2022/07/04

■節子への挽歌5366:過去を思い出す人が夢によく出てきます

節子 最近また夢をよく見ます。そこに私には記憶のない人が登場して、会ったことがあるでしょうと言ってくるのです。 昨日、夢であった人は、湯島にやって来て、名刺を渡してくれました。なんとなく記憶が浮かんで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/03

■議員は政党の代表ではなく、国民の代表

今日も夕方、テレビで政見放送を見ていました。参政党のような一部の政党は別ですが、多くの政党の公認候補の場合、党首が出てきて、政党の政見を話す時間が増えてきています。政党の政見放送であれば、それは問題あ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/02

■第17回益田サロン「人間が行う3つの破壊」のご案内

細菌学者の益田さんのサロンは、今回は「生物と環境に関連して人間が行う3つの破壊」について考えてみたいということになりました。今回のサロンに向けての益田さんからのメッセージです。 環境あっての生物とい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5365:若者との会話はやはり元気が出ます

節子 今日は山梨の北斗市に移住し、自然農に取り組んでいる大学生(現在休学中)が湯島までわざわざ出て来てサロンをやってくれました。彼女を紹介してくれたのは、これも大学生の川端さんですが、ふたりとも自分の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■選挙の「争点」をどう設定するか

一昨日、「参院選」をテーマにした気楽な話し合いの場を開きましたが、そこで「争点の設定」が少し話題になりました。昨日、千葉県の選挙公報を全部読んでみました。言葉はいろいろと書かれていますが、どうも争点の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/07/01

■節子への挽歌5364:エアコンのなかでの安楽で怠惰な1日

節子 今日は早朝に畑に水をやりに行き、テレビ体操を行い、ゆっくりと朝食を食べました。生活リズム再建は順調に始まったのですが、その後がダメでした。 リビングのエアコンを入れたせいで、そこから動けなくなり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■B型オープンサロン「参院選を話題に話し合いませんか」報告

30日にB型オープンサロンとして、ゆるやかに「参院選」を話題にしたサロンを呼びかけてみました。今度の選挙はとても大きな意味を持つ選挙だと思っているからです。 当日は参加者は2人でした。日程の関係や暑さ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「信仰の力」のお誘い

湯島にはいろんな人がきますが、好き嫌いがはっきりと分かれるものの一つに「宗教」があります。宗教をテーマにしたサロンも、何回かやっていますが、宗教嫌いな人はなかなか引き込めません。それに宗教というと、み...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/30

■節子への挽歌5363:大学時代の学びをめずらしく思い起こしました

節子 26日のサロンで久しぶりに「新しい経済・新しい政治」をテーマに1時間ほど話させてもらいました。私のこれまでの生き方の背景にある経済観・政治観をはなしただけですが。 話が「コモンズの経済」に関わっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/29

■湯島サロン「新しい経済・新しい政治」報告

「新しい経済」「新しい政治」と言っても、今回の私の話は、私のこれまでの生き方の背景にある経済観・政治観を整理しただけのものなので、特に体系的な話ではありません。それにとりわけ新しい思想でもないのです。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■政見放送をみんなが聴く国民休日

参院選なのに、最近は自宅にいると選挙であることに気づきません。選挙カーもあまり回ってきませんので、ついつい選挙を忘れてしまいます。 私は最近、NHKの政見放送をよく聴きます。これがなかなか面白いのです...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5362:小さな奇跡

節子 節子が残した貯金はほぼ底をつきました。ついに20万円になってしまいました。これでは湯島の維持も難しくなりました。 これまでも何回かこうした金銭危機に出会ったことがあるのですが、なぜかそのたびに何...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/28

■節子への挽歌5361:夏が始まりました

節子 はやばやと梅雨が明けて、猛暑日が続いています。梅雨が明けたので、27日から畑にまた少し通いだしましたが、あまりの暑さに無理はやめることにしました。しかし、行くとついつい草を刈りたくなる。刈りだす...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■期日前投票に行く前にもう少し考えてほしいです

最近、期日前投票に行く人が増えています。最近では期日前投票が3割を占めるような選挙もありました。期日前投票の制度は悪いものではないと思いますし、私もこれまで1回、利用させてもらいました。しかし公示日に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/26

■節子への挽歌5360:佐藤さんが死んだらサロンはどうするのか

節子 今日も真夏のような暑さです。朝、畑の野菜に水をやりに行ってきましたが、それだけでももう汗びっしょりです。畑にはなかなかいけないためか、野菜もあまり元気がありません。これからはできるだけ行こうかと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■「憲法改正の是非」は政治の争点にはならないと思うのですが

今回の参院選の争点の一つに「憲法改正」があります。湯島に集まる人にも「改憲か護憲か」などという人もいますが、私はこれほど無意味な問いはないと思っています。 そもそもは憲法9条を守るかどうかだった争点を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/25

■節子への挽歌5359:ついに山形には節子と一緒には行けませんでした

節子 山形の一大さんから恒例のサクランボが届きました。毎年、送ってくれるのです。 一大さんと会ったのは、山形市の仕事をしている時ですが、私にとってはとても刺激的な仕事、数年通い続けました。いつか節子と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5358:また畑が大変です

節子 また10日以上、畑に行きませんでした。雨が降ったり、用事があったり、気分が載らなかったりで、なかなか行けないのです。今日は朝から陽光が眩しい絶好の畑日和。気温も高い。こういういささか危ない日には...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■物価上昇は良いことなのか悪いことなのか

今回の参院選では物価上昇対策が争点の一つのようです。たしかに最近の消費者物価の上昇の広がりは私のような者にもちょっと気になります。今朝の朝日新聞のトップ記事は「物価 5月も2.1%上昇」とあります。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/24

■節子への挽歌5357:鳥の博物館(2022年6月24日)

節子 国際箸学会の小宮山さんが、箸と鳥のくちばしに関心があって、鳥の博物館の館長と話したいというので、私も同行しました。この4月から私もよく知っている木下さんが館長になったのです。私自身、鳥の博物館を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■選挙における投票は「義務」か「責務」か

選挙における投票率低下に対して「義務投票制」が話題になりだしています。今朝の朝日新聞でも「耕論」で大きく取り上げられています。 しかし、国民主権体制においては、選挙の投票は「義務」ではなく、「責務」と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「改めて原発と平和の関係を考える」のご案内

福島原発事故で被害を受けた住民たちが国に損害賠償を求めた集団訴訟で、先日、最高裁は国の責任を認めない判決を言い渡しました。原発は安全だとして国策として原発を推進してきたことを考えると、どうにも納得でき...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/23

■節子への挽歌5356:病気の話が増えてきました

節子 挽歌を書かなかった間、いろんなことがありました。うれしいこともあれば気の重くなることもありました。 うれしいと言えば、福岡の蔵田さんがトウモロコシを送ってきてくれました。地元でとれたトウモロコシ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5355:久しぶりに湯河原と挽歌

節子 お久しぶりです。挽歌を完全にさぼっていました。毎朝のおまいりは欠かしてはいないのですが。 2年ぶりに湯河原に行ってきました。あまりに長く行って栄なかったので、どんな廃墟状況かと心配していたのです...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/22

■B型オープンサロン「参院選を話題に話し合いませんか」のご案内

最近は、気楽に自由に話し合えるオープンサロンのほうが参加しやすいという人が少なくありません。平日なのに参加者も多いのです。しかし、なかにはまったくテーマがないと逆に話しにくいという人もいます。そこで、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■情報デトックスの3日間

ちょっと所用で2年ぶりに生活圏から外部に出かけました。そのついでに、以前、仕事場にしていて、75歳で転居する予定だった湯河原のマンションに立ち寄りました。転居計画は妻の死で諦めましたが、そのまま放置し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■第21回万葉集サロン「〈わ〉と〈な〉をつなぐ〈言〉の質感・質量ー天武天皇挽歌に見る持統天皇の孤影」報告

今回は、白鳳万葉最後の「女の挽歌」、持統天皇の天武天皇挽歌を中心に、話し言葉と文字との違いに触れるとともに、天武と持統との関係を読み解きながら、〈わ〉と〈な〉について考えてみようというのがテーマでした...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/18

■6月のオープンサロンの報告

最近、サロンが増えてきて、なかなかテーマなしのサロンを開くのが難しくなってきました。そのせいか、久しぶりのオープンサロンは、平日だったにもかかわらず10人の参加者がありました。やはりテーマなしに自由に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■責任までも民営化される時代

福島原発事故で被害を受けた住民たちが国に損害賠償を求めた集団訴訟で、昨日、最高裁は国の責任を認めない判決を言い渡しました。一人だけ反対意見を述べた裁判官がいたのは、せめてもの救いですが、この判決は予想...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/16

■湯島サロン「新しい経済・新しい政治」のご案内

岸田政権が「新しい資本主義」を打ち出し、経済のあり方を議論しだしています。その内容も少しずつ公表されだしていますが、どうもその方向は私が望んでいるのとは真反対のようです。一方、政治の世界では、少しずつ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■新しい経済・新しい政治への期待と不安

岸田政権が「新しい資本主義」を打ち出し、経済のあり方を議論しだしています。その内容も少しずつ公表されだしていますが、どうもその方向は私が望んでいるのとは真反対のようです。 一方、政治の世界では、少しず...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/15

■生活事業研究会の報告とお誘い

湯島ではサロンの他にもいくつかの研究会やワークショップなどが行われています。サロンは私の主催ですが、研究会はいろいろあって、私が参加しないものもあります。私が主催している研究会もありますが、その一つが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/14

■第16回益田サロン「頭の論理と体の論理」報告

「頭の論理と体の論理」をテーマにした益田サロンは、参加者が少なかったこともあり、それぞれが思いをしっかりと出し合えるサロンになりました。やはりきちんとした話し合いのためには、5~6人が一番いいのかもし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/09

■湯島サロン「新しい経済を目指した生き方を実践して」のお誘い

湯島のサロンでは、「働き方」がよく話題になります。私自身も、25年間の会社での雇用労働人生の後、自分のやりたいことで働く人生へと変えてきましたが、そこでいろいろなことに気づかせてもらいました。しかし、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/08

■湯島サロン「不登校を考えるパート2」報告

不登校を考えるパート2もまた参加者が多くて、みんなの関心の強さを感じました。「不登校」はある意味、いまの社会の生きづらさを象徴しているのかもしれません。 今回は、前半は高校生2人と大学生1人の3人が話...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/07

■第21回万葉集サロン「〈わ〉と〈な〉をつなぐ〈言〉の質感・質量ー天武天皇挽歌に見る持統天皇の孤影」のご案内

今回は、持統天皇の天武天皇挽歌を取り上げて、〈わ〉と〈な〉をつなぐ〈言〉から〈事〉を読み解いていきます。 升田さんからのメッセージです。 古代の「言語」を見ていると、不思議な質感と質量を持つものがた...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■生活事業研究会第2期参加者の募集

「生活事業研究会」第2期の募集のお知らせです。2月にスタートした第1期が7月で完了しますので、第2期を7月からまたスタートさせようと思います。 これは、サロンとは違い、半年間にわたり月1回開催する会員...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/05

■湯島サロン「神(天)の声に耳を傾ける」報

「二分心」をテーマにしたサロンの続編として、いまなお「神(天)の声に耳を傾ける」生き方をしているおふたりのお話を聞くサロンを開催しました。残念ながら、参加者が少なかったのですが、人知を超えた体験をお持...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■6月オープンサロンのご案内

最近、テーマサロンが増えてきたため、予定していた5月の2回目のオープンサロンが開催できませんでした。約束をたがえて申し訳ありません。 6月のオープンサロンは次の通り開催します。いつものように、テーマも...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/04

■湯島サロン「日本の政治を変えるための活動に向けての一方策」のお誘い

久しぶりにリンカーンクラブ代表の武田さんのお話を中心にサロンを開催したいと思います。 リンカーンクラブは、民主主義国家というなら、もっと国民一人ひとりの声が政治に反映されなければいけないという思いで、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■緊急サロン「ウクライナの戦争状況を止めるためにできることがある」報告

小室nikoさんのよびかけの緊急サロン「ウクライナの戦争状況を止めるためにできることがある」には20代から80代と、幅広い層の男女16人が集まりました。なかには時間の合間をぬって、1時間でも参加したい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/03

■「微生物活性化農業研究会(仮称)」発足準備会の報告

ご案内していた「微生物活性化農業研究会(仮称)」を5月31日に開催しました。7人の方が参加しました。今回は新たに、実際に食に関わるネットワークをお持ちの方や企業と一緒に農や食に取り組んでいる方も参加し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/06/02

■湯島サロン「原発事故で放出された放射性物質の行方」報告

山森さんの自然科学サロン第2弾です。 福島の原発事故による海洋汚染に関心をお持ちの本間照光さんからの要望もあり、今回は「海流や地殻変動」の面から「原発事故で放出された放射性物質の行方」をテーマにするこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/31

■湯島サロン「知識ゼロで挑む無門関パート2〈世尊拈華〉」報告

久しぶりの金子さんの「知識ゼロで挑む無門関」サロン。今回のお題は第6則、「世尊拈華(せそんねんげ)」です。「世尊(ブッダ)」が花をかかげた、聴衆の中でただ一人、迦葉(かしょう)だけがそれを見て笑った。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/30

■節子への挽歌5354:「畑に行かない券」のプレゼント

節子 昨年までは時々、孫のにこも畑に行っていたのですが、今年になってからは畑らしくないほどの荒れた状況で、畑には行きません。バッタがいるとかカエルがいるとか言っても、頑として拒否します。ところが先日、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌5353:81歳まできてしまいました

節子何と81歳です。信じられないでしょう。私も信じられない。 昨日最後に会った人から分かれてすぐに「そういえば明日は誕生日ですね」とメールが来ました。今朝、フェイスブックを開いたら、誕生日を祝ってくだ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/28

■湯島サロン「ゆとり世代からのメッセージ」報告

ゆとり世代の鈴木あかりさんのサロンは、あかりさんよりももっと若い人や3人の子どもの母親、ゆとり教育前の詰め込み教育の中で育った人など、10人ほどの参加者がありました。話はかなり広がったり盛り上がったり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/27

■節子への挽歌5352:落ちてきたひな鳥

節子 幼稚園から帰ってきたにこが玄関でジュンと騒いでいます。なんだろうと降りて行ったら、野鳥の子どもがわが家の中庭に落ちてきたそうです。巣から早目に飛び出して失敗したのでしょうか。そういえば、数羽の親...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/26

■節子への挽歌5351:畑に2回も行きました

節子昨日に続いて、今日も畑作業でした。 体調もだいぶ戻ってきたので、病院よりも畑療法が効果的だと判断して、今朝も9時過ぎに畑に出かけました。今日の作業を刈り取った草を埋める穴掘りです。ところがこれが難...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/25

■節子への挽歌5350:元気がだいぶ戻りました

節子 今日は初夏のようないい天気です。にもかかわらず、どうも調子がよくありません。どこがどうとうまく言えませんが、胃腸の調子が悪いのはたしかです。食欲もない。昨日はお医者さんに行こうかで追うか迷ったの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■「論語と冠婚葬祭 儒教と日本人」の紹介

個人がばらばらになりがちな最近、あらためて家族や仲間について考えています。そんな時、一条真也さんが新著を送ってきてくれました。現代書林から出版された「論語と冠婚葬祭 儒教と日本人」。儒教研究者加地伸行...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「平和のための『新』政党の話」報告

長年、平和や人権について考えてきた川本さんが、これまでの著作活動から、その思いを次世代につなげていくための活動へと進みたいということで、「平和のための『新』政党の話」の構想をまとめつつあります。今回は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022/05/24

■節子への挽歌5349:やっと畑に行けました

雨もあって、また10日近く畑に行けませんでした。今日はいい天気になったので、気になっていた畑に行くことにしました。 実は数日前から胃腸の痛みなど、いろいろと体調がおかしいのですが、畑に行くのが病院より...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「脳の食べ物は言葉だけ? ~脳への栄養の再考 ~」報告

視覚的媒体を活かして話し合うワークショップ形式の仲谷さんのサロンは、サロン初参加の人も含めて7人が集まりました。 今回のプログラムは、参加者の一部が目をふさいで見えない状況にし、みんなには提示された画...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«■節子への挽歌5348:不安な1日