カテゴリー「妻への挽歌18」の記事

2019/04/21

■節子への挽歌4199:「家族という呪い」

節子

昨日はサロンだったのですが、湯島に行く電車で最近出た「家族という呪い」という阿部恭子さんの新書を読みました。
副題が「加害者と暮らし続けるということ」とあったのが気になったからです。
読み終えて、湯島に着くころは気分がげんなりしてしまいました。

著者の阿部さんは加害者家族支援のNPO法人を立ち上げ、加害者家族の相談に乗ってきています。
幻冬舎の新書なので、軽く読めてしまう本ですが、同じ新書に下重暁子さんの「家族という病」という本もありますが、こういうタイトルに大きな違和感があります。
家族は「呪い」や「病」なのか。
そもそもそういうとらえ方に、私は不快感を持ってしまいます。

「ミッション・クリープ」という言葉があります。
当初対象としていた範囲を拡大したり、いつ終わるか見通しが立たないまま人や物の投入を続けていかなくてはならなくなった軍事政策を批判するアメリカの軍事用語でしたが、
「終わりの見えない展開」という意味で、広く使われてきています。

たとえば、人権概念の広がりにも使われることがあります。
どんどん対象を拡大している人権運動が、動物や自然にまで広がっているのはその一例です。
最近のパワハラやセクハラの捉え方も、そうかもしれません。

そういう動きを否定するつもりはありませんが、いささかの行き過ぎを感ずることもあります。
前にも時評編では「ゼロ・トレランス」への懸念を書いたことがありますが、とまることのないミッション・クリープにも危惧を感じています。
特に最近は私たちが生きる拠り所にしてきた家族が攻撃対象になっているのは残念です。
「攻撃」するのではなく「改善」していきたいと思います。

そういう意味で、私は「家族という呪い」とか「家族という病」とかいう言葉を軽軽に使う人の見識を疑いますが、しかしそういうほうが多くの人の関心を呼んで、問題意識を持ってもらうのには効果的なのでしょう。
ですから一概に否定すべきではないのですが、どうしても好きになれません。
「言葉」は「実体」を創っていくからです。

ところで、「家族という呪い」にはおぞましいほどのたくさんの事例が紹介されています。
ですから読み終えた後、げんなりしてしまって、昨日は元気が出ませんでした。
それがサロンにも少し出てしまい、疲れがさらに大きくなってしまいました。

人と関われば、良いことも悪いこともあります。
「呪い」を感ずることもあれば、「病」を感ずることもある。
しかし、そうでないこともたくさんあります。

大切なのは「病の家族」を健やかにし、「家族を苦しめる呪い」を祓っていくことです。
伴侶を亡くしたものにとって、病であろうと呪いであろうと家族も親子もとても価値のあるものです。
そして、それがあればこそ、家族のような仲間も生まれてくる。

ちなみに、私が考える家族は、血縁でも異性を軸にしたものでもありません。
一緒に暮らす(生きる)人の暮らし方くらいの意味です。
その基本モデルが、現在の「家族」制度ですが、その制度に制約される必要はないでしょう。
制度はあくまでも「手段」ですから、状況によって変わらなければいけません。

有識者の呪いや病を直してやりたい気もしますが、私の方が呪いにかかり、病を得ているのかもしれません。

それにしても、家族とは不思議なものです。
節子との関係を思うと、つくづくそう思います。

 

| | コメント (0)

2019/04/20

■節子への挽歌4198:我慢せず、我儘に、しかし我執からは解放される生き方

節子
人はなかなかな変われないものです。
あまりに自分の愚行に自己嫌悪に陥ってしまうのですが、人生最後くらいは平安に生きたいと思っているのですが、相変わらず我が出てしまい、余計なひと言を口にしてしまう性向から抜け出せません。

今日も湯島でサロンがあったのですが、また余計なひと言を加えてしまいました。
困ったものです。

「我儘」と「我慢」という言葉の「我」は同じものでしょうか。
これは以前から気になっていることです。
私は「我が儘に生きる」ことを大切にしていますが、だからといって「我を通す」生き方は避けたいと思っていますし、「我慢」もしたくないと思っています。

「我慢」という言葉はとても多義的です。
最近では、「自己主張を抑える」とか「忍耐」とかいう意味でつかわれますが、本来は、「我に執着し、我をよりどころとする心から、自分を偉いと思っておごり、他を侮ること」といった意味だと辞書には書かれています。

日本大百科全書(ニッポニカ)にはこんな説明があります。
長いですが、ほぼ全文を紹介します。

サンスクリット語asmimnaの訳語。
仏教教義においては、心の傲りを「慢」と称して煩悩の一種に数えているが、それに7種あるという。
そのうち、「私は劣れるものより勝れているとか、等しいものと等しいのである」というように「私は……である」と考える心の傲りが狭義の慢であり、「五取蘊(ごしゅうん)(5つの執着の要素)は我()あるいは我所(がしょ)からなるものである」と考える心の傲りを我慢と称するのである。

しかし一般には、自己を恃(たの)んで他人を軽んずる意に用いられ、その意味では我執とほぼ同様の意味である。
我執とは、なにかにつけ「俺が俺が」と自己主張してやまない態度をさす。

仏陀は、「人の思いはどこにでも飛んで行くことができる。だが、どこに飛んで行こうとも、自己より愛しいものをみつけ出すことはできない。それと同じように他の人々にも自己はこよなく愛しい。されば、自己の愛しいことを知るものは、他の人々を害してはならない」と、自己の立場を止揚して他者の立場に転換することを強調したのであるが、これは、「汝の隣人を汝自身を愛するように愛せ」と説いたキリストの精神と相通ずるものである。

我慢と我執が同義というのは、とても興味深いところです。
さらに、それが「博愛」につながっていくのは、もっと興味深いです。
たしかに、本当に自分のためを願ったら、小さな自分だけではなく、自分がそこで生きている社会全体のための方が、優先されるはずです。
これは私の体験から来ていることですが、小さな自分の「我執」から抜け出すのは難しい。

我慢せず、我儘に、しかし我執からは解放される。

そういう生き方を今年は、何とか実現したいと思います。
節子との関係では、それができたのですから、できないはずはないでしょうから。

 

| | コメント (0)

■節子への挽歌4197:挽歌を書き続けられていることに感謝

節子
昨夜は久しぶりにネットやフェイスブックを開きました。
いろんなメールが入っていました。

そのなかに、エジプトの中野さんからのメールがありました。
先日挽歌(4187)に書いた、エジプト考古学者の河江肖剰さんのインタビュー記事に中野さんのお名前があったので、ついつい中野さんにメールしてしまったのです。
中野さんが、この「挽歌」を読んでいてくださっていることを失念していました。
うれしいメールでした。

ついうっかりと意識の外へと言ってしまいますが、この挽歌を読んでいてくださる方がいるのです。
最近は自分の日記のようになってしまっていますし、基本的にはもし節子がいたら夕食を食べながら雑談するような内容が多いのですが、それでも今も毎日150200人ほどの人がアクセスしてくれています。
もっとも時評編もあるので、むしろそちらの方がアクセスは多いでしょうから、挽歌の読者はずっと少ないでしょう。
それでもたぶん10人以上はいるでしょう。
ありがたいことです。

時評編は読み手を想定していますが、挽歌編は独言のようなものです。
それでも、読者がいることは、書き手にとっては大きな支えになります。
この挽歌篇で、一番元気をもらっているのは私自身です。

挽歌を書き続けることで、私は何とかおかしな時期を乗り越えられました。
最近はようやくなんとかまっすぐ生きられるようになっていますが、一時は迷走しそうでした。
事実、かなり迷走してしまい、いまもその重荷を背負ってしまっていますが、それもなんとかなってきました。

こういう、開かれた場で、挽歌を書き続けられていることに感謝しなければいけません。

 

| | コメント (0)

2019/04/19

■節子への挽歌4196:休ネット日

節子
この3日間近く、インターネットから遮断されていました。
今日はパソコンには挽歌を欠くために時々向かいましたが、ネットからは離れていました。
外部からのノイズに惑わされることなく、平穏な時間を過ごせました。

これはなかなかいいです。
休肝日ならぬ、休ネット日をこれから時々も受けた方がいいかもしれません。
今の私の生き方は、朝起きてらまずはネット確認、寝る前にもまたネット確認でしたが、この生き方を見直すのがいいかもしれません。

最近は以前ほどメールも来ませんので、そう困ることもないでしょう。
それに1日くらい遅れて困ることはないでしょう。

しかしスマホを持ち歩くと、電車などで時間ができるとついついスマホでメールやフェイスブックを見たくなります。
ですから、スマホもできるだけ持ち歩かないようにしようと思います。
昔はスマホなどなかったのですから、少しくらい不便でも大丈夫でしょう。

さてこれで今回のネット遮断は終わり、これからネットでのメールやフェイスブックを始めます。
悩ましいメールが入っていなければいいのですが。

 

| | コメント (0)

■節子への挽歌4195:畑に孫が来ました

節子

気持ちの良い朝です。
予定を1日はやめて帰宅しましたが、それは誰にも内緒にして、今日は「存在しない1日」として、のんびり過ごそうと思います。
その合間に、この2日間の挽歌を気の向くままに書き込みながら。
パソコンのネットなどを開くと、ついつい引きずりこまれるので、ネットは厳禁です。

午後、畑に行きました。
しばらく行けなかったので、心配していましたが、留守中には娘が水やりに行ってくれたようです。
水をやっていたら、通りがかりの人が、咲いているチューリップを見て、あら、こんなところにチューリップが咲いている、もったいない、と言っていたそうです。
まだまだわが家の花壇は認められていない存在です。

畑がまた野草に覆われだしているので、先日新たに作った2列の畦を再度、畑らしくしました。
ここには、キュウリとミニトマトとナスを植える予定です。
しかし改めて畦を整備したら、相変わらずまだ篠笹の根がたくさん残っています。
かなりていねいにとったつもりですが、そう簡単ではないのです。

イチゴの畑を倍増させ、株分けをし、新たな株を増やしました。
もう一つ、小さな畑を開墾し、そこに風よけの背の低い樹木を植える準備をしました。
ちょっとうれしかったのは、今日はミミズにだいぶ出合ったことです。
ミミズが増えているということは、畑になってきたということでしょうから。

これまでの畑は放置していた青菜系の野菜の花が満開ですが、これはもう少し咲かせておこうと思いま+す。
菜の花に蝶が舞う風景は、とてもいいですので。

そんな作業をしていたら、孫とユカがやってきました。
孫はシズミチョウとテントウムシ(もどきですが)を見つけて喜んでいました。
ミミズに触らせたかったのですが、先ほどあれほどいたミミズが見つかりませんでした。
代わりにダンゴ虫が見つかりましたし、なんだかよくわからないアブのような羽のある虫も見つかりました。
畑はやは生命の宝庫です。

畑に雑木が成長していて、それを今年の初め伐ったのですが、それを自宅に運ぶのを孫が手伝うというので、彼女に手伝ってもらいました。
孫は手伝いが大好きなのです。
そんなわけで、午後は畑作業にすっかりかかりっきりでした。
もしかしたら、孫のにこは節子の血をひいて、花の手入れが好きかもしれません。

帰宅してみんなでお茶をしましたが、孫は卵アレルギーなので、なかなか食べるものがありません。
昨日買ってきたお饅頭が卵不使用だったので、それをおいしそうに食べてくれました。

「ボーっ」と生きた1日でした。

 

| | コメント (0)

2019/04/18

■節子への挽歌4194:湯河原に立ち寄りました

節子
従兄弟たちと小田原で解散した後、湯河原に立ち寄りました。
というのは、先月来た時にガス給湯器が稼働せずに、配管のカバーなどがボロボロになっていて、いささか心配だったからです。

ガス会社に連絡して、とりあえず見てもらいました。
急だったので、完全補修とはいきませんでしたが、とりあえず爆発などの危険がないことを確認しました。
一泊する予定でしたが、とりあえずしばらくは大丈夫だというので、改めてまた事前に連絡をして出直すことにしました。
湯河原で過ごすには、最近、いささか精神的に弱くなっているからです。

節子がいなくなってから、何回か湯河原に立ち寄ったことはあるのですが、長居はできません。
あまりにたくさんのものが感じられるからです。
それで、遅くなっても夜帰ることにしました。

せっかく寄ったので、数冊、本を持ち帰ることにしました。
一時は、湯河原を仕事場にしていたので、書籍の多くをここに移したのですが、節子の発病後、そのほとんどをまた我孫子に返送しました。
ですから大事な本はもうあまりないのですが、それでも時々、読みたくなる本はあります。
重いので、そう多くは持てませんが、今回も10冊ほど持ち帰ることにしました。
前回、忘れていた「荘子」も持ち帰りました。
帰り際にふと目についた「輪廻転生」も。

帰路も東海道線で帰りましたが、疲れが出てずっと眠っていました。
昨夜はあまり寝ていないのです。

3日の休暇が2日で終わりました。
帰宅したら娘が私の好きなタケノコご飯を用意してくれていました。
遅い夕食を食べて、おふろにも入らず寝てしまいました。

湯河原に行くと、なぜかどっと疲れます。

 

| | コメント (0)

■節子への挽歌4193:それぞれの人生

節子

いとこ旅行の間、4人でよく話しましたが、これまであまり知らなかったそれぞれの人生を改めて知りました。
いとこといっても、それぞれの人生はなかなか見えてこないものです。
初めて知ったことも少なくありません。
何となく知っていたこともありましたが、思っていたのとは違ったイメージのものもありました。
2日間の旅行中、ほとんど話し合っていましたので、昔の話も出ましたが、その記憶もまたそれぞれでした。

2人のいとこは、私とは違ってゴルフやスキーなどをずっとやっています。
一人は、いまでもPGAの追っかけで海外にも行っているようで、タイガー・ウッズの話も盛り上がりました。
ゴルフをやらない私だけは話されている言葉自体がわからずにいましたが。

学校の先生をしているいとこは、バスケットや冬山登山などをやっていましたが、いまも日本体育協会のいろんな役職をやっていて、その分野の有名人とも交流があるのですが、これまたスポーツ音痴の私にはあまりわかりませんでした。

80代が2人と70代が1人、そして60代ですが、親族関係の記憶に関しては、世代の違いは大きいです。
80代は2人とも長男、他は次男・三男ということもあるかもしれません。
特に私は過去の記憶に関心がないせいか、年上の80代の2人から聞く話には驚く話がありました。
自分の親の話でさえも、兄と違って、あんまり知らないことに驚きました。

考えてみれば、私の娘たちは、私や節子の祖父母の話はほとんど知らないでしょう。
父母の話だってそうは知らないはずです。
こうやって人の記憶は失われていくわけです。

私の記憶が残るのは、私の場合はたった一人の孫にだけでしょう。
そう思うと、自分の生きたあかしや成果を形に残しておきたいという人の思いも理解できます。
もっとも私はそうしたことにはまったく関心はありませんし、意味も感じません。
有名な人の伝記にしても、たぶん実際のその人の人生とは違うものだろうと思うからです。
自分とは違う自分の痕跡いくら残しても意味はありません。

しかし、同時代を生きてきたいとこだって、こんなにも知らなかったのかと驚きました。
そうであれば、たかだか数十年、いや数年、知り合っただけの友人知人の人生など、わかるはずもない。
知ったような積りで、友人知人と付き合うことの軽挙は避けなければいけないと改めて思いました。

人はみな、それぞれの深い人生を生きている。
そこから学び合うこと、支え合うことがたくさんあることに気づかなければいけません。

今回の従兄弟旅行は、私にさまざまなことを教えてくれました。
一番身近な兄のことさえ、あまりに知らなかったことにも反省させられました。
まあこの歳になって遅きに失しましたが。

もっと早く従兄弟旅行をすればよかったと、少し思いました。

 

| | コメント (0)

■節子への挽歌4192:時間から解放されるだけで人生は豊かになる

カフェでの話の続きです。
話もそろそろ飽きてきたので、ホテル前から出る次のバスで帰ろうと言うことになりました。
バス到着時間の5分前に停留所に行きましたが、1分前になって兄がトイレに行きたいと言い出しました。
ちょっと時間ぎりぎりなので、本人も迷ったのですが、まあいいんじゃないのと全員が賛成、ところがそれこそ10秒の差でバスに間に合わずに、待っていたバスには乗りそこないました。
運転手に頼めば大丈夫だったのですが、そんなことは誰もする気が起きないまま、バスは発車。
なにしろ予定が全くないので、バスに乗り遅れたこともみんなで楽しむことにしました。

こういう旅は実にいいです。
時間から解放されるだけで、人生は豊かになります。

節子なら、こういう旅こそ旅だというでしょう。
昔の私は、こんな豊かな旅はしなかったでしょう。
私がこういう感覚を身につけられたのは、節子からの長年の影響です。
昔の私は「無駄のない時間予定」を組むタイプだったのです。
いまではあまり考えられませんが。

せっかく箱根まで行って、いわゆる観光地には一切寄らないで降りてきましたが、それでもバスから富士山も少し見えましたし、大涌谷の噴煙も見ましたし、ガスのにおいもかぎました。
芦ノ湖畔もわずかばかり散策しましたし、まだ咲き残っていた桜も見ました。
火山のガスでやられた立木群も見ました。
そういうおかげで、いとこたちとの会話もいつもとは違った気がします。

さて来年は会えるでしょうか。
まあ今回の様子だと大丈夫でしょう。
ちなみに今月初めに、一番年長のいとこが一人亡くなったのです。
いつどうなるかは、この歳になるとわかりません。
今回の旅行が予定も目的地もなかったので豊かな時間を過ごせたように、人生もそういう生き方が豊かなのかもしれません。
この歳になって、ようやくそんなことがわかってきました。

最後になぜか旅館を手配してくれたいとこが、みんなに飴を配ってくれました。
飴をしゃぶりながら、小田原で解散。

なんだかほっこりした旅でした。

 

| | コメント (0)

■節子への挽歌4191:芦ノ湖のカフェでケーキセット

この旅行は観光目的ではないので、翌日も予定が全く決まっていません。
しかし箱根に来たのだから上には上がろうかということになりました。
ともかく予定は全くない。
チェックアウトを終わったところに、旅館を経営している社長が来て、喫茶店に案内してくれました。
いとこの教え子なのです。
このままここで1日過ごしてもいい気もしましたが、まあともかく上に上がろうということになりました。

登山鉄道やケーブルは混雑が予想されるので、バスを利用することにしました。
大涌谷も考えましたが、まだ噴火がつづいていて、老人なので火山ガスで体調を崩してもいけないので(まあめんどくさかっただけですが)降りるのはやめて、そのまま箱根園まで行ってしまいました。
そこで、芦ノ湖プリンスホテルのカフェでコーヒーを飲もうということになりました。
ここにもいとこの教え子がいるのです。
学校の先生はうらやましいです。
しかし、残念ながらこの4月に下田プリンスホテルに転任していて会えませんでした。

老人男性4人で、美味しいコーヒーと華やかなケーキをいただきました。
とてもおいしいコーヒーでしたし、ケーキもとてもおいしかったです。
居心地のいいカフェだったので、もう動くのが嫌になりました。
そこでまたいろんな話をしました。
やはり場所によって、出てくる話題は違います。

話しているうちに、観光船に乗ったりケーブルカーで駒ヶ岳に登ったりする気はみんな消えてしまい、ここで話して、そのまままた下に戻ろうということになりました。
なにしろ、予定は全くなく、時間も適当です。
こういう無駄な旅はいいものです。

しかし考えてみると、昨日の午後からずっと4人で話し続けている。
よくまあ話題があるものです。
人間は「話す動物」であると改めて感心します。

 

| | コメント (0)

2019/04/17

■節子への挽歌4190:金目鯛の活き作り

箱根湯本は平日のど真ん中だったので、思ったほど混んでいませんでした。
湯本駅界隈は節子と来たころとは全く違っています。
駅自体も大きく変わっています。
しかし窮屈な感じは前と同じです。
節子がいなくなってから、この駅は何回か通過しましたが、駅から外に出たことは今回で2回目でしょうか。

湯本温泉郷を巡回しているバスがあるのですが、せっかくなので歩こうということになりました。
よく利用しているいとこが、15分くらいだろうというので、歩き出しましたが、なかなかつきません。
その旅館は行ったことがある人が2人もいるのですが、歩くのは2人とも初めてなのです。
いつもは自動車で来ているそうですが、今回は車検で部品が一個間に合わずに電車で来たのです。
道で出会った地元の方に聞いてみたら、その道は上り下がりが多いので反対側から言った方がいいと教えてもらいました。
それでまた駅に逆戻りで、歩き出しました。

そこでバスに乗ればよかったのですが、歩こうと決めたので、バスに乗ることに思いはいかず、教えられた方向に歩き出しましたが、一向につきません。
それに上り坂なので結構大変です。
でも私はそういうのが大好きなのです。
目指す旅館は箱根湯本温泉の一番上の南風荘なのです。
途中に2つの滝を見ながら、散策を楽しんだのですが、一汗かきました。

Img_20190417_153817

Img_20190418_100555

庭の付いた部屋を用意していただきました。
温泉もとてもやさしい温泉で、肌がすべすべになりました。
夕食には料理長が特別に金目鯛の活き作りをつくってくれました。
もっとも老人4人では食べきれずに、しかしせっかく作ってくれたのだからと頑張って食べましたが、完食は無理でした。

金目鯛は節子の好物でした。
最後の房総に家族で旅行しましたが、その時に確か節子は金目鯛を食べていたので、金目鯛を見るたびに私は節子を思い出します。
魚の顔が見える活き作りは私は苦手なのですが、今回はそのせいか大丈夫でした。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧