« ■警察民営化も進むのでしょうか | トップページ | ■生活を支える経済から生活を壊す経済へ »

2008/01/23

■節子への挽歌143:また挽歌が届きました

節子
先日電話をくれたNKさんが挽歌を送ってきてくれました。
私が書けないでいるうちに、他の人がどんどん書いてくれますね。
プレッシャーですね。

Nさんは、「さとうせつこ」を頭にして、詠んでくれました
Photo_2
さ : さわやかな笑顔で、友を、もてなし
と : 東大寺から、ともに白髪が、生えるまで
う : 嬉しさや、悲しみを、乗り越えて
せ : 世界一の、伴侶として、母として、生き切った
つ : 連れ添いし、四十一年、追想に、耽れば
こ : 娘にも恵まれ、心豊かに、手賀沼に咲く、オンリーワンの、花となる「手賀沼に咲くオンリーワンの花」
花好きの節子には、これほどの賛辞はありませんね。
もし節子が元気だったら、どう受け止めるでしょうか。
恥ずかしいから載せないでと言うでしょうが、紹介してしまいました。

NKさんは、柳澤桂子さんのベストセラー「生きて死ぬ智慧」の一節を書いてきてくれました。
般若心経の解釈の一文です。

人間は粒子でできていて、宇宙の粒子と一続きになっている。
何の実体のない「空」になる智慧を身につければ、
永遠のいのちに目覚め、幸せに生きられる。
納得できますね。
問題は、私が幸せには今や興味を感じていないことです。
しかし、こうして友人たちが励ましてくれることこそ、幸せそのものなのでしょうね。
そういえば、TFさんも、佐藤さんは幸せなのをわかっていますか、
と手紙に書いてきましたが、よくわかっています。

みなさんに心から感謝しているのです。
もちろん節子にも、ですよ。

|

« ■警察民営化も進むのでしょうか | トップページ | ■生活を支える経済から生活を壊す経済へ »

妻への挽歌01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌143:また挽歌が届きました:

« ■警察民営化も進むのでしょうか | トップページ | ■生活を支える経済から生活を壊す経済へ »