« ■節子への挽歌135:やはり元気を与えてくれるには仕事なのでしょうか | トップページ | ■節子への挽歌136:仕事を再開しようと思います »

2008/01/15

■「バレンボイム氏にパレスチナ市民権」

今日の朝日新聞の夕刊に、「バレンボイム氏にパレスチナ市民権」と言う記事が出ていました。

バレンボイムはイスラエル国籍のユダヤ人で、
アラブ人とイスラエル人の混成オーケストラを結成し、
危険を冒して実現した、感動的なラマラのコンサートが有名です。
その時の選曲が、ヒトラーが愛好したワグナーの作品だったことも話題でした。
私はエジプト在住の中野さんから教えてもらいました。
以前、このブログでも紹介しましたが、その記録のDVDは何回観ても涙が出ます。

そのバレンボイムが、パレスチナ自治政府から名誉の「市民権」が贈られたのです。
バレンボイムは、

「イスラエルとパレスチナの人々の運命はつながっている。
私が市民権を得られるのは、共存が可能だということを示している」
と述べたそうですが、とてもうれしいニュースです。
イラクもアフガンも、パレスチナも、いやなニュースが続いていますが、こうしたニュースもあるのです。

平和は戦いからは生まれません。
時に闘うことは必要でしょうが、武力で平和は得られないでしょう。
テロ特措法の呪縛から抜け出ることが必要だとつくづく思います。
パレスチナ市民権という仕組みも、問題がないわけではないでしょうが、
カントが提唱したように、みんなが世界市民意識を持てば、
国家間の戦争の呪縛から抜け出せるかもしれません。

久しぶりにうれしいニュースに出会えました。
音楽は武力に勝るパワーを持っていますね。

|

« ■節子への挽歌135:やはり元気を与えてくれるには仕事なのでしょうか | トップページ | ■節子への挽歌136:仕事を再開しようと思います »

平和時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/17706174

この記事へのトラックバック一覧です: ■「バレンボイム氏にパレスチナ市民権」:

« ■節子への挽歌135:やはり元気を与えてくれるには仕事なのでしょうか | トップページ | ■節子への挽歌136:仕事を再開しようと思います »