« ■被害者が加害者を支援する構造 | トップページ | ■内政干渉って何でしょうか »

2005/10/20

■30万円よりも一言の応援の言葉

先の日曜日の私が取り組んでいるNPOの関係の集まりを開きました。
コムケア資金助成プログラムの公開選考会です。
全国から公募された中から選ばれた20のプロジェクトが発表され、一般公募で集まった人が投票して、資金助成先を決める集まりです。今年で5回目です。とても元気が出る集まりです。
その様子は私のホームページ(CWSコモンズ)とコムケアセンターのホームページで報告しつつありますが、とてもうれしいことがありました。
見事に30万円を獲得したグループの人から次のメールをもらったのです。

何よりうれしかったのは「ケアップカード」をいただいたことです。
心のこもったメッセージは大変励みになります。

ケアップカードとは、応援のエールを書いて、1000円を寄付するカードです。
参加者が自分の応援したいところに自由に寄付するのです。
そのエールが、30万円よりもうれしかったというのです。
私にとってこんなにうれしいことはありません。
私は、NPOを育てていくためには、お金ではなくみんなの理解と参加が必要だと思っています。ですからこういうメールをもらうと苦労が報われる気がします。

選考会に参加した人たちからいろいろなメッセージが届いています。
元気が出ます。
企業関係者の参加が今年は少なかったのがとても残念ですが。

|

« ■被害者が加害者を支援する構造 | トップページ | ■内政干渉って何でしょうか »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■被害者が加害者を支援する構造 | トップページ | ■内政干渉って何でしょうか »