« ■不明の自覚  | トップページ | ■雨が降ってきたら走りますか »

2005/09/12

■なぜ民主党は人を集められなかったのか

もう1回だけ書きます。

昔、「アラモ」という映画がありました。私が大学生の頃です。ジョン・ウェインの監督主演作品です。最近、リメイクされていますが、古いほうの映画の話です。
アラモといえば、メキシコからの独立を目指して、廃墟になった教会に立てこもって戦った勇敢な男たちの話です。

国会議員だったクロケットが、なぜ死を覚悟してアラモに来たかを語るシーンがあります。彼が仲間とアラモに来たのは、テキサス共和国を創るためなのです。彼はこう話します。

「共和国、リパブリック。響きがいい。言葉には力がある。自由に暮らせ、自由に話せる国。人の行き来が自由で暮らしも自由。言葉を聞いただけで胸が一杯になる。」

民主党の「政権交代」という言葉にパワーがなかったのは胸を一杯にするコンテンツがなかったからです。構造改革、郵政民営化と同じ種類の言葉だったのです。

コンテンツ、ビジョンを創ろうとする人が見つかりません。
私は自分なりのコンテンツを持っていますが、メッセージパワーはありません。
「コモンズの回復」です。いまや手垢がついてしまいましたが。
しかし、私は「コモンズの回復」という言葉にワクワクしていました。
だから、これまでそこにのめりこんできましたが、独りよがりだったかもしれません。
ちなみに、「平和」も「くらし」も、そうしたワクワクする言葉ではありません。

1項目前の記事に書いたように、このブログは休止ですが、
CWSコモンズは継続します。
もしよろしければ、今度はCWSコモンズとお付き合いいただければうれしいです。
http://homepage2.nifty.com/CWS/

|

« ■不明の自覚  | トップページ | ■雨が降ってきたら走りますか »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

 私のビジョンは自然への回帰です。自然法と自然権の東洋的な再構築に身体観の問題が中枢になると思ってます。

投稿: 柴崎 | 2005/09/12 23:12

柴崎さん
ありがとうございます。

自然への回帰。
「コモンズ」もそうですが、
「リパブリック」と違うのは、言葉に響きがないことです。
言葉にはリズムと響きが大切ですね。

映画の中で、クロケットは「リパブリック」と静かに言います。郵政民営化とか政権交代のように、怒鳴らなくても、人の心をつかむ響きのアル言葉なのです。
そういう言葉が今は見つからなくなってしまいました。
聞いただけでワクワクする言葉って、ありますかね。

投稿: 佐藤修 | 2005/09/13 07:34

キャッチフレーズではなくて内実をどう語るかという問題はどうなのでしょうか

投稿: 柴崎 | 2005/09/13 12:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■不明の自覚  | トップページ | ■雨が降ってきたら走りますか »