« CWSプライベートがスタートしました | トップページ | ロードオブザリング王の帰還 »

2004/04/29

虎の尾を踏んだ政府

国民保険の料金未納をめぐって、議員への信頼が堕ちています。
福田官房長官にはあきれました。
ここまでの嘘つきだとは思いませんでした。
例が悪いかもしれませんが、浅田農産の浅田さんたちと同じですね。
もちろん事の大きさは浅田事件よりもずっと大きいです。
ここまでくると犯罪者としかいえません。
まあ罰するにも値しない哀れな人だと思いますが。
自らの誇りを取り戻して、自己責任で自らを処してほしいですが、
そんな誇りも勇気もない人でしょうね。
哀れな人なのでしょうね。

今日、テレビで政治評論家の森田実さんが、
政府は「虎の尾を踏んだ」と話していました。
つまりさすがの国民もこれで政府の実体がわかり、動き出すだろうといっていました。
国会が決めた法律の規範性も揺るぐだろうともいいました。
そうなってほしいです。
しかし、私たちは相変わらず小泉政権を支援する行動を繰り返しとっています。
先の議員選挙も当選した3人とも自民党です。
日本の国民は自虐的ですね。
いや、日本全土がアウシュビッツになっているのかもしれません。

今回の事件に対しては、それぞれの立場で、どんどん意思表示していきましょう。

|

« CWSプライベートがスタートしました | トップページ | ロードオブザリング王の帰還 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虎の尾を踏んだ政府:

« CWSプライベートがスタートしました | トップページ | ロードオブザリング王の帰還 »