2018/07/03

CWSプライベートにようこそ

このブログは「時評編」と「挽歌編」が混在していますので、驚かれる方もいると思います。 混在の理由はゾーエとビオスの融合を目指しているからです。 目ざわりかと思いますが、お許しください。 別々に読む方は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/21

■久しぶりの「みんなのゆる~いカフェ」を開きます

久しぶりに、湯島で、「みんなのゆる~いカフェ」(みんカフェ)を開きます。 しかも、久しぶりに平日の夜です。 再開を促してくれたのは、湯島にも時々来てくれるモモさんです。 モモさんって、だれ? という人...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■安倍政権は詐欺集団か認知症集団ですね

稲田防衛相や山本地方創生相をめぐる疑惑の新事実がまたまたマスコミを賑わわせています。 先ほどのテレビで、伊藤惇夫さんがもう「お笑い」ですねと言っていましたが、稲田さんも山本さんもできの悪い芸人か脳みそ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3609:初秋の風

節子 久しぶりに兄と会食しました。 生き方や考えが違うので、会えば必ず論争になります。 節子がいた時には、緩衝役を果たしてくれていましたが、いまはもろにぶつかるので大変です。 でもまあ必ず最後は仲直り...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/20

■節子への挽歌3608:過去も未来の現在の中にある

節子 まあよくあることではあるのですが、たぶんこの10日ほどに読んだ本の中のある文章が気になって、どの本かを探すのに1時間以上取られてしまいました。 この10日では読んだ本は10冊にも満たないのですが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/19

■節子への挽歌3607:人はなぜ死を恐れるのか

節子 胃がんの手術をした友人が今日退院です。 あまりみんなには知らせていなかったのですが、しばらく連絡がなかったので心配していました。 連絡をもらったのは数日前なのですが、元気そうな声でした 彼もまた...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/18

■最近体験したことですが

大企業の名前を冠したあるエネルギー関係のサービス会社から営業の電話がありました。 同社のサービスを受けると、電気代とガス代を合わせて、40%削減できるというのです。 あり得ない話なのですが、4割も安く...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3606:今年初めてのミンミンゼミ

節子 今日もまた猛暑日になりそうです。 西日本では豪雨による被害が広がっていますが、千葉はただただ暑いだけです。 暑さは、何かけだるさを感じさせて、豪雨などの自然災害さえなければ、ある意味での平和を感...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/17

■節子への挽歌3605:もうひとつのこの世

節子 先日、筧次郎さんという「百姓暮らし」をしている人の書いた「王の愁い」という短編小説を読みました。 前に書いたかもしれませんが、「ミリンダ王」にまつわる恐ろしい話です。 筧さんは、作家ではなく哲学...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/16

■カフェサロン「企業の社会性を考える」の報告

猛暑の中を10人の人が集まりました。 しかも仙台や高崎からの参加者もありました。 企業の現役の人は3人、女性は1人でした。 私が考える「企業の社会性」とは、企業のありかたは社会のあり方に大きな影響を与...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3604:暑い夏には丸いスイカです

節子 念願の丸いスイカ(小玉スイカではありません)を買ってきました。 食べられないのだからとか、冷蔵庫に入らないとか、娘からは反対されましたが、娘と一緒に買い物に行って、むりやり買ってきました。 夏に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/15

■節子への挽歌3603:「ぶらぶら」と生きる

節子 近くの八坂神社のお祭りです。 実につらい思い出のあるお祭りです。 お祭りは楽しいものですが、お祭りの思い出は楽しいことばかりではありません。 私はお祭りにもかかわらず、湯島に出かけました。 節子...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■箸りんぴっくサロンのご案内

■箸りんぴっくサロンのご案内(2017年7月15日) 久しぶりに、国際箸学会の小宮山さんに来てもらって、箸ぴーゲームサロンを開催します。 先日、湯島に来た2組の人たちにやってもらったら、とても好評で、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/14

■節子への挽歌3602:アントシアニン型幸せ

節子 3回目のサンチアゴ巡礼から戻った鈴木さんが湯島に来ました。 話を聴いている内にあっという間に2時間半がたってしまいました。 今回、ますます人生は巡礼だという実感を強くしてきたようです。 そして、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/13

■節子への挽歌3601:ミリンダ王の問い

節子 昨日は朝から夜まで4つのミーティングを湯島で行いました。 いずれもまったく別のテーマです。 ちょっと重いテーマもあり、いささか疲れましたが、帰りの電車で、地湧社の増田さんからいただいていた筧次郎...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/12

■節子への挽歌3600:多惑の時代

節子 昨日も深夜に目が覚めました。 目が覚めるといろんなことが気になりだす。 歳をとるごとに、不惑に向かうどころか多惑に向かっている気がします。 特に最近、人間関係が気になりだしました。 人を傷つける...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/11

■節子への挽歌3599:高月からの便り

節子 今日は節子の故郷(滋賀県高月)から2つの便りが届きました。 ちなみに今日の高月は、33度だったそうです。 わが家もほぼ同じ温度でしたが、エアコンなしでも大丈夫でした。 でも熱中症のおそれがあるの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3598:難問をまた抱えてしまいました

節子 今日もまたカサブランカの花が2つ咲きました。 庭の琉球朝顔もたくさんの花を咲かせています。 花を見ると明るくなります。 幕末期に日本に来た外国人たちは、その自然の豊かさに感動したと言いますが、豊...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/10

■節子への挽歌3597:カサブランカが咲きました

節子 植木鉢で育てていたカサブランカが見事に咲きました。 カサブランカは、節子も私も好きな花の一つです。 節子に絡む節目の日の前後には、カサブランカの花を供えますが、どうせなら球根から育てようと、娘た...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/09

■節子への挽歌3596:自己嫌悪していますが、だれも慰めてくれません

節子 昨日はサロンで少し話しすぎて、自己嫌悪に陥っています。 時々、誰かに何かをぶつけたくなるのですが、その悪い癖が少し出てしまいました。 歳をとっても未熟さからは抜けでられません。 節子がいたら、き...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■コムケアサロン「無縁化防止に取り組んで6年」報告

今回のコムケアサロンは、6年前に「無縁化防止団体OMUSUBI」を立ち上げた心理カウンセラーの北原千香子さんに話題提供をお願いしました。 12人の人が参加しました。 無縁化防止団体OMUSUBIのミッ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/08

■節子への挽歌3595:「人とのつながりを捨てる」ことの魅力

節子 世間のなかで生き続けることは、それなりに疲れます。 インドでは、人生を「学生期」、「家住期」、「林住期」「遊行期」と4つに分けて考えるそうですが、この分け方は私にはあまりなじめません。 日本では...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/07

■節子への挽歌3594:丸いスイカが食べたい暑さです

節子 今日は朝から暑いです。 昨日も暑かったので、スイカを買って来てもらい、今年初めてのスイカを食べました。 ただし丸いスイカではなく、1/6のスイカでした。 丸くないスイカはスイカではないというのが...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/06

■節子への挽歌3593:私にとっての一つの時代の終わり

節子私たちが仲人役を果たしたMさんと久しぶりに会いました。 彼らしい、とてもいい生き方をしています。 Mさんと会うとなぜかホッとして、お互いにこの半年の様子を堰を切ったように話していました。 節子の葬...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3592:私の時計がなかなか進んでくれません

節子 ともかく時間がたつのが早い。 このころそう思います。 たぶん私の時計がゆっくりとなってしまっているのでしょう。 時々止まってしまっているのかもしれません。 今朝はちょっと元気づけられるメッセージ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/05

■節子への挽歌3591:「人は出て行くより、出て行かれたほうが傷つく」

節子 節子もよく知っている友人からメールが来ました。 一緒に始めたシェアドオフィスや組合的な会社が、私の手に負えなくなった(私が仕事をやめた)ので、彼に委ねたのですが、そろそろ次に転身することを考えた...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3590:安寧と平和を呼吸していた社会

節子 あることで思い出して読みだした「逝きし世の面影」を結局また全部読んでしまいました。 以前読んだ時には感じなかった、何かとてもホッとするような気分になりました。 かつて日本には、「全てが安寧と平和...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/03

■節子への挽歌3589:私の時計が止まってしまいました

節子 なにかまた時間に追われています。 と言っても忙しいわけではありません。 私の時間速度が急に止まりだしているだけなのです。 世間的な時間と私の時間が食い違い始めているのです。 何かやらなければいけ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/02

■節子への挽歌3588:「そろそろ終活」

節子 琉球朝顔が咲きだしています。 節子の献花台も朝顔で囲まれだしています。 新潟の金田さんから電話がありました。 新潟水辺の会を退会することに関して、私の意見を訊いてきたのです。 金田さんの尽力もあ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない」

昨日、ケソン工業団地で働いていた人が語った北朝鮮のことを書きましたが、その本を読んで、渡辺京二の「逝きし世の面影」を思い出しました。 昨日湯島に行く電車の中で、最初のところだけを読み直しました。 読ん...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/07/01

■競争の社会から共創の社会へ

最近読んだ「開城工団の人々」は、北朝鮮と韓国の共同事業として行われていたケソン(開城)工業団地で働いていた韓国の人たちの体験談を集めたものです。 とても示唆に富む話が多いのですが、こんな話は皆さんどう...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/30

■節子への挽歌3587:目標があれば人はがんばれる

節子 しばらく音信が途絶えていた人から久しぶりにメールが届きました。 一方的に、これから連絡ができなくなります、ありがとうございました、というメールが途絶えていたので、ずっと気になっていました。 携帯...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■企業サロン「企業の社会的価値」のご案内

企業経営をテーマにしたサロンは、「働き方」をテーマに2回開催しましたが、肝心の企業の経営管理層の人が少なかったので、ちょっとストップしています。 企業サロンの狙いとしては、企業の世界に自閉化しつつある...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/29

■節子への挽歌3586:少しうれしくなることもあります

節子 最近もしかしたら少しは人の役に立っているのだと実感することがあります。 といっても、それはとてもたわいないことなのですが。 たとえば、私のフェイスブックの書き込みを読んで、「ホッと安心します」と...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第2回憲法サロン「私の憲法改正草案(川本さん編)」のお誘い

畑さんの憲法改正草案を材料にしたサロンは、ご報告の通り、議論紛糾で盛り上がりましたが、その勢いに乗って、早速2回目の憲法サロンを企画しました。 今回は、長年、人権や平和の問題に取り組んでいる川本兼さん...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/28

■節子への挽歌3585:「それ以上に楽しい何か」

節子 サンチアゴ巡礼の途中の鈴木さんから絵葉書が届きました。 3度目のサンチアゴを、今回は北の道を歩いています。 すでに280kmを歩き終え、サンタンデールについたようです。 サンタンデールも聖地の一...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■節子への挽歌3584:輝いていた涙顔

節子 体調はもどりましたが、そして覚醒感も得られましたが、何かまたすっきりしない精神状況に陥ってしまいました。 覚醒と迷いという、矛盾したものが混在している、何やら不思議な気分です。 昨日は、そういう...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/27

■企業の人たちと話していて感ずること

昨日は山城経営研究所のエグゼクティブフォーラムの、私の担当チームが湯島にやってきました。今月初めに奈良で合宿をして、一応、大きな方向性は出したのですが、それをもう少し深掘りするのが目的です。 7つの企...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/26

■節子への挽歌3583:振り返れば「いい時代」

節子 今日は朝から夜まで、さまざまな企業の関係者と話をしていました。 朝は個人起業家、昼は大企業の管理者たち、そして夜は中小企業の社長です。 面白いのは、そこから日本の社会の実相が見えてくることです。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/25

■節子への3582:若い女性が遠方から相談に来ました

節子 微熱があったためか、この数日、不思議な夢をたくさん見ました。 そのひとつは、ついにあるいみでの「悟り」を感じた夢でした。 さすがに公言する勇気はありませんが、私の意識が大きく変わったような気がし...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■憲法サロン「私の憲法改正草案(畑さん編)」の報告

憲法改正がいよいよ現実的な話題になってきました。 時に正反対の内容を含むものまでが「憲法改正」と一括して議論されるような粗雑な状況のなかで、憲法とは何かについての議論もないまま、すでに「違憲行為」を強...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/24

■節子への挽歌3581:熱い議論のサロンで風邪は完全に治りました

節子 昨日で風邪をやめたので、今日は予定通り過ごすことにしました。 それでも朝起きた時には、少し違和感があり、いささか心配したのですが、なんとか発熱せずに夕方を迎えられました。 今日は憲法サロンの日で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/23

■節子への挽歌3580:風邪を終えました

節子 熱が下がりません。 今日は朝からずっと寝ていましたが、むしろ熱が上がってきています。 朝は37.1度だったのが、4時に測ったら37.4度。 それで床に頼んでクリニックに連れて行ってもらいました。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017/06/22

■節子への挽歌3579:夏風邪のようです

節子 久しぶりにどうも風邪を引いたようです。 一昨日から微熱があり、ちょっと気にはなっていたのですが、昨日、雨の中を湯島に行き、しかも雨の中を上野まで出たりしていたため、悪化させたようです。 上野で話...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«■節子への挽歌3578:ODSの思い出