« ■年齢って何で必要なのでしょうか | トップページ | ■規律は守ったが、弱いものを守らなかった »

2006/02/01

■「消耗品戦略」と環境経営、あるいはCSR

今日のasahi.comのビジネス面に、『「消耗品戦略」の危機回避 キヤノン逆転勝訴』という見出しで、プリンターのインクカートリッジのリサイクル品をめぐる高裁判決が報道されています。ちなみに朝日新聞の記事の見出しは、「キヤノン逆転勝訴」だけです。
できるだけ事実報道にとどめるか、メッセージ性を高めるかは重要な問題です。
記事の内容はそう変わらないのですが、見出しのつけ方で印象は全く変わります。
前者の見出しをつけた人は、企業の、あるいは産業界の「消耗品戦略」に好意的な姿勢を持っているのでしょう。意識しているかどうかは別として。
見出しで印象は一変します。
新聞にとって一番重要なのは見出しのつけ方だと思います。
もちろん現場取材を前提としての話ですが。
同じ事件をどう扱うかで、その新聞の姿勢が良くわかります。
それに、見出しの持つサブリミナルな効果はとても大きいはずです。
世論さえ変えてしまいます。
藤原正彦さんは話題の近著「国家の品格」で、マスコミは三権分立されている立法、行政、司法の上に君臨する第一の権力だと書いていますが、同感です。
つまり変な言い方ですが、国家さえも「民営化」されてしまっているのです。
国家の民営化の話はもう少しきちんと書かないと伝わらないかもしれませんが、そもそも民営化とは資本に人間を売るということです。
郵政民営化に私が反対するのはそのためです。
得をするのは決して国民ではありません。
これは政財学連合による詐欺のような話なのです。
それはそれとして、
この訴訟です。
プリンター用の使用済みインクカートリッジにインクを再注入して販売していた会社をキャノンは特許権侵害に当たるとして訴えていたのです。第一審ではキャノンは敗訴しましたが、今回はキャノンが勝訴し、販売禁止とリサイクル品の廃棄を命じられたのです。
この事件も実にさまざまな問題を含意しています。
大企業の利益の上げ方は決してホリエモンの知恵に負けません。
私はキャノンという会社が大好きです。
昔、テレビの番組で賀来会長(当事)をインタビューさせてもらったことがあります(12回の経営者インタビューの番組を引き受けたことがあるのです)。
賀来さんの真摯な姿勢に感銘を受けました。
社会問題や環境問題への取り組みにも共感することが多かったです。
そのキャノンにしても、こうした対応になるのがどうも残念です。
どこが残念かといえば、会社の利益を守るというところから発想されているからです。
asahi.comの見出しの付け方は論外としても、キャノンの人もまたどこかでそういう意識を持っていることは間違いないでしょう。
問題は今のビジネスのやり方なのです。
「消耗品戦略」というものが、いかに環境経営やCSRに反するかを考えてほしいものです。
そして社会の視点に立って、販売会社と一緒になって事業スキームを再構築してもらいたいです。
大切なのは企業の利益ではありません。社会にとっての価値です。そしてそれが企業の利益になるのです。順序を間違ってはいけません。
賀来さんがご存命であれば、こんなことにはならなかったような気がします。
キャノンにとっては自らの「消耗品戦略」を見直す絶好のチャンスのはずなのですが。

|

« ■年齢って何で必要なのでしょうか | トップページ | ■規律は守ったが、弱いものを守らなかった »

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/8451666

この記事へのトラックバック一覧です: ■「消耗品戦略」と環境経営、あるいはCSR:

» キャノン インクカートリッジのリサイクル [ごはんにっき]
キャノンのインクカートリッジのリサイクル品を販売する会社があります これが裁判になっていたそうです これについてかかれているブログを拝見して 常々思っていたこととつながったので  つたない文章ですが書いてみたいと思います 問題はインクカートリッジは特許をとっており それをリサイクルして売ることの是非だったわけですが まあ正直言ってインクって高いよね? おかしいと思うぐらい高いです。 本体を安くして客を囲い込み 専用インクを高く売って利益を得るのがやり方だ っていいますが... [続きを読む]

受信: 2006/02/01 23:43

» 知財高裁庶民と敵対 [赤石青崩の七五調]
用尽の例外作る高裁に機会奪わる後発企業 用尽の例外作る高裁に機会奪わる環境企業 [続きを読む]

受信: 2006/02/03 05:15

» リサイクルインクの是非2 [デジカメプリンタニュースプチプチ ]
1月31日、キヤノンとリサイクルアシストのリサイクルインクカートリッジ訴訟で知財高裁で判決が出され、キヤノンが逆転勝訴したとのことですが、今回もブログやニュースなどで前回以上に話題になっています。リンクを作るのが大変でしたが、良い記事が沢山ありますので、今回も前回同様に紹介させていただきたいと思います。 Yahooのニュース「インクカートリッジ リサイクル非合法判決 攻防は今後も」によると、「消費者から『高い純正品しかないのは困る』という激励メールが多数来ている」(リサイクルアシスト社)...... [続きを読む]

受信: 2006/02/06 21:10

» リサイクルインクと燃料電池 [Fun_energy]
風車の話は少し置いておいて、リサイクルインクについて。 先日も書いたが、キヤノンのインクカートリッジ訴訟。 他の方々BLOGなども見てみると、リサイクルインク否定派の方々ももちろんいる。 ただし、否定的な方々も特許のただ乗りがダメ。というのではなく、リサイクル インクの質を問題にしているようだ。 写真印刷がなどで高画質を求めておられる方が多い。 ここにきて、私が納得いかなかった理由が1つ分かった。 キヤノンも、... [続きを読む]

受信: 2006/02/07 17:47

« ■年齢って何で必要なのでしょうか | トップページ | ■規律は守ったが、弱いものを守らなかった »