« ■戦争で死んだ人は英霊になってうれしいのだろうか  | トップページ | ■組織起点の時代の政治システムの呪縛 »

2005/08/16

■「愚直なまでの平和政策」ですって?

最近、このブログを書こうとするとどうしても政治の話になってしまいます。
どうしてこうもひどいタレント政治家が我が物顔にテレビを独占しているのでしょうか。付け焼刃で勉強したキャスターや司会者の迎合的な質問にもあきれますが、政治家自身の人格に疑問を感じます。高市さんも「刺客」になったようですが、こういう人たちが社会をだめにしていくのでしょう。社会にとってもっとも大切なのは、人としての生き方であり、誠実さと人間性だと私は思っています。郵政民営化はその先の問題です。郵政民営化と民営化法案を意図的に混同して問題の本質を覆い隠している人たちの多さには悲しさを感じます。

まあ、そんな愚痴をいくらこぼしても意味がないわけですが、昨日のテレビは、実はまた最後の1時間を見てしまいました。若者はやはり素晴らしいと思い直しました。やはり我々の世代がいなくなれば、きっといい時代が来るのでしょう。

しかし恐るべき発言もありました。町村外相の発言です。日本の学校で近現代史をきちんと教えないのは、教師がマルクスレーニン史観で教える恐れがあるから、教えないようにしていたのだ、という主旨の発言をしました。それこそが偏向教育であることに気づいていません。権力の走狗とはこういう人を言うのでしょうか。自分では発言の意味がわかっていないようでした。
その町村外相が、日本は「愚直なまでに」平和政策を貫いてきた、と発言しました。どう思われるでしょうか。もしお時間が許せば、ぜひ田中伸尚さんの岩波新書の戦後史3部作をお読みください。「憲法9条の戦後史」「靖国の戦後史」「日の丸・君が代の戦後史」の3冊です。

|

« ■戦争で死んだ人は英霊になってうれしいのだろうか  | トップページ | ■組織起点の時代の政治システムの呪縛 »

平和時評」カテゴリの記事

コメント

 堀江も外資の手先に過ぎませんからね。まあ馬鹿は死ななきゃわからないんですよ。

投稿: 砂上 | 2005/08/17 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/5493216

この記事へのトラックバック一覧です: ■「愚直なまでの平和政策」ですって?:

» 憲法九条の戦後史 岩波新書  田中 伸尚著 [僕のつぶやき。 ネットの窓から。]
憲法九条の戦後史岩波書店このアイテムの詳細を見る 9月の選挙が終り政府与党が衆議院で3分2以上の議席を確保した負けた。民主党もタカ派と言われる人物を代表に選んだ。我が、日本国憲法はどうななるのだろう。  ”憲法九条には、様々な攻撃が加えられてきました。軍事化を目指す、その時々の政府によって形骸化の危機に曝されてきました。しかし、その一方で、九条の精神を生かし、軍事化に抗してきた人びとがいます... [続きを読む]

受信: 2005/10/05 11:09

« ■戦争で死んだ人は英霊になってうれしいのだろうか  | トップページ | ■組織起点の時代の政治システムの呪縛 »