« ■イラクの真実  | トップページ | ■校門は原則施錠  »

2005/03/27

■テレビの新しいミッションやあり方を考える時期 

情報が多ければ、事実がよく見えてくるわけではありません。

ライブドアとフジテレビの事件のニュースは、いささか食傷気味ですが、
だんだん「事の本質」が見えなくなってきたような気がします。
それにしても、テレビも新聞も、連日、あれだけのスペースを使って、何をメッセージしたいのでしょうか。焦点の当て方はいいのでしょうか。もっと他に重要な問題があるでしょうに。
私は堀江さんの行動を支持しましたが、どうやら事の主役は違うところに移ったようです。
つまりは「情報隠し」へと動き出し、その陽動作戦が仕組まれているように思えてなりません。

マスコミのレベルの問題だと思いますが、最近の報道のあり方には主体性を感じません。しっかりした視座がないせいか、振り回されていますね。
メッセージ性も価値基準もなく、ただ面白さだけを追求しているのかもしれません。
サラリーマンジャーナリストが多すぎます。

ブログが新しい情報インフラになるという指摘もありますが、あまりリアリティを感じません。膨大なブログにどうやってアクセスし、編集し、評価するか。そんなことができるはずはなく、結局はターミネーターやマトリックスの世界になっていくしか考えられないのです。
そうした状況の中で、堀江さんたちの挑戦に対して、テレビが新しい役割やビジョンを打ち出せば、事態は大きく変わったでしょう。それこそが、企業価値を議論することですが、関係者は堀江さんと同じ、私欲的な金儲けの世界から一歩も出ていません。

フジテレビに限りませんが、公共性を名目に放送を私物化し、ひどい番組を提供し続けているテレビ会社の経営者や現場の人たち(下請け会社社員は別です)は一掃されてほしいと私は思っていますから、堀江さんにがんばってもらいたいわけですが、その堀江さんたちが関わっているIT情報ネットの世界も同じようにひどいですので、堀江さんも一掃されてほしいと私は期待しています。いずれもまあ、消耗品でしょうから、それはあながち夢でもないでしょうが。
今回の事件で、そうした全体の制度に寄生している人たちの実態を顕在化させたのは、なんと言っても堀江さんの功績ですが、これを契機にテレビのあり方を見直す動きが出てほしかったです。
テレビに関わっている人たちには、そうした思いを持った人はいないのでしょうか。最近の番組を見て、恥ずかしいとは思わないのでしょうか。堀江さんに、まずはニッポン放送を聞いてほしいとニッポン放送の社員は発言していますが、同じ主旨の注文を彼らにつけたいです。フジテレビに影響を与えられる立場にある人であれば、フジテレビの番組にも責任を持つべきでしょう。
みんな同じ穴のムジナです。
まあ、私もその一人かもしれません。

|

« ■イラクの真実  | トップページ | ■校門は原則施錠  »

マスコミ時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/3456010

この記事へのトラックバック一覧です: ■テレビの新しいミッションやあり方を考える時期 :

» フジテレビは本当に・・・ [シャベルゾウ]
フジテレビは本当に公共電波を扱うのに適している会社? 他の局に比べて視聴率が悪かった時期に、二代目議長のシカナイ氏のもとヒエダ氏らがバラエティー路線に突っ走っ... [続きを読む]

受信: 2005/03/27 17:05

« ■イラクの真実  | トップページ | ■校門は原則施錠  »