« ■節子への挽歌262:節子が残した生活文化 | トップページ | ■節子への挽歌263:花かご会のみなさんが駅前を飾っていた花を節子に持ってきてくれました »

2008/05/21

■経済の交換行為と生活の交換行為

昨日、金融権力に関して書きましたが、そこに、
「カネがカネを生むシステム」がはびこる世界には生きたくない
と書きました。
ではどんな世界に住みたいか、です。

私が住みたいのは、お金を経由しない「物々交換」や「事々交換」の世界です。
それに関しては、その前日に、挽歌編のほうに書いていたのを思い出しました。
そこで書いたように、
お金を使った交換はそこで終わりますが、お金を使わない交換はそこから始まります。
経済の交換行為と生活の交換行為とは全く違うのです。

「交換」は実に面白い行為ですが、私には手におえないほど、深い世界です。
金銭を媒介にした交換は、基本的には「等価交換」であり、そこで完結してしまいます。
本来、「生きる」とは外部との交換行為のことですが、そこでの「交換」は決して完結することはありません。
つまり、生活における交換行為は継続的な行為なのです。
そこでは「交換」は意図されていないとしても、結果的には交換的な展開につながっているのです。
時にその交換が現世を超える場合もあるでしょうが、生命的な次元で考えれば必ずつながっています。
その「交換」は、始まりも終わりも明確ではなく、際限もありませんから、損得という概念から自由です。
いうまでもなく「等価交換」ではありません。
さらにいえば、「交換」は手段的行為ではなく、目的的な行為なのです。
金銭的交換の世界にはgive and take という言葉がありますが、そもそもgive and take という発想すらないように思います。giveという発想がないからです。

生命的な交換に立脚した「経世済民」の経済システムの精神は、まだきっと日本にも残っています。
それを大切にしていきたいと思っています。

|

« ■節子への挽歌262:節子が残した生活文化 | トップページ | ■節子への挽歌263:花かご会のみなさんが駅前を飾っていた花を節子に持ってきてくれました »

生き方の話」カテゴリの記事

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/41266596

この記事へのトラックバック一覧です: ■経済の交換行為と生活の交換行為:

« ■節子への挽歌262:節子が残した生活文化 | トップページ | ■節子への挽歌263:花かご会のみなさんが駅前を飾っていた花を節子に持ってきてくれました »