2021/02/25

■湯島サロン「鷹取家の歴史とブロックチェーン」報告

「ブロックチェーン」について、その社会的意味を中心に解説をお願いした今回のサロンは、鷹取さんの自己紹介や鷹取家の歴史の話から始まりました。それがとても面白く、鷹取さんらしい社会的メッセージも含まれてい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4933:他者を心配するのは自分のため

節子 節子との別れを体験してから、どうも「別れ」に出合った人のことが気になるようになってしまいました。それも友人に限っているわけではなく、知人でさえない人のことまで気になるのです。いつもは特に口に出す...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/24

■節子への挽歌4932:ご無沙汰のホームページ

節子 2001年以来、毎週更新してきたホームページを昨年末から更新せずにいます。というのは、デスクトップの通信環境が整っていないからです。リフォームに伴う場所の移動で、私の基本パソコンを寝室に持って行...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/23

■湯島サロン「5年生存率25%のがん体験から気づいたこと」のご案内

湯島のサロンで大切にしていることは、一人称自動詞で語る表情のある話です。しかし自らの意見を発言するのはそう簡単なことではありません。ましてや、自分の体験をさらけ出すのはもっとむずかしい。 湯島のサロン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4931:孫がチアダンスを習いに行っています

節子 孫のにこは、最近、チアダンス教室に通っています。自分で行きたいと言い出したのだそうです。ただし私には見せません。 ジュンがこれから庭でチアダンスをするので、上からこっそり見たらと言いに来てくれま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/22

■第12回万葉集サロン「高市黒人ー〈わ〉の行方」報告

新しいステージに入った升田万葉集サロンは、新たな参加者も含めて14人とにぎやかでしたが、話題もにぎやかでした。面白い話題が多く、書きたいことは山ほどなのですが、いつも長くなるので、思い切って絞って報告...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4930:河津桜が葉っぱと共に咲きました

節子 昨年の手入れ不足で、庭の河津桜は咲かないかなと思っていましたが,新葉と一緒に花も咲きだしました。この桜は節子や節子の姉夫婦と一緒に、河津に行った時に買ってきたものです。姉夫婦の家では地植えにした...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/21

■節子への挽歌4929:将門プロジェクト

節子 今日は午前中は自治会の引継ぎの2回目でした。何やらいろいろありそうですが、まあみんなが協力してくれるので何とかなるでしょう。あまり波風を立てずに静かにしようと思います。午後は「将門プロジェクト」...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■我孫子で将門プロジェクトを立ち上げることにしました

平将門の居城が我孫子の湖北界隈にあったという意見をお持ちの人が我孫子にいます。友人が、その「地域資源」を活かして、地域を元気にしたいと言い出しました。 私がその戸田さんと出会ったのは昨年ですが、お話を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/20

■節子への挽歌4928:たまには食事を創ったらと言われました

節子 今日は午後サロンでしたが、小学校時代の同級生がサロンの始まる2時間も前にやってきました。ちょうど午前中は別件で人に会っていましたが、ほぼ終わった時でしたが、なぜか私の昼食用にとサンドウィッチを買...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/19

■節子への挽歌4927:なんで他の家族の問題に引き込まれるのでしょうか

節子 今日は疲れました。合計5時間を上回って、2組の人たちの相談に乗っていました。一組のお一人は初対面、もう一組は会社経営が絡んでいる長い長い問題です。いずれも「親子関係」が事の発端です。 最近、友人...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/18

■湯島サロン「GDPにはどんな意味があるのか?」のご案内

阿佐ヶ谷で哲学カフェを主催している沖文郎さんは、もともとエンジニアですが、最近、経済にとても関心をお持ちのようで、昨年は「貸借対照表による経済活動の分析」をテーマにサロンをやってくれました。その沖さん...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4926:思い出は楽しくもあり哀しくもある

節子 掃除をしていたら数箱の山のような写真が出てきました。ごていねいに写真のネガも2箱あります。節子はかなりていねいに写真をアルバムに整理していたので、アルバムも数十冊あるのですが、未整理の写真がこん...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/17

■節子への挽歌4925:自分では気づかない病

節子 久しぶりに、節子もよく知っている新潟のKさんから電話がありました。また雪だそうです。別に用事はなかったのですが、最近どうも気分が晴れないのだそうです。Kさんは私よりも年上ですが、数年前に生まれ育...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/16

■湯島サロン「サロンって何の意味があるのだろうか」報告

急に思いついて呼びかけた「サロンって何の意味があるのだろうか」ですが、9人の人が集まってくれました。ただサロンによく参加される方が多かったのが、いささか残念でした。なぜならサロンによく来てくれる人は、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4924:自然との交流

節子 娘家族と同居して以来、私の朝食の場所は2階になりました。そこから毎朝、日の出が見えるのです。朝、太陽が顔を出す場所は季節によってかなり動いています。 年末年始の頃は手賀沼大橋の先に日の出が見えま...

» 続きを読む

| | コメント (2)

■オープンサロンのご案内

前回の報告で予告しておいた月末のオープンサロンですが、2月は最後の土曜日の2月27日の午後に開催します。1月同様、テーマは決めず、しばらくやっていない「茶色の朝」シリーズも兼ねて、最近気になることを話...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/15

■節子への挽歌4923:小さな虹と「しあわせ」を見ました

節子 小さな虹を見ました。写真に撮りましたが、写真ではわからないほどの小さな虹。しかもすぐに消えてしまいました。 一昨日による、大きな地震がまた東北で起きました。我孫子でも震度4くらいの大きな横揺れで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/14

■節子への挽歌4922:自治会の会長をまた引き受けることにしました

節子 来年度また、自治会の会長役を引き受けることにしました。副会長は大西さんにお願いしました。今日は各役員の引継ぎでした。現在の会長の寺田さんのご自宅にある「六角堂」で、役員ごとの引継ぎを行い、私と大...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/13

■湯島サロン「生きるために哲学は大切です」のご案内

数年前から日本では「哲学」がブームになって広がっています。哲学カフェも全国に広がりだしていますし、湯島でも時々話題になっています。 しかし、改めて「哲学って何だろう」と考えると、みんなそれぞれが勝手に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4921:回転寿司は混んでいました

節子 今日はちょっと理由があってみんなでお寿司を食べに行くことにしました。と言っても回転ずしです。祝日で幼稚園が休みだったので、孫のにこも一緒です。孫には卵アレルギーがあるので、外食はそれなりに気を使...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/12

■節子への挽歌4920:久しぶりの視野異常

節子 人生は試練つづきです。なんでまあこんなに次々と思うほどですが、まあ世間的に言えば、私への試練など小さなものでしょう。それに試練がなければ、人生は退屈かもしれません。そうは思ってはいるのですが、い...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「トランプ現象から見えた陰謀の世界」のご案内

アメリカの大統領選は、さまざまな問題を引き起こしながら、大方の予想に反して、トランプ大統領の敗北に終わりました。前回のトランプ大統領誕生の時も、少なくとも日本では大方の予想に反していました。 「大方の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■第6回益田サロン「利己と利他」のご案内

細菌学者の益田昭吾さんの第6回サロンのテーマは「利己と利他」です。 益田さんからのメッセージをご紹介します。 ドーキンスのセルフィシュ・ジーン(利己的遺伝子)は有名ですが、遺伝子はすべて利己的である...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/11

■節子への挽歌4919:父の命日のお墓参り

節子 今日は父の命日なので、みんなでお墓参りに行きました。孫のにこも今日は幼稚園が休みなので、一緒です。花は庭の水仙をたっぷりと持っていきました。 お墓でにことお寺からお墓まで走りっこをしました。先日...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■森さんはすごい人だからなかなか意見を言えない?

森発言に関して、調子に乗ってもう一つ。 「森さんはすごい人だからなかなか意見を言えない」という意見も少なくありません。これもとても違和感があります。こういう「すごい人」観は私の考えとは全く真反対です。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■「思っていても言ってはいけない」のでしょうか?

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言は、ますます大きな話題になってきています。それ自体に私は大きな違和感を持っています。これはオリンピックを中止させたい人たちの陰謀だと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「日本発〈世界共通教育〉の提唱」のご案内

世界中の子どもたちの義務教育の15%を、共通の内容にしたら世界はどうなるでしょうか。 長年、アメリカで多国籍企業のグローバル化を支援するとともに、世界平和を目指してのグローバル教育の開発・推進に取り組...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/10

■節子への挽歌4918:鬼=神=物

節子 久しぶりに寝坊してしまいました。と言っても目が覚めたのは7時ですが。最近は5時前後に起きるのがふつうになっていますが、昨夜は夜中に起きてしまい、眠られずに本を読んでいました。それで明け方にどうも...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/09

■節子への挽歌4917:メダカが6匹、冬を越しました

節子 わが家のメダカは何回か絶滅しましたが、近くの友人が自宅にいるメダカを分けてくれました。一度はそれも絶滅させてしまったのですが、2回目のメダカは元気に育ち、子どもを産んでくれました。リフォーム騒ぎ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「2021年1月を振り返るサロン」報告

昨年末に開催した「2020年を振り返るサロン」のスタイル、新聞の一面トップ記事と個人的に印象に残った出来事、完全に個人の出来事を、話題提供者が紹介しながら、参加者みんなで1年を振り返るサロンの1月版を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「Withコロナのニューノーマル、トカイナカ構想」報告

緊急事態宣言のなかでしたが、「上り電車から下り電車に乗り換えよう」という神山さんのサロンには、10人を超す参加者があり、議論も盛り上がりました。すでに自らもさまざまな実践に取り組んでいる人もいれば、こ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■第12回万葉集サロン「高市黒人 ー 〈わ〉の行方」のご案内

升田さんの万葉集サロンを今年も開催していきます。 昨年までを一応、一区切りにしましたが、それを踏まえてお話も新しいステージに向かいます。ということは、これまで参加していない方で関心を持っている方は、こ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/08

■節子への挽歌4916:久しぶりに買い物に付き合いました

昨日はあたたかかったのですが、今日はまた寒くなりました。どうも気分がすっきりしないので、ユカが買い物に行くというので一緒に行きました。ニトリとロピアです。 ニトリは節子も行きましたが、ロピアはまだでき...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/07

■節子への挽歌4915:コロナ感染対策ボード

節子 節子も知っているある会社の社長のKさんに会いました。Kさんからは毎年歳初めに誘われるのですが、なぜか今年は年初から連絡がありませんでした。私よりも高齢なので、ちょっと気になっていましたが、なぜか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「サロンって何の意味があるのだろうか」のご案内

最近、毎週サロンをやっているのですが、その主催者として、時々、サロンっていったいどういう意味があるのだろうかと思うことがありますまた、参加される方は、何を求めているのだろうと思うこともあります。サロン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/06

■節子への挽歌4914:サロンについて考えたくなりました

節子 湯島のサロンにまたはじめての人が2人参加しました。教育に取り組んでいる人と哲学に取り組んでいる人です。2人ともすごく刺激を受けたようで、そのほとりの若者は「こんな場があるなんて驚いた」と話してい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/05

■節子への挽歌4913:寝室を作業所にする予定だったのですが

節子 今日は思い切り片づけをしました。そろそろ「倉庫状態」から抜け出たいと思い出したのです。寝室を作業室兼にするためにレイアウトを変えました。 相変わらずパソコン機材や書籍や資料などが山積みなのですが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■森さんの女性差別発言

森さんの女性差別発言が大きな話題になっています。森さんの記者会見も見ましたが、笑い話にしか思えませんでした。こんな話を話題にすること自体がばかげています、理事会が解任すればいいだけの話です。周りの人が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/04

■コロナ一色の社会に厭世観が強まっていますが

新聞もテレビも、コロナ報道やコロナ関連記事で覆われていて、社会がすっかり見えなくなってきました。昨日、久しぶりに湯島から上野まで歩いてみました。先日のサロンで上野でもホームレスの人も増えていると言われ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4912:誕生日やっと挽歌が追いつきました

今日は節子の誕生日です。 旅立っていなければ76歳。どんな感じになっていたでしょうか。旅立ってからは今日で4921日目です。今日の挽歌の番号が4921。やっと追いつきました。昨年の家のリフォームなどで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■4911:夜明け前

節子 1日遅れましたが、昨夜の夢に節子が出てきました。久しぶりに節子と話ができました。もっともかなりクールな話で、いささか私はじらされた感がありますが。でもまあ、まさに節子でした。 おかげで今朝は朝一...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/03

■節子への挽歌4910:生き方を変えるチャンスにあるような気がします

節子 若者から相談があるのでと言われて、湯島に出かけました。両親の問題で少し悩んでいるようです。話を聞いていて、最近同じような話が増えていると改めて思いました。 コロナ禍で家族の在宅時間が増えている中...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4909:宝船のパワー

節子 先日書きましたが、立春の前夜(節分の夜)に、宝船を書いた紙片を枕の下において寝ると吉兆の夢が見られるという言い伝えがあるそうです。友人から以前いただいた豆福本舗の節分用の豆に説明書が入っていまし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/02

■節子への挽歌4908:出前豆まき

節子 今年は今日、2月2日が節分でした。節子の名前の由来は「節分」だと聞いていますので、以前私は、節分は節子の誕生日の2月4日だと思い込んでいました。たまたま節子が生まれた年は2月4日が節分だったのか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4907:恵方巻など食べたくなかったのですが

節子 たぶん節子がいても同じだったと思いますが、ユカがお昼に恵方巻を買ってきました。回転ずしのスシローに予約しておいたのだそうです。私には海鮮恵方巻でした。 私は、こうした商売につながる行事があまり好...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4906:過去の世界がまたかなり消えていきました

節子 また片づけを再開しました。ともかく生活空間が半減したので、物を捨てないといけないのです。娘たちはいとも簡単に捨てますが、私はやはりなかなか捨てられません。今日は片隅に積んでおいた雑誌を処分するこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/02/01

■節子への挽歌4905:ついに彼岸行きの電車に乗ってしまいました

節子 今朝は夢を見て目が覚めました。目が覚めると夢はすぐに忘れてしまうのが普通なのですが、昨夜の夢ははっきりと記憶に残り、今日の夕方になっても鮮明に浮かんできます。こういうことはめずらしいのです。 記...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■節子への挽歌4904:節子と一緒に転居する夢は消えてしまいましたが

節子 昨日は山口で取り組んでいる東さんたちの仁徳地域商会プロジェクトに、プロボノとしてかかわっている人たちのzoomミーティングでした。昨年から何回か行っていますが、今回は最後のミーティングでした。私...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■1月のオープンサロンの報告

「茶色の朝」サロンも兼ねて、最近の様子や最近気になることを話し合うオープンサロンを開催したところ、12人が集まりました。 新型コロナ禍が1年もつづいていると、やはりいろいろな問題が起こっているようで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/31

■節子への挽歌4903:孫とのかけっこに負けました

節子 昨日、孫のにこと久しぶりに畑に行きました。畑に節子が植えていたミカンの木にみかんがなっているのをとりに行ったのですが、残念ながらカラスに食べられているのが多く、あんまり食べられそうもありませんで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/30

■節子への挽歌4902:「死にたくない」

節子 幼馴染の友人から電話がかかってきました。ちょっとした相談だったのですが、それが終わった後、たまには東京にも出てきたらと言いました。そうしたらウイルスに感染して死にたくないから行かないという答えが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■マンゾーニの「いいなづけ」からのメッセージ

マンゾーニの「いいなづけ」からの感想の続きです。  「いいなづけ」のなかでは、ミラノのペストが終焉したのは、突然降りだした大雨です。映画や小説の世界では、新たな細菌や宇宙人などの突然の襲来に対して世界...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/29

■節子への挽歌4901:我孫子でも新型コロナが広がっています

節子 我孫子の新型コロナ感染症の罹患者が急増しています。図書館でも感染者が発生し、突然休館になりました。図書館では利用者が登録される仕組みになっているので、場合によっては図書館利用者にも注意が回ってき...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■自然の力の偉大さと信仰の大切さ

先日、紹介したアレッソロ・マンゾーニの「いいなづけ」を昨日と今日とで読み終えました。800頁を超える大長編をまともに読んでいたら1週間近くかかりそうでしたので、読み方を工夫しました。詳細な目次があるの...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/28

■節子への挽歌4900:中国産のウナギ

節子 今日は寒くて、午後、我孫子でも雪が降りました。もっとも積もるほどではなく、残念ながら雪景色は見られませんでしたが。孫のにこは、雪が降ってきたら外に出てはしゃぐと言っていましたが、みぞれ状態がつづ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021/01/27

■節子への挽歌4899:仏壇の場所がやっと決まりました

節子 やっと節子の居場所が決まりました。今日、注文していた整理棚が届き、その上に仏壇を乗せることにしたのです。以前は1階のリビングの壁に備え付けの場所を作り、そこに仏壇を入れていました。立ったままおま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

■湯島サロン「新型コロナ陽性体験から学ぶ」報告

10人を超える参加者があり、関心の高さがわかりました。新型コロナ感染者に関する報道はマスコミやネットでもたくさん出ていますが、やはり実際の体験から話を聞きたいという思いはみんな強いようです。 サロンに...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«■第5回益田サロン「予防注射と免疫」報告