« ■「脆いつながりの時代」と「一方的な情報発信の時代」 | トップページ | ■猟奇的事件の過剰報道 »

2007/01/12

■不二家事件の意味:「恥の文化」から「罪の文化」へ

また企業の不祥事件です。今度は不二家が期限切れの牛乳でシュークリームを製造していたことを隠蔽したという事件です。
雪印の時と同じく、「期限切れ原料の使用」とその隠蔽と二重の意味での反社会的行為が行われたわけです。
隠蔽の理由が、「期限切れの原料使用がマスコミに発覚すれば、雪印(乳業)の二の舞いとなることは避けられない」ということだそうですが、すでに「雪印の二の舞い」をやっていることに気づかないことに驚きを感じます。
しかし、これはいまの日本社会を象徴する事件です。

「見つからなければいい」という文化が日本を覆っています。
かつて「恥の文化」だった日本社会も、いまや「罪の文化」の社会に変質してしまったのでしょうか。
そういえば、複数の閣僚の事務所経費問題が話題になっていますが、当事者である閣僚の説明を聞いていると、これもまた同じ線上にあるように思います。
最近の政治家の不祥事をみるにつけ、健全な政治家などいないのではないかと思いますが、「マスコミに発覚しなければよい」というのが、いまの日本の権力者の常識なのかもしれません。
経済界も政界も、行政の世界も、です。

どうしてこんな社会になったのでしょうか。
私が子どもの頃は、「お天道様が見ている」ということが社会の規律を維持していたように思います。それこそがソーシャル・キャピタルだったのですが、いまやみんな「罪の文化」に逃げてしまっています。
しかも、それを先導しているのが、私と同じ世代の人たちだというのが、なんとも悔しくて哀しいです。

「罪」は受動的な概念であり、「恥」は主体的な概念です。
主体性のない人たちは「積み」を基準に生き、恥には関心を示しません。
企業のコンプライアンスが責任転嫁の論理であることに気づかなければいけません。
電車の中で化粧をする無恥な女性たちと同じなのです。

|

« ■「脆いつながりの時代」と「一方的な情報発信の時代」 | トップページ | ■猟奇的事件の過剰報道 »

企業時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/13448510

この記事へのトラックバック一覧です: ■不二家事件の意味:「恥の文化」から「罪の文化」へ:

» うみ出し切れず、信頼失墜 [いつかはいいニュースが流れるように・・]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070201-00000266-jij-biz [続きを読む]

受信: 2007/02/02 15:17

» 落語家円楽さんの引退と組織幹部の謝罪に思うこと [葦の髄から]
2月25日に落語家三遊亭円楽さんが「また恥をかきたくない」と、記者会見で引退を表明されました.円楽さんの,これまでの生き様に対する誇りと,人生に対する真摯さ,を私は感じました.この引退は,ブログでも既に何人かの人が取り上げている「恥の文化」がまだ存在していることを示してくれたと思いました(http://yosaku-turinosekai.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_2f09.html, http://cws-osamu.cocolog-nifty.c..... [続きを読む]

受信: 2007/03/21 10:10

« ■「脆いつながりの時代」と「一方的な情報発信の時代」 | トップページ | ■猟奇的事件の過剰報道 »