« ■怒りの矛先がわからないための無差別殺人 | トップページ | ■節子への挽歌282:節子に会社の経理を押し付けていたことを反省しました »

2008/06/10

■地産地消と地消地産

地産地消から地消地産への動きが広がっているようです。
この2つは似ているようで、発想の基盤は全く違うように思います。

地産地消は、「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味ですが、地消地産は「地元で消費する農産物は地元で生産する」という意味です。
地産地消の動きの中で、いち早く地消地産を打ち出した中山間地域の富山県氷見市では、2003年に「地消地産推進協議会」を創設し、単に地元で生産したものを地元で消費するだけでなく、「地域の需要動向を把握しながら、それに見合った生産計画をたて、安定的な生産体制を構築する」という「地消地産」活動に取り組んでいます。
地産地消に比べて、地消地産は「攻めの農政」とも言われているようで、他の地域にも広がっているようです。

両者の違いは、しかし、理念の違いのような気がします。
地産地消が生産を起点に発想しているのに対し、地消地産は消費を発想の出発点にしています。
前者は「農業パラダイム」であり、後者は「工業パラダイム」といってもいいでしょう。
あるいは前者は生態型経済ですが、後者は成長型経済です。
言葉は似ていますが、発想のベクトルや理念は正反対といえるかもしれません。

地産地消は自給型経済に価値があるわけではありません。
そこにはもっとたくさんの価値や意味が含意されています。
そうした価値を、経済的価値と同じ次元で考えてしまうと、地産地消から地消地産へという動きに向かってしまうことになるでしょう。
今求められているのは、消費のための「生産のあり方」ではなく、持続可能な社会のための「消費のあり方」なのです。
そのことを忘れた食育や農業政策は、新しいように見えて、これまでのものとなんら変わらないような気がします。

消費のために温室トマトを作ることの問題を思い出さなければいけません。

|

« ■怒りの矛先がわからないための無差別殺人 | トップページ | ■節子への挽歌282:節子に会社の経理を押し付けていたことを反省しました »

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/41492239

この記事へのトラックバック一覧です: ■地産地消と地消地産:

« ■怒りの矛先がわからないための無差別殺人 | トップページ | ■節子への挽歌282:節子に会社の経理を押し付けていたことを反省しました »