« ■ミートホープ従業員解雇と社会保険庁ボーナス自主返上 | トップページ | ■分かち合う文化の復活 »

2007/06/27

■ミートホープと光市母子殺害事件弁護団

ミートホープ詐欺事件光市母子殺害事件への弁護団介入
この2つの事件はまさに今の時代の病根を示唆しているように思います。

ミートホープの田中社長が、食肉業界では同じようなことが他社でも行っていることを示唆する発言をしたと報道されていますが、そう考えてもおかしくないように思います。
農水省も道庁も、ほかの事例を知っているような気もします。
そうでなければ1年前の関係者の報告を拒否したり無視したりすることはないでしょう。
耐震偽装事件と同じく、これは「みんなでやった事件」かもしれません。
ミートホープ社は極端すぎただけかもしれません。

いま信頼を失っているのは、ミートホープ社だけではなく食肉加工業すべてです。
食肉加工業がもっと自分たちの仕事に誇りを持っていたら、自分たちでこのような事件を起こす企業を監視し事件を防止できたはずです。
いやそうしなければいけません。

同じことは弁護士にも言えます。
今日の光市母子殺害事件の公判の被告人質問の報道を見ていると、弁護士という資格への信頼感が大きく揺らぐような気がしました。
これは21人の弁護士たちの問題ではなく、弁護士という資格の信頼性、さらには裁判への信頼性の問題ではないかと思います。
この裁判はいったい何なのでしょうか。
そう思っている弁護士はいないのでしょうか。
弁護士や法曹界の仲間主義がもしあるとすれば、残念なことです。

自らが信頼性を維持できないような資格は、たとえ権力がお墨付きを与えても、決して本当の信頼性は保てないでしょう。
弁護士仲間から何の動きも出ないことが残念です。
日本の法曹界もまた、政治と同じく、正義を忘れてしまったように思います。

弁護士が事実を捏造することは犯罪です。
せっかく築きあげてきた裁判制度への冒涜は許されることではありません。
政治家やジャーナリストによる「事実の捏造」も許しがたいことではありますが。

|

« ■ミートホープ従業員解雇と社会保険庁ボーナス自主返上 | トップページ | ■分かち合う文化の復活 »

企業時評」カテゴリの記事

司法時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/15576073

この記事へのトラックバック一覧です: ■ミートホープと光市母子殺害事件弁護団:

» 光市母子殺害事件裁判(弁護団を精神鑑定したら!!) [JJ雑記]
光市母子殺害事件の裁判ですが、相変わらず弁護団の弁護は醜いですね。 「甘えの気持 [続きを読む]

受信: 2007/07/01 10:06

» 光市母子殺害事件の弁護団 [永遠の旅行者〜より良き仕事を求める旅]
光市母子殺害事件の弁護団が色々と批判されているが、この弁護団のうちの一人が知人であったことを先日知った。 [続きを読む]

受信: 2007/07/13 00:01

« ■ミートホープ従業員解雇と社会保険庁ボーナス自主返上 | トップページ | ■分かち合う文化の復活 »