2018/07/03

CWSプライベートにようこそ

このブログは「時評編」と「挽歌編」が混在していますので、驚かれる方もいると思います。 混在の理由はゾーエとビオスの融合を目指しているからです。 目ざわりかと思いますが、お許しください。 別々に読む方は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/22

■節子への挽歌3864:畑らしくなってきました

節子 畑がだいぶできてきました。 昨日はきゅうりとトマトと茄子を植えて、添え木もつくりました。 第一弾にとりあえずの仮植えて物は苦戦していますが、そのおかげで少しずつ畑部分が広がっています。 適度の労...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/21

■カフェサロン「世界は変えられる!子どもがそう信じられる社会に」報告

日本子どもNPOセンターが、ブックレット「児童労働、NPO/NGOのチャレンジ」を出版したことのお知らせもかねて、そこで取り上げられているNGOフリー・ザ・チルドレン ジャパン(FTCJ)の代表の中島...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/19

■節子への挽歌3863:人は「つながり」に支えられて生きている

節子 また身体がかゆくて、朝早く目が覚めてしまいました。 パソコンを開いたら、いろんな人からメールがはいっていました。 昨夜、いくつかのメールを発信していたからです。 このブログは、一時期、あまり書か...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/18

■第3回「なぜ生きるのか」サロン報告

「なぜ生きるのか」をテーマにした3回目のサロンを開催しました。 初参加の方も含めて、13人が集まりました。 このサロンは、これまで、それぞれの問題を解放し、どうしたらいいかなどを話し合うのが基本だった...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■日大アメフト反則行為事件に思う事

日大アメフト反則行為事件が連日テレビをにぎわせています。 議論する以前の、あきれた話なので、事件そのものにはあまり関心はないのですが、肝心の日大アメフト部員が、内田監督体制に「ノー」を突き付けだしたと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3862:庭の木の実

節子 また畑に行ってきましたが、竹藪的なところがまだ残っていたので、そこをまた伐採してきました。 昨日購入したゴムの手袋は、2日にしてぼろぼろになってしまいました。 いかに過酷な作業かがわかります。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3861:居場所と逃げ場

節子 今日もさわやかな朝です。 出かける予定をやめて、今日も畑に行くことにしました。 最近少し湯島に行く回数が減ってしまいました。 報告をまだ書いていないのですが、15日に第3回目の「生きる意味」をテ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/17

■「先史学者プラトン」は世界を広げてくれます

月曜日の朝日新聞1面下の書籍広告欄で、國分功一郎さんが、「大胆な議論をぜひ楽しんでもらいたい」と、「先史学者プラトン」を推薦していました。 それで読んでしまいました。 30年ほど前の著作ですが、日本で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3860:花は、不思議な力をもっています

節子 ユリの香りが届いていますか。 先日の母の日に、ジュンが大きなユリを届けてくれました。 ユリは、私も節子も大好きです。 特にその香りが2人とも好きでした。 わが家の仏壇にはお盆でも仏花は供えません...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3859:畑の竹やぶがようやく刈り取れました

節子 多大な犠牲を伴った家庭菜園予定地の笹薮刈りがほぼ完了しました。 上からみた今日の夕方の状況です。 上側が道に面した斜面の「花壇予定地」です。 ここはまだ完成していませんが、先日一部に蒔いた花の種...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■明日、5月18日に、「九条俳句訴訟」の高裁判決が出されます

明日、5月18日に、「九条俳句訴訟」の高裁判決が出されます。 これからの私たちの社会を方向づける、大切な判決だと思います。 それに合わせて、訴訟関係者たちによって「九条俳句訴訟と公民館の自由」(佐藤一...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3858:ドクダミ効果

節子 笹薮との戦いのためか、手足などに湿疹が出てきてしまいました。 かゆくてどうにもなりません。 皮膚科に行こうかと思いましたが、有機農家の金子さんのアドバイスを思い出しました。 そういう時には、野草...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/15

■節子への挽歌3857:ゾロアスター

節子 「先史学者プラトン」は、後半に入ったら、なにやら話が細かくなってきてしまい、退屈になってきたので後半は、200頁を一気に読み流してしまいました。 読むというよりも、見るという感じですが。 それで...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3856:畑のやぶの中から卵が見つかりました

節子 昨日の夕方、帰宅してから畑に行きました。 開墾作業の続きで、笹竹のやぶを刈り取る作業です。 これが意外と大変なのです。 小一時間の作業の最後に、藪の中に卵を見つけました。 鶏の卵と同じ大きさで、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/14

■節子への挽歌3855:晴耕雨読

節子 昨日は午後から雨のために畑に行けませんでした。 代わりに自宅のプランターに、ナスときゅうりの種をまきました。 芽が出るでしょうか。 以前はいつも苗を買ってきましたが、今年は種から始めようと思いま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/13

■節子への挽歌3854:早朝から畑です

節子 最近、私が畑開墾作業に従事していることを知って、いろんな方が心配してきてくれます。 家庭菜園ならともかく、開墾作業ですから、大変だろうと推察してくれるのです。 そして、帽子を忘れるな、水は切らす...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/12

■節子への挽歌3853:畑と花壇が少しずつかたちになってきました

節子 数日ぶりに畑に行ってきました。 昨日もらった苗を植えるためです。 もっとも畑はまだ完成していないので、とりあえずの仮植えです。 それでも大変でした。 写真を撮りました。 なんだかよくわからないで...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■コムケアサロン「介護者になること、遺族になるということ」のご案内

6月は宮田さんをゲストに、「ケア」の本質を考えるコムケアサロンを開催しますが、併せて、実際問題にどう向き合うかに焦点を絞ったコムケアサロンも開催します。 それも視点を少し広げて、「介護者になること、遺...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/11

■節子への挽歌3852:親切を受けるのは大変です

節子 大変なことになってきました。 私が畑作業を復活させたことを知った小学校時代の友人たちが、いろんな苗や参考書を湯島に届けてくれたのです。 前回も、いろいろと持ってきたのですが、今回は大丈夫だろうと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェサロン「いまの政治でいいのだろうか」へのお誘い

「茶色の朝」サロンの4回目です。 このサロンは、フランスで話題になった、社会が茶色一色で染まっていって、気がついたら自由のない生きづらい社会になっていたという寓話を描いた「茶色の朝」を読み合うことから...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■嘘をつく人に振り回されたくありません

昨日、柳瀬さんの国会での参考人発言が中継されていましたが、見ませんでした。 そもそもなぜ「嘘をつく人」を国会にまで呼んで大騒ぎしなければいけないのか。 一度嘘をついた人は、謝罪して嘘を認めない以上、さ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3851:孫との付き合い

節子 寒いですが、今日はいい天気になりそうです。 昨日も2歳になった孫がやってきました。 私の名前は、当初「むーしゃん」だったのですが、それを「おさむ」に変えようと働きかけをしたため、いささかの混乱が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/10

■煙石さんの冤罪事件が番組で特集されました

挽歌編でも書きましたが、時評編で何回か紹介した広島で起こった煙石さんの冤罪がテレビで取り上げられました。 30分以上のしっかりした報道だったので、かなり正確に伝わったように思います。 私は、煙石さんと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3850:煙石さんの冤罪事件が番組で特集されました

節子 今日もまた寒い雨の日です。 冬物はしまってしまったので、何を着ていいかわからないので困ります。 幸いに今日は自宅なので、季節外れの床暖を入れて、縮こまっています。 パソコンのある私の部屋にはエア...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3849:自らの死に出合う人のことも考えなければいけない

節子 毎週のように会っていた、節子もよく知っている武田さんが、1か月ほど前、しばらく著作活動に専念したいので、湯島の集まりなどはやめたいと電話してきました。 時折、彼とは意見の衝突があり、断絶すること...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/09

■宮田喜代志さんを囲むコムケアサロンのご案内

久し振りに熊本の宮田喜代志さんのサロンを開催します。 宮田さんは、コムケア活動が始まった時に、いち早くその理念に共感していただき、熊本で様々な活動につなげてくださった方です。 現在は、実に多彩な活動に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3848:意味のない世界

節子 昨日につづいて、今日も寒い日になりました。 この3日ほどで気温が10度以上変化していますので、身体にも堪えます。 その上、今日は雨。 悟りを開くと世界はどう見えてくるのだろうかと、ふと昨夜思いま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/08

■カフェサロン「柳兼子をご存知ですか?」のご案内

ちょっと知的なカフェサロンとして、柳兼子を取り上げることにしました。 柳兼子といってもご存じない方も多いと思いますが、民藝運動を起こした柳宗悦の伴侶で、声楽家としても有名な人です。 柳宗悦・兼子夫妻は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3847:孫の2歳の誕生会

節子 孫の“にこ”の2歳の誕生日会に招待されました。 節子がいたらどんなに喜ぶだろうかと、いつも思います。 そのためか、こうしたお祝いが心底喜べないのが残念です。 にこは、毎日のように成長しているのが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■煙石博さんの冤罪事件がテレビで取り上げられます

広島で起こった煙石博さんの冤罪事件に関しては、ブログやフェイスブックで何回か書きこませてもらいましたが、5月9日(水)の午後9時からのTBS特番「一番だけが知っている」で取り上げられることになりました...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3846:気になっていたことがひとつ解消しました

節子 連休中に刈り取った畑の野草がごみ袋20くらいになりました。 今日は草木の回収日なので、その半分を出巣ために、ゴミを出すところまで5回ほど往復しました。 その時に、近くのYさんに会いました。 そこ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3845:仏様からのメッセージ

節子 富山のIさんからメールが届いていました。 四国遍路の一部を5日間、回ってきたそうです。 最後に会った仏さまが、力の抜けた顔をして、頑張り過ぎるなよ、とでも言いたげに感じた、と書いていました。 彼...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/07

■節子への挽歌3844:子育ての責任

節子 大型連休も終えた途端に、いろんなことが動き出しそうです。 期待していたことも、していなかったことも、ですが。 もしかしたら、私と同じくこの連休を無為に過ごしすぎたのかもしれません。 急に忙しくな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カフェサロン「日本国憲法の、何を変え、何を守るのがいいのでしょうか」のご案内

日本国憲法の改正論議が広がっています。 しかし、「護憲」とか「改憲」という言葉ほど、わからない言葉はありません。 何を守り、何を改めるのかが、わからないからです。 憲法は「条文」ではなく「理念」が大切...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/06

■節子への挽歌3843:大型連休も終わりました

節子 昨日は、子どもの日でもあり、孫に付き合って、手賀沼公園に行っていました。 孫のにこも、間もなく2歳です。 節子がいたら今とは全く違った状況になっているでしょうが、孫は週に半分くらいはわが家に来て...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/03

■節子への挽歌3842:血圧が今日は高いです

節子 2日間、畑に行かないせいか、あるいは昨日、ちょっとストレスのかかるミーティングを2つも持ったせいか、今日は血圧が高くて、調子がよくありません。 あるいは先ほどかかってきた長い相談電話でのやり取り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■憲法記念日のお薦めの3冊

今日は憲法記念日です。 私は毎年、この日には日本国憲法を読むことにしています。 必ずしもすべてを読むわけではありませんが、前文だけは必ず読みます。 私は、日本国憲法は前文だけでいいのではないかと思って...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3841:不安を呼び込むような雨風の朝です

節子 久し振りに荒れた朝です。 雨風が強く、せっかく植えた野菜が全滅している恐れがあります。 自然の力は、いい意味でも悪い意味でも素晴らしいと改めて感じます。 連休前半は、あまり人に会うこともなく、畑...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/02

■コムケアサロン「なぜ生きるのか」のご案内

「なぜ生きるのか」をテーマにしたサロンを2回開催しました。 参加者からの要望があったからですが、湯島のサロンとしてはちょっと異質なので、定例化はやめるつもりでした。 しかし、もう一度やろうと思い直しま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3840:鈴木さんがまたサンチアゴ巡礼に旅立ちました

節子 鈴木さんがまたサンチアゴ巡礼に旅立ちました。 70日の予定です。 今回はアルルからのスタートだそうです。 出発前の思いが、1日おきくらいにはがきで届いていました。 はがきによれば、いつものような...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3839:農作業の合間

節子 5日続けて畑の開墾作業をしていましたが、今日は、湯島に来ています。 午前中は、弁護士事務所にいました。 まさか私が裁判の当事者になるとは思ってもいませんでしたし、友人の弁護士からも、あなたは裁判...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3838:救いが欲しい時には誰かを救いたくなる

節子 5日間の畑開墾作業のため、いたるところがかゆくなってきました。 これは、ダニかかぶれかのいずれかですが、いずれにしろかゆくてやりきれません。 やはり服装をしっかりとしないといけません。 今日は、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/01

■節子への挽歌3837:全身がかゆみにおそわれています

節子 今年も5月になりました。 大型連休は孤独な畑開墾作業に精出していますが、今日は朝から真夏のようなので、畑には水やりにだけ行こうと思いながらも、まだ行かずにだらだらしています。 さすがにメールの数...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/30

■節子への挽歌3836:人を信ずることができる幸せ

節子 北朝鮮の金正恩さんと韓国の文在寅さんの直接対話が3日前に実現しました。 2人の表情は、私にはとても素直にうれしそうに感じました。 しかし、世間的にはその合意を疑っている人は少なくないようです。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3835:「逃げるのに疲れた」

節子 荒れ果てている畑の道沿いが何とか整理できました。 明日にでも花の種をまこうと思います。 それにしても大変でした。 節子はここをロックガーデン風にしたいといろいろと工夫していましたが、その残骸の石...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3834:出会い直し

節子 昨夜、とても心に響く文章に出合いました。 中島岳志さんの「保守と立憲」を読みだしたのですが、そこに思わぬ言葉があったのです。 「出会い直し」です。 中島さんが、3.11の直後に体験した「小さな体...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/29

■節子への挽歌3833:独り住まいは精神的にはよくない

節子 かなり挽歌を書いていなかった期間が長いので、もう一つ書いておきましょう。 挽歌の番号と節子が逝ってからの日数を合わせておきたいものですから。 いまは60日くらいのずれがあるのです。 今朝、畑にい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3832:畑作業のおかげで読書する気になりました

節子 今日もまた朝夕2度の畑作業でした。 その間、ユカと外出し、昼食を食べましたが、どこも満員でした。 やはり連休は外食する者ではありません。 外出したのは、畑仕事の資材の購入です。 ネットや支えなど...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3831:身体が痛いです

節子 2日間の農作業のおかげで、身体全体が痛くて大変です。 腰も痛いし、手足も痛いです。 それに腕のいたるどころが擦傷で、ここはいたいというよりも、今日はかゆいです。 木片が刺さった指は、幸いに腫れな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/28

■節子への挽歌3830:血圧が久しぶりに正常値です

節子 今日は夕方また畑に行きました。 50坪もあるので、野草を刈っても刈っても土肌が見えてきません。 それでも続けなければ、また元の木阿弥になってしまうのです。 シジフォスの神話のように、ただ黙々と作...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3829:時間を持てあます大型連休が始まりました

節子 今日も暑くて、畑作業をやっていたらすっかりダウンしてしまいました。 その上、指を怪我してしまいました。 ユカに電話して薬を持ってきてもらい、ついでに片づけを手伝ってもらいましたが、かなりやっても...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3828:夫婦はワンセット

節子 先日、我孫子で「柳兼子」について調べている人と会いました。 柳兼子は、民藝運動を起こした柳宗悦の伴侶で、声楽家としても有名な人です。 柳宗悦・兼子夫妻は、我孫子市に7年ほど住んでいました。 わが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3827:鳥がしずかです

節子 大型連休が始まりました。 今年は(最近は毎年そうですが)、何の予定も入れていません。 畑作業が唯一考えていることです。 連休どころか、連働の1週間になりそうです。 できれば今年は少しだけ人生を整...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/27

■節子への挽歌3826:小学校時代の同窓生サロン

節子 挽歌を書きませんでした、一昨日、小学校時代の同窓生の集まりを湯島でやりました。 隔月で定期的に集まりをやることにしたのです。 まあ集まりたい人だけでの小さなサロンですが。 私の高血圧を心配して、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3825:畑作業の再開

節子 今年初めての畑でした。 昨年放置していたため、3年間の努力の成果は消えてしまい、畑一面が笹で覆われていました。 とりあえず、畳1畳程度の畑を開墾しましたが、1時間半かけて、笹を刈りました。 しか...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/24

■節子への挽歌3824:過去の呪縛

節子 昨日は、書きだしたらまったく違う内容のことを書いてしまいました。 まあ、それがこの挽歌のスタイルではあるのです。 節子に、話しかけるうちに、まったく違うことを話している。 以前よくあった風景です...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/23

■節子への挽歌3823:人にあるのは、「いつか」ではなく、「いま」だけ

節子 ある本を読もうと思って、書庫を少し探していたら、デュルケムの「社会分業論」が出てきました。 最近、読みたくなったのですが、高価なので図書館で借りようと思っていたのです。 それが自宅の書庫の中に埋...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第1回投げ銭サロン「〈健康で長生き〉したいですか?」報告

湯島のサロンに、新しいメニューが加わりました。 話を聞いた後、共感した度合いに応じて、話し手に「投げ銭」をするという、「投げ銭サロン」です。 テーマは、「健康で長生きしたいですか?」 副題は「脱・生欲...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3822:大変です

節子 数日前、道で近くのNさんに出合いました。 Nさんは毎年、道を歩く人に向けて、たくさんのチューリップを植えていて下さいます。 今年もきれいでしたが、花はもう終わりました。 それで、毎年、球根を掘り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/04/22

■北朝鮮を信用できるかという発想

私は、発言の語尾がかなり気になるタイプです。 発言をどうまとめるかで、その人の心情がわかるからです。 たとえば、私が苦手の言葉のひとつが、「…しましょう」です。 発言者にはまったく悪意も意図もないので...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■カフェサロン「世界は変えられる!子どもがそう信じられる社会に」のご案内