« ■費用徴収文化の恐ろしさ | トップページ | ■民営化コンプレックス  »

2005/08/06

■広島宣言と小泉言動  

広島被爆から60年です。
記念式典での市長の広島宣言と首相の話をテレビで見ました。
小泉首相がこの席にいることに、私はかなりの違和感を持ちますが、気のせいか、小泉首相の目は落ち着きがなく、言葉にも力がありませんでした。もちろん内容はいつものことながら空疎でした。
小泉首相は、秋葉さんの言葉や子ども代表の言葉を、どう聴いていたのでしょうか。
きっと何も感じていないでしょうね。

日本は小泉内閣の下で大きく非平和に向けて舵を切りました。
歴代内閣の延長線でしかないといえるかもしれませんが、大きく変質したのは間違いないように思います。壊したものはなかなか戻りません。

いつものことながら、
沖縄平和祈念資料館に書かれていた言葉を思い出しました。

|

« ■費用徴収文化の恐ろしさ | トップページ | ■民営化コンプレックス  »

平和時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/5331824

この記事へのトラックバック一覧です: ■広島宣言と小泉言動  :

« ■費用徴収文化の恐ろしさ | トップページ | ■民営化コンプレックス  »