« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006/04/27

■倫理観での格差社会

最近、さまざまな人が相談にやってきます。
日本の経済は上向きだといいますが、どうも実感できません。
問題を抱えている人が多すぎますし、新たに抱えだす人も決して少なくなっていないような気がします。
企業が最高の利益を上げている一方で、その企業を支えてきた人たちが粗末に扱われているのではないかという気がしてなりません。
小規模の会社や個人企業も相変わらず大変です。
私の周りでも、できることなら会社を投げ出したいという経営者は少なくありません。
しかし、巨額な利益を得ている人たちの存在もあるようです。
いま取り組んでいる仕事の関係でそう感じるのですが(果たしてそれが真実かどうかはわかりません)、巨額な国家財政の無駄金が一般社会にも流れ出しているような気もします。年金関係の施設の処理方法を見れば、それは間違いない事実でしょう。
郵政民営化でも大きなお金が民間の個人に入ることでしょう。しかし、不思議なほど、どこにも緊張感がないばかりか、国民はそれを支援しています。
巨額な金額が動く場合、必ずといっていいほど、そこには「公金」や「企業の金」があります。個人の金ではありません。いつかブログに書きましたが、組織は責任感をあいまいにする仕組みですので、組織に依存している人の金銭感覚は個人としての金銭感覚とは全く違います。
格差社会といいますが、倫理観においての格差も開いてきているのが、とても不安です。
壊れつつある社会と生まれつつある社会との、双方を生きることができる現代は、生きるものにとっては、実に刺激的な面白い時代かもしれません。
問題は、どちらに軸足を置くか、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/26

■告発のコストとプレゼント

耐震偽装事件の関係者が逮捕されだしました。
これほどの事件が、相変わらず「逮捕」予告に従って、しかも別件逮捕されるなどという現実に大きな違和感があります。私には茶番としか思えません。昨今の日本の防犯体制は崩壊しているのではないかと思いたくなるほどです。
要は、この分野にも責任逃れがはびこっているのでしょうか。
それは建築設計検査における責任放棄や責任逃れとつながっています。ですから、結局は、同じ穴の狢たちが犯罪を行い、犯罪を隠し、犯罪を裁いていると思えてなりません。権力は犯罪の巣窟ですから、それは当然のことかもしれませんが。
いずれにしろ、私には逮捕するほうも逮捕されるほうも、最近は同じに見えてしまいます。悪い言葉をつけば、みんな「雑魚」に見えてきます。巨悪は、その後ろで笑っているのでしょう。
まあ、しかし、そんなことを書いていると厭世気分がますます高まって、ブログをやめたくなりますし、人生もやめたくなりますので、話を換えましょう。
私が今回、考えさせられたのはイーホームズの藤田社長の逮捕とその会社の廃業決定です。
今回の偽装事件の発端は藤田さんの告発でした。雪印偽装牛肉を内部告発した西宮冷蔵の水野さんのことをどうしても思い出してしまいます。
昨夜のテレビでは、藤田さん逮捕への報道姿勢は局によってかなり違いました。
それもまた考えさせられました。
逮捕するほうもひどいですが、それを扱う報道機関もひどいものです。そしてその報道を見ている私たちもひどいのでしょう。寄って集って弱いものを蹴落とそうとしているのは、公園のホームレスを襲う高校生の姿そのものです。自らもまた、その仲間かと思うと嘔吐したい気分です。今日は仕事をする元気もなく、途中で帰宅してしまいました。こういう時に誰かに会うと、八つ当たりしかねません。はい。
それにしても告発者は冷たい目しか受けないようです。
犯罪を目撃しても、告発する人はこれからますます少なくなるでしょう。
内部告発に対する保護法ができていますが、これは保護法などとは言える代物ではなく、告発防止法のように思いますが、告発される可能性のある権力者たちがつくった法律ですから、それは当然のことです。
官のつくる法律は、あくまでも統治のためのものです。勘違いしてはいけません。

それにしても、告発のコストは高いものです。
経済的にも社会的にも、ほとんどすべてのものを失うことがほとんどかもしれません。

というのが、たぶん一般の人の発想でしょう。
昨夜、テレビで、筑紫哲也さんが藤田社長にインタビューしていましたが、筑紫さんの発想はまさにその典型でした。筑紫さんの思いが伝わってくるだけに、とても残念で、退屈なインタビューでした。

しかし、発想を変えれば、世界は変わってきます。
告発して多くのものを失った後に残るものは何なのでしょうか。
そこにこそ生きる意味と価値があるはずです。
藤田さんが、それをしっかりと手に入れることを祈っています。

少し性格は違いますが、私は47歳で会社を辞めました。
失ったものと得たものとのバランスは大きく黒字です。
人は何かを失うと、必ず何かを得るものです。
失ったものを基準に考えるのではなく、得たものを基準に考えると、世界はいつも輝いて見えてきます。
発想を変えましょう。

モバイルが壊れたために、ブログを書く時間がなくなり、それを契機にブログを休んでいましたが、藤田さんの発言に元気付けられて再開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/08

■医療制度と病院問題に関心のある方はご連絡いただけませんか

世界保健機関(WHO)が7日に公表した2006年版の世界保健報告にこんな報告があるようです(読売新聞)。

日本は平均寿命で82歳の世界最長寿国の座を堅持しながら、1000人当たりの医師数は1.98人と、192か国中、63位の中位水準にとどまった。 1位サンマリノの47・35人には遠く及ばず、OECD加盟国の中では最低クラス。同様に看護師は27位、歯科医師は同28位と、世界のトップ水準には達していない。

医療制度改革がいろいろな問題を提起していますが、こうした実態は必ずしも私たちはしっかり認識していません。
医療費の財政破綻はよく取り上げられますが、実態の理解にはマスコミはほとんど関心を払いませんし、実態を良く知っているはずの医療関係者も自ら動く人は少ないです。

医療制度問題に熱心に取り組んでいる医師の方から、こんなメールを昨日もらいました。

一概に言うとお叱りを受けるかも知れませんが、社会活動(ボランティアも含めて)等に多くの日本人はあまり積極的ではないような気がします。これは私が医療制度の活動をしていても同様で、忙しくて困っているはずの医療関係者でさえ、あまり私の活動に興味を持ってくれる人はいません。 一応日本は民主主義社会なのですから、自分がそれなりの動きをしないと何も変わらず、一部の人の都合がいいようになってしまうのが落ちなのですが。 ここにもおおいに悩んでおります。

医療制度は私たちみんなの「暮らし」に関わる問題です。
医師だけに任せていては限界があるでしょう。
そんなわけで、5月に医療制度や病院問題を考える公開フォーラムを開催したいと思っています。
協力してくださる方を募集しています。
関心のある方は私にメールをくれませんか。
またフォーラムの案内は近々、CWSコモンズでご案内しますので、ぜひご参加ください。
医療制度の改革も介護制度の改革も、いい方向に向かっているとはとても思えないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/07

■繰り返し「軍縮問題資料」のお薦め

「今月の軍縮問題資料」の特集は「憲法と私」です。
憲法学者でもこの分野でのオピニオンリーダーでもない4人の人がとてもいい寄稿をされています。
それぞれに説得力のあるメッセージです。

護憲にしろ改憲にしろ、憲法をきちんと読んで議論すべきだと思いますが、
改憲論者はもとより、私の周りの護憲論者でさえ、本当に憲法をきちんと読んでいるのか、
あるいは真摯に読もうとしているのか、の疑問を感ずることは少なくありません。

以前、平和に関するメーリングリストに、武田さんの「赤ペンを持って憲法を読もう」という本の紹介をしたら、
それだけで、憲法にけちをつけるのかと数名の方から叱られました。
とても信頼していたメーリングリストでしたので、がっかりしました。
護憲のための護憲論者は改憲論者と同じ穴の狢だと私は思うようになりました。
憲法を議論するのであれば、しっかりと読まなければいけません。

そうしたことが今月号の特集で改めて実感させられました。
巻頭の品川信良さん(セミナー「医療と社会」代表)は、各国の憲法をきちんと読まれている経験からも、
前文と第1条をきちんと読めば、その国がわかると書いています。
とても共感できます。日本憲法の第1条は何だかご存知でしょうか。

特集ではありませんが、先の横浜事件再審判決に関する内田雅敏さんの文章も皆さんに読んでもらいたい記事です。
私の法曹界不信感を少しは理解してもらえるかもしれません。

この本は年間購読料1万円です。
とてもコンパクトで内容のある雑誌です。
何回も書いてきましたが、ぜひ皆さんにも購読してほしいと思います。
次のサイトにメールすれば申し込めるはずです。
http://www.heiwa.net/

歴史を変えていくためにも、ぜひ皆さんの購読をお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/06

■世評で動く社会

一昨日、環境や技術の関係の調査分析の仕事をされている方から聞いた話です。
アスベスト問題がマスコミを賑わせていた頃、その人は死にそうなほど忙しいでした。全国から分析や調査の仕事が舞い込み、社員は寝る暇も無いほど、てんてこ舞いだったようです。分析のための機材を新たに購入した同業者もいたようです。
その時期は、私たちの会にもいつも遅れて、っしかも疲労困憊の様子で参加されていました。
ところがです。
世間の話題が耐震偽装問題に行った途端に、アスベスト関係の仕事は潮が引くようになくなってきたというのです。わざわざ高価な機材を入れて、体制をつくった会社は大変でしょうね。
まさに、世評で動く社会の現実です。
結局、何も変わらないのかも知れません。
耐震偽装にしても、また次の問題が出れば、うやむやになってしまいかねません。
問題解決はうやむやになりますが、言葉は残ります。
たとえばダイオキシン。ごみ焼却場周辺や土壌汚染関係の世界では、いまだにダイオキシンの恐ろしさは残っています。最近のごみ焼却施設のダイオキシン対策は進んでいますから、大した問題ではないように思いますが(ゴミ問題にとってはもっと大きな問題がたくさんあります)、マスコミのあおった恐ろしいイメージは、簡単な図式としてみんなの頭には残っているのです。
不安を残しながら、その不安を新たに創出していくのが最近の日本社会かもしれません。
不安を高めることは、実は産業発展の原動力なのです。その最たるもののひとつが戦争ですが、不安は市場を生み出します。あるいは消費を促進します。そして、個々人の生活は管理されていくことになるわけです。
そうならないように、私たちは自らの判断力をもっと高めなければいけません。でもどうやったら、判断力が高まるのか、難しい問題です。
なにしろ考えなければいけない問題が多すぎます。
いい案はないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/04/05

■元気をもらえた2週間

この2週間、ばたばたしていて、ブログを休んでしまいました。
その間、CWSコモンズに活動報告を書くだけで精一杯でしたが、少し余裕ができましたので、ブログも少しずつ再開します。
この2週間、住民活動・市民活動をしているたくさんの人に出会いました。マスコミに接していると未来への希望を失いそうになりますが、現場での活動を垣間見るだけでも元気は戻ってきます。各地で、本当に多彩な活動が、地道に取り組まれているのです。テレビや新聞からでは、それがなかなか見えてきません。
現場で活躍している人と話していると、キラキラするような言葉にたくさん出会います。たとえば、2日に大阪で福祉活動に取り組んでいる若者たちの柔らかなネットワーク活動をしている清田さんに会いました。彼から出てくる言葉のパワーに圧倒されました。言葉の輝き具合で、その人の生き方が見えてきます。
2つの会社の経営者とも接点を持たせてもらいました。いずれもとてもいい会社です。いい会社にはいい経営者がいます。いや、きちんとした経営者が本当の「経営」をしている会社は、決しておかしくはならないのかもしれません。
昨今の大企業は、ほぼ例外なく、品格のない経済競争に陥っていますが、しっかりした企業文化を堅持しながら、業績もまた堅持している会社があることを知って、とてもうれしい思いでした。こうした会社がしっかりと社会を支えていることもまた、テレビや新聞だけではなかなか確信がもてません。
いずれもマスコミに出てくる企業経営者とは全く違った人たちであり、会社です。そうした経営者にお会いすると元気になれます。
そうした輝いている人に、この2週間、たくさんで出会えました。
そんなわけで、時間破産ではありましたが、とても元気になれる2週間でした。
幸いなことに、時間破産のおかげでテレビを見る時間が少なかったのもよかったのかもしれません。
むかし、「元気が出るテレビ」というのがありましたが、最近のテレビは元気を削ぐことが多いです。テレビの製作現場が、きっと荒れているのでしょう。
元気がもらえた勢いで、また明日からブログを書かせてもらいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »