« ■美しい国へ | トップページ | ■法律は誰のものか »

2006/09/30

■セロのマジックはマジックを越えています

テレビでセロの2時間番組をやっていました。
セロはご存知の方も多いでしょうが、話題のマジシャンです。
そのマジックはありえないとしかいえないことを実現するのです。
説明しても意味がありませんので、やめますが、
ともかく「ありえないこと」を起こすのです。
いわゆるマジックやイルージョンとは全く違います。
ありえないことを実現するのですから。
たとえば、アジの干物に水をかけて生き返らせたりしてしまうわけですが、
それを衆人の目の前で行なうのです。
セロのマジックの謎解きに挑むブログもありますが、納得できるものはありません。
以前は実に感動して見入っていましたが、
最近はとても気持ちが悪いのです。
ありえないことが起こることは、人を感動させもすれば、不快にもさせるものです。
昨日は2時間も見てしまい、全く納得できないまま終わりました。
そのため極めて不機嫌です。

美しい国へも不快ですが、
セロも不快です。
マジックもトリックが何となく推理できるようなマジックは面白いですが、
セロのような「ありえない現象を起こすマジック」はマジックとはいうべきではありません。
と思いながらも、セロのマジックは凄いです。
彼は本当に人間なのでしょうか。
セロの物質変換マジックのトリックを知っている人がいたらこっそり教えてくれませんか。
気になって仕方がありません。
はい。

|

« ■美しい国へ | トップページ | ■法律は誰のものか »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■セロのマジックはマジックを越えています:

« ■美しい国へ | トップページ | ■法律は誰のものか »