« ■鈍感なのは都会人だけ? | トップページ | ■怒った横田滋さんを初めて見ました »

2004/05/21

■傘を失くしたら探しますか?  

昨夜、仕事で伊東に行きました。
大雨でした。
にもかかわらず、傘を電車の中に置き忘れてしまいました。
まあ、よくあることですが。
伊東を降りた時も、大雨でした。
しかし、すぐにタクシーに乗ったために気づきませんでした。
傘を忘れたことに気づいたのは翌朝でした。
翌朝はいい天気でした。

さてそこで問題です。
みなさんはこういう場合、駅の人に探してもらうように頼みますか。
ちなみにその傘は、ユニクロで買った1000円の折りたたみ傘です。
たぶん多くの人は、失敗してしまったと思うだけで探す努力はしませんね。

私の湯島のオフィスに、傘を忘れて行く人が時々います。
しかし、取りに来た人は10年で2人くらいです。
後の傘は誰のものかわからないままに、私が無断借用したり、
誰かが雨の時に持っていったりで、今は1本しか残っていません。

このことからわかるように、もはやみんな傘など無くしても気にしないのです。
だとしたら、傘をみんなの共有物にしてしまったらどうでしょうか。
忘れた傘はそれを拾った人が自由に使っていいようにすれば無駄がなくなります。
忘れ物の傘を保管しておくのは大変でしょう。
電車に忘れた傘は駅の構内において、みんなで自由に使うようにするわけです。

駅前の放置自転車が問題になりますが(最近は少ないですが)、自転車はすべて共有物にしたらどうでしょうか。無駄がなくなります。
所有者がわからずに、廃棄処分にするよりは、誰かが有効活用したほうがいいはずです。

自転車や傘などは、もうみんなのものと言う概念で、考えてもいい時代です。
もちろん自分だけのお洒落な自転車や傘を持ちたい人もいるでしょうから、
その人たちは自己所有にすればいいでしょう。
所有の概念を、そろそろ変える時期だと思いますが、どうでしょうか。

ちなみに私は持ち物に名前をつけることに反対です。
落とした場合、有効活用されずに無駄になるような気がするからです。
子どもの頃から持ち物に名前をつけるのが馴染めませんでした。
むしろ「拾った人は大事に使ってください」ということを明記できれば、
何かを落とした時に、残念がらずに誰かの役に立ったと言ううれしい気分になれるかもしれません。
どうでしょうか。
いい案だと思うのですが。

|

« ■鈍感なのは都会人だけ? | トップページ | ■怒った横田滋さんを初めて見ました »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

霊のお話しの次は2連続ですね。
自動車も共有物にしようという運動があると聞きました。「カーシェアリング」でしたっけ。
自転車は「みんなの自転車」という運動をしている団体が日本にもありますよね。

下のトンボのお話しですが、健康な時は、スーパーで野菜を買う気がしなくなります。
魚屋のお刺身には箸が伸びません。
まずそうだからです。
以前は偏食の子どもをけしからんと思っていましたが、まともな感覚をしていたら食べたくなくなる「食物もどき」が氾濫している現状ではしかたないとも思います。
しかし、それにつけても思うのは、こんなアスファルトとコンクリートに閉じこめられて、良く生きているよな、人間は。ということです。
これだけで驚異に値すると思うのですがいかがでしょう。
動物園だって今日びもっと環境良いですよ。
佐藤さんのblogはついつい気になって見てしまうし、つい書込んでしまいたくなるです。すみません。

投稿: shimoyama | 2004/05/21 23:31

>自転車は「みんなの自転車」という運動をしている団体が日本にもありますよね。

お近くの(?)台東区です。
http://www.edo.net/bicycle/index.html
どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: 聞きかじり | 2004/05/22 21:33

下山さん
聞きかじりさん
ありがとうございます。

身近に会ったのですね。
じっくりとホームページを読むことにします。

それにしても、会ったこともない知らない人から、
いろいろとつながっているのだと思うと、とても不思議な気分です。
まだトラックバックの方法などがわからないのが残念ですが、
もう少し勉強したくなりました。

こうやってどんどんバーチャルな世界に引き込まれていくのでしょうか。
実に不思議な魅力ですね。

投稿: 佐藤修 | 2004/05/23 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■傘を失くしたら探しますか?  :

« ■鈍感なのは都会人だけ? | トップページ | ■怒った横田滋さんを初めて見ました »