« ■「ここまでやって来たのに、もったいない」 | トップページ | ■「ありがとう」の気持ちは訓練の対象なのか »

2006/08/15

■終戦記念日の迎え方

終戦記念日です。
その日の最初の大ニュースが首相の靖国参拝でした。
予想していたこととはいえ、何か大切なものを汚されたような不快感が残りました。
靖国の真実は、きちんと公開されなければいけないと思いました。
「知の非対称」が人の意識を乱し、争いや戦いを起こします。

しかし、小泉首相のおかげで私は今日が終戦記念日であることを強く意識できました。
どんなことにも「良い面」はあるものです。
今日は1日、終戦記念日であることを意識してすごしたいと思います。

|

« ■「ここまでやって来たのに、もったいない」 | トップページ | ■「ありがとう」の気持ちは訓練の対象なのか »

平和時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/11443649

この記事へのトラックバック一覧です: ■終戦記念日の迎え方:

« ■「ここまでやって来たのに、もったいない」 | トップページ | ■「ありがとう」の気持ちは訓練の対象なのか »