« ■節子への挽歌24:夫婦が一緒に歩いているのを見ると嫉妬してしまいます | トップページ | ■節子への挽歌25:節子と抱き合えないことがまだ実感できません »

2007/09/28

■テロ特措法とミャンマー軍事政権

ミャンマーの反政府デモはますます暴力的になり、死者が増えています。
この対立図式は、昨日書いたように、「やつら」と「大衆」に象徴されるような、権力と生活です。
テロ特措法の必要性が福田政権から「当然」のように語られます。
テロ特措法の根底にある構造図式もまた、「権力 vs 生活」のように思います。
短期的なテロと違って、これほどの長さと広がりを持つテロは、必ずその背景に「生活」があります。
パレスチナもアイルランドもそうでしょう。
生活を基盤にした反政府活動はテロと言えるでしょうか。
生活の基盤に立って考えれば、ミャンマーのデモ鎮圧こそ、テロ行為に感じられます。
同じように米国のイラク侵攻はテロ行為かもしれません。
テロは自爆や乱射のような直接的な暴力行為に限定されるわけではありません。
9.11事件の前の世界企業による生活の圧迫の手段はさまざまな形をとって行われたはずです。
追い詰められて僧侶が立ち上がった。
追い詰められて自爆者が立ち上がった。
共通点があります。
日本では年収200万円に満たない人が1000万人になりました。
テロ特措法の対象は、もしかしたら日本社会にも向けられているのかもしれません。

想像力が求められる時代です。
ミャンマーの軍事政権はまもなく崩壊するでしょうが、テロ特措法の発想は、ミャンマー軍事政権のやり方と同じだと私は思います。
テロなどという言葉で簡単に考えるべきことではありません。

格差図式のフラクタルな展開、ここに問題があるように思います。

|

« ■節子への挽歌24:夫婦が一緒に歩いているのを見ると嫉妬してしまいます | トップページ | ■節子への挽歌25:節子と抱き合えないことがまだ実感できません »

平和時評」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/16596355

この記事へのトラックバック一覧です: ■テロ特措法とミャンマー軍事政権:

» アメリカ同時多発テロ事件(911)はアメリカの自作自演だった [裏 ジャーナル]
(※ここでいうアメリカとは、アメリカ政府に寄生する「闇の権力」の存在のことです。アメリカそのものを非難するものではありませんのでご注意下さい。「闇の権力」については後述します)2001年9月11日、ニューヨークに崩れ落ちる世界貿易センター(WTC)・・・その直後、私たちは何度も飛行機が世界貿易センタービルにつっこむ映像を目にしました。あの映像を、「1機目の飛行機が突っ込んだ映像�... [続きを読む]

受信: 2007/09/28 16:21

« ■節子への挽歌24:夫婦が一緒に歩いているのを見ると嫉妬してしまいます | トップページ | ■節子への挽歌25:節子と抱き合えないことがまだ実感できません »