« ■どこから考えるか | トップページ | ■不寛容の時代 »

2007/05/21

■団塊シニアの不安

団塊シニアが会社を定年で辞めだしましたが、彼らは退職後の生活に経済的不安をもっているかどうか。
今日、そんな議論をちょっとだけ、団塊世代の人としました。
リストラされずに無事定年を迎える団塊シニアは、何とかぎりぎりでバブル経済の恩恵を受けて、老後の経済的心配はないのではないかと、私は思っていました。
しかし、団塊世代である当人(大企業の役員です)は、そんなことはない、不安に感じている人が多いというのです。
皆さんはどう思われるでしょうか。

私の意見はこうです。
団塊シニアの多くは、会社人間として目いっぱい「生産活動」言い換えれば「金儲け活動」に取り組んできました。その結果、お金を稼ぐことが仕事だと考えるようになってしまったのです。
逆に言えば、お金を稼ぐことはできても、お金を使うことが出来なくなってしまったのです。

資本主義経済の発展の両輪は、生産と消費です。
男性が生産を、女性が消費を担ってきたのです。
20年前に会社を辞めてから、そうしたことを実感することが多かったです。
カルチャーセンターでも、旅行でも、百貨店でも、いつも主役は女性でした。

生産と消費はコインの裏表ですから、そのどちらも必要なのですが、あまりに役割分担が進みすぎて、生産生活を続けてきた男性たちは、お金を使うという発想がなくなったのです。
お金を稼ぐことは、彼らにとって、生きている証になってしまったのかもしれません。
ですから、お金が稼げなくなると自らのアイデンティティが否定されるような気がするのかもしれません。
つまり、経済的不安ではなくて、自己否定される不安なのです。
よく、私は年金生活者だからという人がいます。
あれもまた、稼ぐことしか発想できない男性の哀しさを象徴しています。

団塊シニアが不安に思っているのは、お金が稼げなくなることではなくて、お金の使い方がわからないことなのではないか。そんな気がしてなりません。
お金を稼ぐ点では女性に負けなかった男性たちも、お金を使う点では女性には勝てないでしょう。
したがって、家庭での主導権は女性に移るのです。
その先には熟年離婚が待っています。
稼ぐことでしか居場所がなかった男性たちの冬の季節が始まるのかもしれません。

そうならないために、みなさん、お金を稼ぐことの虚しさに早く気づきましょう。
お金は稼ぐためにあるのではなく、暮らすためにあるのです。

みなさん、もし6億円が当たったら、きちんと使うことが出来ますか。
まさか「貯金する」などという馬鹿なことは考えないでしょうね。
貯金するくらいなら、6億円は当たる必要はないのです。
そう思いませんか。

|

« ■どこから考えるか | トップページ | ■不寛容の時代 »

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/15155115

この記事へのトラックバック一覧です: ■団塊シニアの不安:

» 団塊の世代の経済 [団塊の世代の経済 ]
団塊の世代のお金これから団塊マーケットを作っていく主役は生産者、なり販売者ではなく、消費者であり購買者である団塊世代の人たちです。また、定年後の世界に入る時、これだけ歓迎されている世代は今までになかったしこれからもないだろうと思えます。堺屋太一(さかいやたいち)さんは、21世紀始めの時代は団塊世代が作ると予言しています。 「黄金の10年」の始まりだと言うこと、だから市場の消費者として歓迎されているというのは「財布を狙っているんだよ」と考えて身構える人もいるかもしれま...... [続きを読む]

受信: 2007/05/27 23:47

» 団塊シニアの希望の未来 [団塊シニアの希望の未来 ]
団塊世代の未来、黄金の十年到来一般的に人口ピラミッドの変化から、日本は急速な高齢化に直面し、大きな不安にとりつかれています。1990年には現役サラリーマン6人で1人の老齢年金受給者を支えていたのが、2020年には2.5人で1人を支えなければならなくなります。一人暮らしの高齢者が増えて、介護のための社会的負担が増大し、若年層の減少によって企業活力が衰退し、日本経済力が弱くなるとも予想されます。どれ一つとってみても、明るい予測はなされてませんし、多くの人々は日本の将来に希望を持つ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/30 22:48

» 熟年離婚の2007年問題 [熟年離婚 熟年夫婦が知らない真実]
熟年夫婦が年金制度改革に影響を受け熟年離婚?? 2007年4月から新たな年金制度... [続きを読む]

受信: 2007/06/01 10:51

» 団塊シニア 好縁社会 堺屋太一さんのキーワード [団塊シニア 好縁社会 堺屋太一さんのキーワード ]
団塊シニアの次の時代 「好縁社会」堺屋太一さんの言葉団塊への言葉、縁が職縁(会社の縁)から同じ趣味や同好の縁へ変わる「知(情報)血と水を上回るか」血縁社会から地縁社会(水)はもうない家族が、特に親が子供に影響を与えられる時代が去っ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/07 00:58

» 団塊の未来 経済と文化社会を作る [団塊の未来 経済と文化社会を作る ]
団塊が未来を作る、堺屋太一の予言「団塊世代が日本のイニシアチブを徐々にとり始めたのは1970年代から1990年代だろう。 この連中は自分達で、高度経済成長をささえたと、ほざいているが、実際にはウソ八百。 昭和30年代の高度経済成長を支えたのは明治・大正時代に生まれた戦中世代であり、団塊世代が20歳を迎えた1970年はテロが吹き荒れていた。 赤軍派、革マル・・・全共闘世代…つまり、平和な時代に無差別殺戮を行い、反社会テロを次々と起こしてたのはこの団塊世代だ。 さらに80年代には...... [続きを読む]

受信: 2007/06/07 23:06

» 団塊シニアのお金の使い方 [団塊シニアのお金の使い方 ]
団塊シニアお金の使い方これから団塊マーケットを作っていく主役は生産者、なり販売者ではなく、消費者であり購買者である団塊シニアの人たちです。また、定年後の世界に入る時、これだけ歓迎されている世代は今までになかったしこれからもないだろうと思えます。堺屋太一さんは、21世紀始めの時代は団塊シニアが作ると予言しています。 団塊シニア「黄金の10年」の始まりだと言うこと、だから市場の消費者として歓迎されているというのは「財布を狙っているんだよ」と考えて身構える人もいるかもしれ...... [続きを読む]

受信: 2007/06/09 23:45

» シニアの旅行、シニア世代の贅沢 [シニアの旅行、シニア世代の贅沢 ]
シニア世代の旅行感 シニアは何に満足するか堺屋太一さんの「高齢化大好機」によるシニアの旅行意識は、各世代が持つ贅沢感の違いにあるといいますこの分類によると、高齢者は自我が通せて気ままに振舞い、自分だけの満足感を大切にする...... [続きを読む]

受信: 2007/06/19 19:27

« ■どこから考えるか | トップページ | ■不寛容の時代 »