« ■人間的発展と経済的発展 | トップページ | ■古着の活用への提案 »

2006/10/05

■家電商品の無料引取り業者への不信

難しい話が続き読者の不興を買いそうなので、今日は軽い話です。
テレビとビデオデッキが不要になりました。
あまり具合もよくなかったので廃棄することにしました。
クリーンセンターに持っていくとリサイクル費用がかかるので、無料回収しますと放送しながら時々自動車で回ってくるリサイクル回収の人に頼むことにしました。
運良く先週の土曜日に無料回収の車が回ってきたので、立ち寄ってもらいました。
対象物を見るなり、それは古いので有料ですといわれました。
その態度がいかにもだったので、それでは結構ですと言ってしまいました。
お金を出せば、引き取ってくれたのでしょうが。

まあ、これだけの話なのです。
しかし後で考えたら、これもまた一種の詐欺行為ではないかと思い出しました。
最初は無料と言って声をかけさせ、実際には有料ですといえば、大体の人は面倒なのでお金を払って引き取ってもらうでしょう。
それできちんと処理されればいいですが、処理されずに不法投棄などされるかもしれません。
リサイクル費用を節約しようなどというケチな考えを持ってはいけません。

といいながら、その2つは廃棄せずに再使用することにしました。
かなり具合が悪いのですが、節約家の私としては捨てるのがもったいなくなってしまいました。

|

« ■人間的発展と経済的発展 | トップページ | ■古着の活用への提案 »

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/12136523

この記事へのトラックバック一覧です: ■家電商品の無料引取り業者への不信:

« ■人間的発展と経済的発展 | トップページ | ■古着の活用への提案 »