2021/11/30

■節子への挽歌5201:何かのせいにすることができる社会は生きやすいかもしれません

節子 新型コロナ騒ぎがようやく収まってきたと思っていたら、また新たな変異株が出現し、その感染力の強さから、先行きがまた見えなくなってきました。といっても、私はまったく気にはなりませんし、今まで通りです...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/29

■節子への挽歌5200:うれしいメール

節子 今朝はうれしいメールの話です。時々、思ってもいなかったうれしいメールが入るのですが、今朝もそうでした。 コロナ・ワクチンがいろいろと問題になっていますが、ワクチンの危険性をもっと多くの人に知って...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「能力主義社会をどう考えますか」報告

「能力主義の社会は生きにくい」という23歳の渡邊さんに問題提起してもらって話し合うサロンは、20代の若者4人、引きこもり体験を公開している人4人と、いつもとはちょっと違ったメンバーのサロンになりました...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/28

■節子への挽歌5199:話し方が下手になったと言われました

節子 ユカと話していて、最近、活舌が悪くなっただけではなく、話し方が下手になったねとよく言われるようになりました。話がどうもうまく通じないことがあるのです。そう言われてみると、たしかにそうです。自分で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■サロンに参加してくださる新型コロナワクチン支持者を探しています

新型コロナ騒ぎもかなりおさまってきましたが、その一つの理由はワクチン接種が進んだからだと説明されています。データが信頼できるものであれば、すでに日本人の8割近い人がワクチン接種を終えているようです。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5198:東大卒の汚名

節子 昨日は「能力主義社会は生きにくい」というテーマのサロンでした。若者の参加(20代が4人)が多く、その上、引きこもり体験者(現在もなおの人も)が4人も参加し、久しぶりに若者主導のサロンになりました...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■性善説は「楽観」ではなく「希望」

今朝の朝日新聞の「日曜に想う」で、論説委員の郷富佐子さんが「新自由主義の終わりと性善説」と題して、ルトガー・ブレグマンの「希望の歴史」を紹介しています。その最後に、ハラリとの対談で、ハラリから「楽観的...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■昨日はサロンで厳しく糾弾されました

昨日は「能力主義社会は生きにくい」というテーマのサロンでした。若者の参加(20代が4人)が多く、その上、引きこもり体験者(現在もなおの人も)が4人も参加し、久しぶりに若者主導のサロンになりました。 サ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/27

■湯島サロン「2021年を振り返るサロン」のお誘い

*今回からサロンの始まり時間が1時間繰り上がり午後1時からになります。 昨年末に、グラフィックデザイナーの林さんによる「2020年を振り返るサロン」を開催しましたが、今年も林さんから同じ趣旨のサロンの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5197:着る服がわかりません

節子 寒くなりました。季節の変わり目は、何を着たらいいかいつも迷うのですが、迷うどころかそもそも着るものが見つかりません。最近は、ユニクロの同じ製品を着続けているのですが、シャツの上に着ようと思い、カ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■政治サロン「久しぶりに選挙に関わって感じた日本の政治」報告

選挙を通して日本の政治を考えるサロンの2回目は、しばらくビジネスの世界に軸足を移していた、市民活動の草分けのおひとり佐藤祐子さんが、久しぶりに今回、選挙に関わって、今の選挙や政治に疑問噴出したというの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/26

■節子への挽歌5196:脳梗塞疑惑は晴れました

節子 先月の筑波山で失神したらしい「脳梗塞疑惑事件」以来、健康に気をつけろ、水を飲め、無茶をするなと言われることが多くなって、いささか辟易しています。なぜなら私は、誰かに何かを言われるとその逆をしたく...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5195:また宿題を背負い込んでしまった気がします

節子 昨日の湯島のサロンは、節子も知っている我孫子の佐藤祐子さんに問題提起してもらいました。我孫子からは小竹かつらさんも参加してくれました。かつらさんは和服での参加です。まあいつも和服の人ですが。サロ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/25

■節子への挽歌5194:ゆっくり回る走馬灯

節子 にこによると、私ももうじき死ぬようですが、それで気づいたのですが、私が最近見ている夢は、私の過去を思い出す走馬灯のようなところがあります。よく「死の直前には走馬灯のように過去の記憶がよみがえる」...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■寄付と外食とどこが違うのか

先月31日に選挙で選ばれた議員がたった1日だけの在職なのに1か月分の文通費100万円をもらったことが話題になっていますが、それへの対応として、もらった文通費を寄付することで問題が解決されたというような...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■第18回万葉集サロン「宮廷歌人の苦悩-吉野讃歌を中心に」のご案内

前回の万葉集サロンは、「宮廷歌人の苦悩」と題して、宮廷歌人の歌の変容を通して、時代の流れや人々の意識の変化に触れる予定でしたが、最初に読んだ笠金村の「志貴皇子挽歌」とそれに関わるいくつかの歌の話が弾ん...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/24

■節子への挽歌5193:おさむさんの目はどうしてそんなに細いの?

節子 昨日、本土寺に帰りに孫のにこと一緒に食事をしました。その時の話です。 にこは私の前に座ったのですが、私の顔をまじまじと見て、こう訊いてきたのです。「おさむさんの目はどうしてそんなに細いの?」これ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■超古代史が姿を現しだしました

最近、湯島のサロンに来た人が「月刊ムー」の愛読者だと自己紹介がありました。私も超古代史と言われる話が大好きで、ムー大陸とかアトランティスとかの本は、よく読んでいました。学校での歴史では古代文明の始まり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5192:フクロウがにぎやかです

節子 最近のわが家は、またいろんなところにフクロウが住みつきだしました。と言っても、生きたフクロウではなく、フクロウの置物です。 フクロウは私が一時期、集めていたのですが、これも節子がいなくなってから...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/23

■第3回本間神道サロン「日本の聖母いろいろ」報告

日本では数少ない聖母研究者の本間浩さんのサロンの3回目は、「日本の聖母いろいろ」と題して、これまで話してきた神功皇后信仰や媽祖信仰以外の日本の聖母信仰がテーマでした。言い換えれば、「聖母信仰とは何か」...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5191:久しぶりの本土寺の紅葉

節子 今日は孫のにこも幼稚園が休みなので、みんなで本土寺に紅葉を見に行くことになっていました。にこ母娘はあまり体調がよくないようなので、迷ったのですが、結局、行くことになりました。本土寺に行くのは久し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5190:自宅でサロンのできないわけ

節子 昨日は道路関係の話で市役所の職員が3人やってきました。ある問題を投げかけていたので、その説明に来てくれたのです。 最近、市役所の人たちはよくわが家に来てくれます。しかし基本的には玄関先で対応して...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/22

■節子への挽歌5189:エジプト在住の中野さん

節子 カイロの中野正道さんからメールが来ました。最近日本の雑誌の取材を受けて、そのインタビュー記事が掲載されたのです。中野さんの写真が載っていました。最後にお会いしてから25年ほどたっていると思います...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5188:彼岸との距離が近くなった気がします

節子 挽歌をさぼっているうちに、挽歌を書けなくなってきました。むしろ節子に伝えたいことは毎日それなりに出て来るのですが、私と彼岸との距離が近くなったのか、節子の位牌に向かって、心で思うだけでもういいか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/21

■12月オープンサロンのご案内

12月のオープンサロンの1回目は1日に開催します。オープンサロンは、テーマはなく、話したい人は話す、聞きたい人は聞く、そんな気楽なサロンです。気が向いたらどうぞ。出入りは自由です。湯島のサロンに来たこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「人の本質は善か悪か」報告

参加申込が直前まであまりなかったので、みんなあまり関心がないのかなあと思っていましたが、なんと10人を超える参加者があり、意見が飛び交うにぎやかなサロンになりました。フェイスブックで見たと言って、新し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/19

■湯島サロン「住んでいるまちを楽しくしよう」のご案内

8月に開催した「はじまり場サロン」で、竹形さんがすでに取り組んでいる「地域を楽しいものにしていく構想について話をしてくださいました。その時の話は、みんなが使い合える地域SNSづくりだったのですが、その...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/18

■11月オープンサロン報告

今回はオープンサロンと言いながらも、参加者のおひとりが取り組んでいるプロジェクトの話で盛り上がってしまい、ほぼそれで終わってしまいました。オープンサロンなので話したかったのにという人もいたので、少し時...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「新型コロナ・ワクチンに関する気になること」報告

新型コロナ感染症もようやく収まりを見せつつありますが、それに伴い、それにまつわる様々な疑問への関心も薄れてきて、ワクチン接種やウィズコロナ生活も「(新しい)日常化」しそうな気配が強まっています。その一...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/14

■節子への挽歌5187:孫との回転寿司

節子 昨日はにこも一緒に食事に行こうと思いました。にこの幼稚園が休みになる土日は、私がほとんど在宅しないため、なかなか一緒に食事する機会がありません。同居はしていますが、家での食事は基本的に別々なので...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■第11回益田サロン「生物の自己複製/変異と自発性」のご案内

今年最後の益田サロンは、「生物の自己複製と自発性」をテーマにしようと益田さんから提案がありました。最近はあまり聞きませんが、以前は、生物とは、「膜で外界と仕切られている」「代謝を行う」「自分の複製を作...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■政治サロン「初めて真面目に投票して感じた日本の政治」報告

今年21歳の川端さんは、18歳から選挙権を得た世代です。川端さんはこれまでも投票に行っていましたが、今回は、「自分だけ」では生きられない自分の人生の選択をしていくのが政治なんじゃないか、という思いで、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/13

■湯島サロン「小さいことはいいことだ!の実践」報告

農福連携のあり方を実践的に研究している熊本の宮田喜代志さんのサロンは、今回はいつもとは違い、いわば活動から見えてきた新しい経済や社会のあり方に焦点を合わせた「小さいことはいいことだ!の実践」がテーマで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5186:1週間読書に埋没していました

節子 また1週間ほど挽歌をさぼりました。書きたいことはいろいろとあったのですが、この1週間、めずらしく読書に埋没していました。学生の頃読みだして、いつも途中で放棄していたマルクスの「資本論」です。 時...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/12

■はじめてきちんと「資本論」第1巻を読みました

この1週間、佐々木隆治さんの「マルクス資本論」を片手に、「資本論」第1巻を読んでいました。こんなにきちんと読んだのは生れて始めてです。テキストは1963年の大月書店版ですが、やはりとても読みにくい。そ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/11

■湯島サロン「好奇心は人を変えるか」報告

加藤誠也さんの「好奇心」サロンは、10人を超す大盛況でした。しかも6歳から80歳の幅広い世代の参加で、時間もまた1時間も延びてしまいました。 今年度のノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎さんが記者会見...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/09

■第3回本間神道サロン「日本の聖母いろいろ」のご案内

日本の神道における「聖母信仰」研究に取り組んでいる本間浩さんのサロンの3回目は、「日本の聖母いろいろ」と題して、これまで話して来た聖母神社、神功皇后以外の日本の聖母を話題にして、お話しいただきます。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/08

■ストーリーテリング協会主催ワークショップ報告

ストーリーテリング協会主催の「物語りを共創するワークショップ」が6日に開催されました。案内をさせていただいたので、簡単な報告だけさせてもらいます。 今回は、ある意味では試験的な試みで、最近、ストーリー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/04

■「‟認知症と拘束”尊厳回復に挑むナースたち」のご紹介

しばらくご無沙汰していた平岩千代子さんから1冊の本が送られてきました。平岩さんには、私がささやかに医療や福祉の問題にかかわった時には、いつも応援してもらった記憶があります。その平岩さんが、大学院で医療...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5185:誰と共に生きるかで全く違った人生になる

節子 体調はもうほとんど戻りました。もっとも前回の筑波山事件以来、身体の老いと脆さに関しては、意識するようになりました。もうあまり無理は出来ないでしょうが、無理を封ずるわけにも行きません。無理のない人...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■政治サロン「久しぶりに選挙に関わって感じた日本の政治」のご案内

選挙を通して日本の政治を考えるサロンの2回目は、佐藤祐子さんに話題提供をお願いしました。佐藤祐子さんと知り合ったのは、地元の我孫子市の市民活動に関連してです。当時、祐子さんは全国的にも先進的と言われて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/03

■節子への挽歌5184:死者からの誘い

節子 今日は、節子もよく知っている2人の人に、午前と午後、それぞれ会いました。しかも、全く無縁な世界に住む、その2人をつなぐ私の友人がいるのですが、その友人が今年亡くなっていたことも知りました。なにや...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/02

■政治サロン「初めて真面目に投票して感じた日本の政治」のご案内

今回の総選挙をみなさんはどう受け止めたでしょうか。それぞれ受け止め方は違うでしょうが、私にとってはいろいろなことが浮き彫りにされるとともに、新しい希望の光を感ずるものでした。 選挙は、現在の日本の政治...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/11/01

■節子への挽歌5183:30年ぶりの友人とメールして感じたこと

節子 一夜明けて選挙結果の詳細がわかってきました。結果はあまりにも無残でしたが、新しい動きも感じられ、希望の光は見えてきました。希望の光は、一言で言えば、世代交代と古い権威の崩壊です。地道な住民とのつ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■総選挙の結果は私の思っていたこととは真反対でした

選挙は、私の期待とは完全と言っていいほど、反対の結果になりました。一言で言えば、予想は完全に裏切られたということです。 自民党は圧勝し、維新の会と国民民主党も大勝利となりました。立憲民主党は大敗。野党...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/31

■節子への挽歌5182:総選挙投票日

節子 今日は衆議院選挙です。例年と違い11時ころ、ユカと一緒に出かけました。いつもより2時間ほど遅かったせいか、投票所には長い列ができていました。こんなことは今までで2回目です。最近はありませんでした...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■10月2回目オープンサロン報告

10月2回目オープンサロンの報告です。8人に人が集まってくれました。 初対面だった人も複数いたので、一人ひとりが自己紹介を兼ねて自由に話すスタイルを取りました。時々このスタイルをとりますが、私は毎回聞...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/30

■節子への挽歌5181:今度は口内炎

節子 昨日はよく寝ました。通算10時間近く寝たかもしれません。そのおかげで体調は回復…といいたいところですが、いまひとつです。でものどの痛みもかなりなくなってきました。代わりに口内炎が気になりだしまし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/29

■革命は静かにやってく

私だけが感じていることなのかもしれませんが、選挙が始まってから、テレビや新聞での政治関係の取り上げが少なくなったような気がします。 自民党総裁選挙の時はあれほどにぎやかに取り上げられていたのに、なぜか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5180:風邪の懸念で養生

節子 また長らく挽歌を書けませんでした。日曜日にサロンをやった後、なんだか疲労感におそわれてダウンしてしまいました。とりわけ火曜日にのどの変調に気づき、のどの痛みと何となく感ずる体調不良に、風邪かなと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/26

■湯島サロン「贈り物はもらうほうが幸せですか、あげる方が幸せですか」報告

「贈与」をテーマにしたサロンは、いつもより若い世代の多いサロンになりました。20代前半の人が2人もいましたし。「贈与」は、私たちの日常生活と切り離せないテーマなので、話はどんな方向にも展開できます。で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/25

■湯島サロン「新型コロナ・ワクチンに関する気になること」のご案内

マスコミ報道を批判的にウォッチしつづけている、中嶋さん・北川さんからの問題提起を受けるサロンも定例化してきました。おふたりは、マスコミ情報だけではなく、さまざまなネット情報やオフライン情報などを長年に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/24

■湯島サロン「能力主義社会をどう考えますか」のご案内

私が学校を卒業したころ(1960年代中頃)、日本でも「メリトクラシー」という言葉がはやりだしていました。その頃、読んだ本にマイクル・ヤングが著した「メリトクラシーの法則」という本がありましたが、その本...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■緊急サロン「今回の選挙について本気で話し合いましょう!」報告

今回の選挙は、これまで停滞していた日本の政治が動き出すかどうかの岐路にある選挙ではないかと思っていますが、なかなか選挙への関心も高まらないような不安を感じています。そんなこともあって、緊急サロンとして...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/23

■節子への挽歌5179:初めての化粧

節子今日は生まれて初めて「化粧」させられました。 先日、筑波山登山でちょっとおかしくなったことから、どうも脳梗塞コンプレックスに陥っています。まあいつ何があってもおかしくない。そこで、娘たちや孫と一緒...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/10/22

■脳梗塞コンプレックスに陥ってしまいました

一昨日の筑波山での失策以来、「脳梗塞コンプレックス」に陥って、なんだか調子が出ません。まああまりの寒さのせいもありますが。 一昨日、登山途中の軽い脳梗塞症状で同行者ばかりか多くの人に迷惑をかけてしまっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5178:脳梗塞コンプレックス

節子 昨日は大事を取って自宅で安静にしていました。気のせいかどうも頭が重いのです。気になりだすと実際におかしくなるものなのでしょうか。病は気から言いますが、まさにそうなのでしょう。 これまでも何回かこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«■節子への挽歌5177:軽い脳梗塞