« ■節子への挽歌359:立ち直りのための3年間 | トップページ | ■自分の関心事以外にも目を向けたら世界は豊かになります »

2008/08/27

■節子への挽歌360:1年も一日も休まずメソメソしていたとは、節子さんも幸せ者

挽歌164(「小さくて不要になったものを送ってください」)に出てきたYTさんからメールが来ました。
久しぶりに送った私からの手紙が届いたようです。
こう書かれていました。

手紙が届きました。
形見に頂いたリンゴのオルゴール、いつも机の隅に置いていますが、
久々にメロディーを聴いて、そのすぐ後に届いたので更に驚きました。
YTさんに私が送った「小さくて不要になったもの」は、
節子のコレクションだったリンゴの置物の中から選んだ小さなオルゴールだったのです。
YTさんのお心遣いに合わせて、それを送らせてもらっていました。
そのオルゴールが、きっと私からの手紙(実際には節子からの手紙でもあったのですが)の届くことを伝えてくれたのです。
節子もたまには気がききます。

YTさんは、それに続けてこう書いています。

もう、1年経ちますか? 
その間、旦那は一日も休まずメソメソしていたとは、節子さんも幸せ者ですね。
ずっとそうしていてください。
メソメソなどしていないつもりですが、どうしてもそう感じさせるのでしょうね。
元気な私を彼に見せなければいけません。
秋になったら会いに行きましょう。
彼は大阪在住なので、ちょっと気は重いのですが。
私は東海道新幹線が、どうも好きになれないのです。
節子とあまりにも何回も乗りましたので。
あっ! やっぱりメソメソしていますかね。

|

« ■節子への挽歌359:立ち直りのための3年間 | トップページ | ■自分の関心事以外にも目を向けたら世界は豊かになります »

妻への挽歌02」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/42258331

この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌360:1年も一日も休まずメソメソしていたとは、節子さんも幸せ者:

« ■節子への挽歌359:立ち直りのための3年間 | トップページ | ■自分の関心事以外にも目を向けたら世界は豊かになります »