« ■欽ちゃんの教え | トップページ | ■管理のための教育と自立のための教育 »

2006/07/23

■長野知事選での田中康夫再選を期待します

長野県の知事選が8月6日です。
これに関してはさまざまな議論が展開されていますが、先の滋賀県知事選の結果が大きな影響を国政に与えたように、この選挙も日本の未来を左右するほどの意味があるように思います。
素直に考えれば時代の流れは間違いなく田中再選ですが、選挙は予断を許しません。
それに田中知事もファシストとまで言われるほどに敵を増やしているようですし、最近の教育行政では教育の現場との乖離も大きくしているようです。
http://w2.avis.ne.jp/~hito-art/nikki-6-7-1.htm
とても示唆に富んでいるのが共産党の動きです。
共産党はなんと「自主投票」を決めたのです。
http://w2.avis.ne.jp/~hito-art/nikki-6-7-6.htm
しかし、気を許すわけにはいきません。
さまざまな利害を複雑に絡ませている旧体制の強さは侮れないからです。
彼らは生活者に政治の利権を渡したくないと資力(死力)を尽くしてくるはずです。
1回目(滋賀)の勝利は、2回目(長野)に有利とはいえないのが政治です。

CWSコモンズで書いたように、友人が福岡市の市長選に立候補しようとしています。また来年の東京都の区議選でも2人の友人が立候補を検討しています。
ようやく普通の人たちが政治に参加しだしました。
いま起こっているのは、政治のノーマライゼーションなのです。
利権政治屋にとっては生きるか死ぬかの物語の始まりなのです。

いずれにしろ政治は大きく変わっていくでしょう。
滋賀県知事選挙はそうした時代のベクトルを顕在化しました。
今回の長野県知事選は、そのベクトルがさらに前に進められるかどうか、とても重要な選挙です。
長野県の久保田さんが投稿してくださったように、時代の流れを戻さないためにも、長野県の皆さんにはしっかりと現実を見てほしいと思います。

先日、長野の県道をバスで走ったら、道路のガードレールが材木で作られていました。
これも田中県政の快挙です。
多くの首長と違い、彼には見識があります。世界が広いのです。
投票権がないのが残念です。

|

« ■欽ちゃんの教え | トップページ | ■管理のための教育と自立のための教育 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

知事選は二人の争いになりました。誰にも頼まれていないのに新党日本を旗揚げし、住んでもいない村に住民登録。対立の構図を鮮明にした県政運営。さすがに見限りました。数年前、牟礼村で開かれた車座集会に参加しましたが、自分の主張ばかりで対話の出来ない人間性、相手を見下す態度にも疑問を持ちました。改革という姿勢に一度は共鳴しましたが、注目を集めるだけの飛躍した政策にはうんざりです。でも補助金に対する考え方や数々のアイデアは優れたものがあるのは認めます。ですから知事ではなくて国会議員にでもなっていただいて全国の自治のありかたを提言していただくというのはいかがでしょうか。それとも、どこかの市長になっていただくのもよいかもしれません。(横浜市の中田さんのように)田中さんにとって県レベルでは管理スパンが大きすぎるのではないでしょうか。
村井さんも昔の県政に後戻りするような愚は犯さないと思います。
「見限られる」っていうのは、信頼を大きく損ねられたとか、何度も失敗を繰り返しまったく反省の色がないとかの結果です。“しなやかな県政”だって、冗談じゃありません。しなやかでないのはご本人ではないでしょうか。8月6日は必ず投票所に行くつもりです。

投稿: 長野県民のブログより | 2006/07/24 13:51

コメント、ありがとうございます。
私の主張とは違いますか、とても気持ちが伝わってきます。
もしかして私も長野県民だったら同じ気持ちになっているかもしれませんね。
似たような体験を、いままさに私もしていますので。

私は田中さんとは面識がありませんが、
一度だけあるフォーラムでご一緒しました。
とてもいい印象を持ちました。

一昨日、やはり長野出身で、今も長野でNPO活動をされている人と話しましたが、その時も田中さんの話が少し出ました。
メーリングリストでも、賛否両論が流れています。

部外者が無責任に期待するのはあんまりいいことではないかもしれません。
しかし、結果がどうなるか、気になります。
またぜひコメントをしてください。

ありがとうございました。

投稿: 佐藤修 | 2006/07/26 08:52

長野県内でも、田中知事の貢献には賛否両論があります。

私は今までの政治家に欠落している理念と理念実現に向けた行動力こそ田中康夫氏のすごいところであると思います。

理念実現を目指していますから、県会議員や市町村長、労働組合や県庁職員と仲良く、なんて出来る筈がありません。それで結構、どんどんやってもらいたい。

3年前に同和団体への助成金を全額カット(27億円)したことなど田中知事の業績が、地元のマスコミの情報操作により県民に伝えられていません。

自分さえ儲かれば、借金を子供や孫に押し付けても平気な顔をしている理念なき政治家が多すぎます。良識ある長野県民の投票を期待しています。

投稿: 久保田謙三 | 2006/07/31 18:33

知事選は予断を許さないようですね。
結果が心配です。
久保田さんの前の方のご意見にもかかわらず、
私は田中さんの流れを変えてほしくないと思っています。

今日、千曲川にサケを遡上させる動きを書きましたが、
ぜひそうなってほしいです。
村井さんではだめでしょうから。

投稿: 佐藤修 | 2006/08/03 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■長野知事選での田中康夫再選を期待します:

« ■欽ちゃんの教え | トップページ | ■管理のための教育と自立のための教育 »