« ■節子への挽歌181:足がすくむ思い | トップページ | ■道路が必要なのか、道路工事が必要なのか »

2008/03/02

■節子への挽歌182:河津桜が咲き出しました

庭の桜が咲き出しました。
節子と一緒に河津に行った時に買ってきた桜です。
もう3年前になります。
あの時のあなたは、私よりも元気でした。
節子は治ると確信できていたころでした。
むしろ私を気遣ってくれていた節子のことを思うとまた心が痛みます。

今年は昨年よりも開花が半月ほど遅れました。
節子がいないせいでしょうか。
数日前から急にあたたかくなり、庭の花々も咲き出しました。
娘がとてもよく手入れをしてくれています。
庭で手入れをしている娘を見ると、その横に節子がいるような気がします。
あたたかな陽だまりのなかに、いつも節子がいましたから。

各地で桜が咲き出しますが、桜には節子の思い出が重なりすぎていますので、
今年は見に行けないかもしれません。
そんなことでどうするのか、といわれそうですが、
節子のいない春は、私には違う世界の春でしかありません。

今年の桜は、私にとっては、この河津桜1本になりそうです。

|

« ■節子への挽歌181:足がすくむ思い | トップページ | ■道路が必要なのか、道路工事が必要なのか »

妻への挽歌01」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌182:河津桜が咲き出しました:

« ■節子への挽歌181:足がすくむ思い | トップページ | ■道路が必要なのか、道路工事が必要なのか »