« ■拉致問題と核開発問題の重みをどう考えるか  | トップページ | ■古館さんが好きになりました  »

2005/07/12

■寒い日の電車冷房 

今日はちょっと寒かったです。
上着を着ようかとも思いましたが、上着なしで出かけました。
9時半頃、我孫子駅で千代田線に乗りました。おそらくJR管轄ですが。
我孫子発なのですが、出発直前になってなんと冷房が入ったのです。
この寒い日になんで冷房なのか、しかも車内はすいています。
車掌に苦情を言いたかったのですが、離れているので伝えようがありません。
実は千代田線では時々こういうことがあります。

省エネが叫ばれていますが、みんな真剣に考えてはいないようです。
我が家の前の街灯が日中でもついています。いつも無駄だなと思っていたのですが、そのまま見過ごしていました。
今日の電車体験のときになぜかそれを思い出しました。
私もまた省エネを真剣に考えていなかったようです。
明日、市役所に電話しようと思います。

私にもできる省エネ行動はいろいろありますね。
ちなみに最近はエスカレーターにも極力乗らないようにしています

|

« ■拉致問題と核開発問題の重みをどう考えるか  | トップページ | ■古館さんが好きになりました  »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

電車冷えすぎですよね。ビルもですが・・・。

先日、タイから帰ってきたのですが、バンコクのビルも、冷えすぎですねぇ。

とにかく、冷えてることが良いととされてますよね。

省エネだけでなく、冷房が効きすぎる事の弊害は、冷房病だけでなく、営業さんなどでは、暑いところと寒いところを交互に移動するので、自律神経がうまく機能しにくくなるということもありますし。
タイにしろ日本にしろ湿度が高いので、冷房をした部屋から、カメラを出すと、結露して、使えなくなります。幸い、レンズは大丈夫でしたが、かなりヤバイです。

あと、電車の冷房の事が書かれた記事があったので、転載しますね。ご参考まで。
以下、消える前に産経新聞のサイトから転載します。
http://www.sankei.co.jp/news/evening/12iti001.htm

クールビズ1カ月 「28度設定」冷ややか

通勤電車や商業施設 環境問題よりお客優先
 夏のビジネス軽装「クール ビズ」がスタートして一カ月余り。地球温暖化に配慮して冷房を高めの二八度に設定する代わりにネクタイなしで仕事をするという試みだ。ところが、通勤電車の車内やレストランなどの商業施設で冷房の設定温度は例年とほとんど変わっていない。「温度に対する感覚は個人差がある」「せっかく涼を求めに来たお客さまに悪い」。現状のままでは服装の話題ばかりが先行し、環境問題は二の次という“本末転倒”の結果に終わってしまうかも…。(石井奈緒美)
 「ラッシュ時の暑さを考えると、いくら軽装の方が増えても温度は上げられない。特に在来線は駅ごとにドアが開閉するため、冷えた空気が逃げてしまう。お客さまの利用形態を考えると今が適温だと思います」と話すのはJR西日本の広報担当者。在来線は停車駅が多く、密閉性も低いので普通車両は二五度、特急や新幹線は二六度に設定しているという。
 阪急電鉄でも例年通り車両温度は二六度、弱冷車だけ二七度に設定している。夏場は利用者から車両の空調についての問い合わせも多く、同社では「温度に対する感覚は個人差もある問題なので、対応には特に気を使う」。
 実際、数年前の冷夏の時、設定温度をそれぞれ一度ずつ上げたが、乗客から「暑い」との苦情が多かった。満員時は密着度も増すため、温度を上げて設定するのは難しいという。
 近鉄と南海も通常車両は阪急と同じ設定温度。阪神は、通常車両が二七度で若干高めだが、いずれも例年通りの温度だった。ただ、各社ともに本社オフィスは二八度に設定しており、制服のない社員の服装にはクール ビズを勧めているという。
 一方、大丸百貨店や阪神百貨店などの大型商業施設では、フロアが広いことや客の人数が流動的であることなどから、店舗内の温度を一定に保っていない。
 通常から微調整を繰り返すことが多いが、大丸梅田店では「二八度になるとお客さまから『暑い』という声も聞かれ、それを下回る設定にしている」。
 また、全国にファミリーレストランを展開する外食大手「デニーズジャパン」では全店舗に統一の設定温度はないが、平均で二五-二六度にしている。
 流通や物販業界は、二、八月に売り上げが落ちるといわれるが、ファミレスに限れば、八月が一番の稼ぎ時といい、「お客さまは外の暑さを逃れて涼を求めに来店する。集客を考えれば、温度設定を上げるのは難しい」という。
 こうした事情は、環境省のクール ビズ賛同団体に名を連ねる生活協同組合コープ神戸でも同じ。店頭に立つ社員以外はノーネクタイのエコスタイルを導入しており、事務所などは二八度に設定しているものの、店内については「商品劣化の恐れや、お客さまへの配慮から二八度以下に設定しています」。
(産経新聞) - 7月11日15時28分更新

投稿: まいける | 2005/07/13 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■寒い日の電車冷房 :

« ■拉致問題と核開発問題の重みをどう考えるか  | トップページ | ■古館さんが好きになりました  »