« ■卑怯な新聞でいいのか   | トップページ | ■ホテルでの出来事 »

2004/05/18

■プラグを抜く難しさ  

新聞をとるのをやめようというお勧めをいただきましたが、
なかなかふんぎれません。
それどころか、
パソコン依存の度合いが高まり、今やパソコンがないと動けなくなりそうです。

最近、どうも主力のパソコンが具合が悪いのです。
買ってから2年半ですが、余計なことばかりしているせいか、具合が悪いのです。
この頃は週に1度、いうことをきかなくなります。
その時間ロスを考えれば、買い直したほうが経済的かもしれませんが、
なかなかその気になれません。
貧乏性なのです。

具合が悪くなったのだから、しばらくパソコンから自由になったらいいのではないかとも思うのですが、最近は仕事も生活もすべてパソコンに大きく依存してしまっているのです。

さて、どうしたらパソコンから自由になれるか。
新聞やテレビを問題にする前に、自らの生き方を改めなければいけないのかもしれません。

生きづらい時代です。


|

« ■卑怯な新聞でいいのか   | トップページ | ■ホテルでの出来事 »

コメント

佐藤さんこんにちは。
新聞とパソコンはちょっと違うのでは?と思いました。
新聞については、政治家など権力を持つ人間に迎合して庶民をだまし続けてきたれっきとした「事実」があり、今回のイラク人質事件でも、年金未納問題でも、庶民を苦しめるプロパガンダを流し続けてきました。
パソコンというか、ネットについてはもっと中立的。
利用者の自由度がマスコミとはまったく比べ物になりません。
もっとも、仕事がたまってくるとメールチェックしたくなくなりますが。僕も(笑)。

投稿: shimoyama | 2004/05/19 20:12

本当に、パソコンや新聞と縁をきることは、難しいですね。
旅行にいっても、携帯電話という便利(?)なモバイルパソコンが、eメールも届けてくれますし、さらにたまに海外に遊びにいくと、ついつい、日本の新聞を探したり、WEBメールをチェックしている自分に気がつき、苦笑してしまいます。

書家で詩人の相田みつおさんが、「一人になりたい、一人はさびしい」(うろ覚え出で間違えているかもしれません)という書を残しています。どうも、人間って社会的な係わりを疎ましく思う感情と、でも、一人では、いられない気持ちをいったり来たりでどっちつかず。
(それがまた人間らしいのですけどね。)
特に、パソコンは、普通の人が相互にコミュニケーションできる範囲を飛躍的に広げました。
が、どうも、人がそれをうまく使いこなすルールとか、ノウハウがまだ出来てなくて、逆に人が機械に振り回されているような気がしています。

投稿: 坂谷信雄 | 2004/05/19 20:52

問題は、パソコンの主人になれるかどうかですね。

使いこなすと自分のメディアになるのでしょうが、
私もまだ使われている面がかなりあります。

それにしても、
いろんな人がよんでいてくれて、うれしいです。

投稿: 佐藤修 | 2004/05/19 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■プラグを抜く難しさ  :

« ■卑怯な新聞でいいのか   | トップページ | ■ホテルでの出来事 »