« ■民意に従うという欺瞞とマニフェストの欺瞞  | トップページ | ■なぜ民主党は人を集められなかったのか »

2005/09/12

■不明の自覚 

昨夜は8時から1時間、テレビの選挙報道を見ました。
その後は見る気が起きませんでした。
ニーメラーの間違いを私たちは犯してしまったようです。
歴史は繰り返される、です。

今朝、大分の知人がくれたメールにこんな文章がありました。

>もうこれでこの国は取り戻せない気がしています。
同感です。

不明を恥じなければいけません。
これで2回目なのですが。

これまで私は現場で汗する人たちを信頼してきました。
無垢な若者たちを信頼してきました。
彼らの良識を確信してきました。
昨日の選挙結果を見る限り、その信頼と確信はどうも幻想だったようです。
生き方を変えようと思います。

テレビでの「有識者」の発言の内容が変わりだしました。
何をいまさらと腹立たしいですが、所詮はその程度の責任感と知性なのでしょう。

当分、このブログもやめようと思います。
これまでのご愛読、ありがとうございました。
また人を信ずることができるようになったら、書き出します。

もしよろしければ、しばらくはこのブログとつながりのあるCWSコモンズとお付き合いいただければうれしいです。
http://homepage2.nifty.com/CWS/

|

« ■民意に従うという欺瞞とマニフェストの欺瞞  | トップページ | ■なぜ民主党は人を集められなかったのか »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■民意に従うという欺瞞とマニフェストの欺瞞  | トップページ | ■なぜ民主党は人を集められなかったのか »