« ■野党へのメッセージ:野党が大同団結する時!! | トップページ | ■新党日本の田中代表のメッセージが広がってほしいです  »

2005/08/21

■個人を手段にする社会 

現在の選挙報道を見ていると日本社会のさまざまな問題が見えてきます。
私たち国民も、パンとサーカスの饗宴の中で、ほぼ完全に家畜化していますが、権力者もまた人間性を失い、軍国主義の尖兵になってきています。
それは同時に、国家の解体の予兆だと思いますが、しかしどれだけ多くの犠牲を払うかにはいささかの不安があります。

立候補という言葉には、本来は主体性や自発性を感じます。しかし、昨今の自民党の候補者選びは立候補とはいえないでしょう。悪く言えば、徴兵制度のようなものです。もちろん大きな褒章を補償してはいるのでしょうが、その根底にある人間道具視や差別発想、内容よりも見栄えという商業主義など、不快さを感じます。
一番許しがたいのは、人間を手段にしていることです。人間魚雷や特攻隊の悪夢を思い出させます。選ばれた選民たちは自己責任ですからいいとしても、そうした動きが社会意識に与える影響を考えてほしかったと思います。
将棋の駒のように、一応は自分の世界を持っている人を選挙戦に狩り出すことができるのは、政権政党の権力と利得の大きさの故でしょうか。類は友を呼ぶのでしょうが、それにしてもあまりの広がりにあきれています。
個人を手段に使うような権力発想の広がりに抗して、私は人との人間的なつながりを大切にしたいと思います。
手段となった人がもしいれば、みんなでぜひとも人間に戻ってもらうように、応援したいものです。今回起用された候補者は全員が落選することを願いたいです。彼らの気づきのために。

新聞を見るたびに、政治が生活からどんどん離れているのが気になります。

|

« ■野党へのメッセージ:野党が大同団結する時!! | トップページ | ■新党日本の田中代表のメッセージが広がってほしいです  »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■個人を手段にする社会 :

» 「ふつうの20代30代40代、またこれからの人たちのための政治」(構造改革/郵政民営化などについて) [0 1/2]
2005/08/21 更新 「とりあえず、単に人気取りの候補者に投 [続きを読む]

受信: 2005/08/21 10:05

« ■野党へのメッセージ:野党が大同団結する時!! | トップページ | ■新党日本の田中代表のメッセージが広がってほしいです  »