« ■節子への挽歌431:新しい出会い | トップページ | ■節子への挽歌432:心配りする人のいないさびしさ »

2008/11/05

■借金の本質とは「増やして返す」こと

音楽プロデューサーの小室哲哉さんの逮捕には驚きました。
この世界に詳しい人には意外でもなんでもないのでしょうが、100億円を超える資産家が預金残高1万円に満たない状況にまでなってしまうことを知り、改めてお金の恐ろしさを知りました。
それにしても、なぜこれだけの資産を持ちながら、あっという間にこんな状況になってしまうのか。
たぶん100億円の資産家だからこそ起こった話なのでしょう。

「借金の本質とは「増やして返す」ことだ」と喝破してくれたのは、『「お金」崩壊』を書いた青木秀和さんです。
机の横に積んでいる本の1冊だったのですが、小室哲哉逮捕のニュースを見て、なんとなく読む気になりました。
とても頭が整理されました。
もっと早く読んでおけばよかったと思います。

ブログに書いておきながら、私は「公的資金」の意味を理解していませんでした。
税金だと思っていましたが、青木さんはこういいます。

「公的資金」とは、つまりは、私たちの貯蓄のことである。
公的資金による資本注入とは、「貯蓄の資本化」にほかならかったことになる。

実に明解です。
私は「お金がお金を産むこと」が全く理解できないでいましたが、青木さんは同書でこう書いています。

私たちは、これまで金利圧力の存在を軽視しすぎてきたのではないか。資産が自動的に増えるということは、負債も自動的に増えることを意味する。お金を借りて返さなければ、負債は自動的に積み増されていく。お金をうまく返せなくなると、途端に金利圧力が襲ってくる。それはやがて、人間関係や日常生活、果ては人格まで破壊しかねない。

まさに今回の小室さんの事例そのものかもしれません。
お金はお金を産むものではなく、負債を創りだすための仕組みだったことにやっと気づきました。
目からうろこが落ちた感じです。
それを拡げて展開しているのがグローバリゼーションです。
金融工学の原理の始まりは銀行だったこともわかりました。

少し難しい内容ですが、新書ですので、気楽に読めます。
ぜひ多くの人に読んでほしい本です。
特に、貯金のある人はぜひ読まれるといいです。

本書の最後に紹介されている、英国の化学者フレデリック・ソディ(1921年のノーベル賞受賞者)の言葉、「貨幣や信用は、富であるというよりは、むしろ負債である」がとても意味深いです。

アメリカではオバマが勝ちました。
世界が「チェンジ」するのでしょうか。
この本をオバマさんにも読んでほしいと思いました。

|

« ■節子への挽歌431:新しい出会い | トップページ | ■節子への挽歌432:心配りする人のいないさびしさ »

経済時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/43020183

この記事へのトラックバック一覧です: ■借金の本質とは「増やして返す」こと:

« ■節子への挽歌431:新しい出会い | トップページ | ■節子への挽歌432:心配りする人のいないさびしさ »