2つの記者会見は矛盾していないように思います