« ■節子への挽歌168:「城山を考える会」の横田さん | トップページ | ■節子への挽歌169:生命を所有していた節子、身体を所有していた節子 »

2008/02/18

■「人の距離が近くなるほど言えなくなる」

情報に関する記事に関して、こんなコメントをもらいました。
現場で見事な活動を長年されている方からです。
一部だけですので、真意は十分に伝わらないかもしれませんが、引用させてもらいます

。「情報構造が大きく変わってきている」のでしょうか?
本当に、「情報力が一番大きくなるのは現場」なのでしょうか?
そう思って、やってきたのです。
でも、現場は、国や自治体の無策や詐欺行為に翻弄されて、あまりにも“疲れ果てさせられている”ような気がします。
それが現実だと私も思います。
その疲労感に対して、元気を与えるコメントができないのが残念です。
でも、それにも関わらず、この方はめげずに活動を進めています。
前に進むしかない、たぶん方策はないのです。

同じ方から、以前、もらっていた話も紹介させてもらいます。
現場の疲労観がさらにわかってもらえると思います。
この方は、ある市の介護関係の委員会の委もされています。会

議の都度に、自分の声が、段々大きくなっていくのがわかります。
…でも、あんまりなんです。
霞ヶ関の、雲しか見えない部屋で議論している「介護」から、面つき合わせて相対している私達とでは、かなり「言葉」が異なります。
だって、「銭が無いからゴメンな!」という言葉は、人の距離が近くなるほど言えなくなるのですから。
「あぁ、そうね! 見捨てられん! じゃぁ、ボランティアでやらんね!」と、
平然として言える感覚は、少なくとも現場にはありません。
「人の距離が近くなるほど言えなくなる」
現場に足を踏み入れた人でなければ、実感できないことなのかもしれません。
私たちにいま必要なのは、「人の距離」をなくしていくことなのかもしれません。

|

« ■節子への挽歌168:「城山を考える会」の横田さん | トップページ | ■節子への挽歌169:生命を所有していた節子、身体を所有していた節子 »

社会時評」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■「人の距離が近くなるほど言えなくなる」:

« ■節子への挽歌168:「城山を考える会」の横田さん | トップページ | ■節子への挽歌169:生命を所有していた節子、身体を所有していた節子 »