« ■節子への挽歌462:これまでに取り組んできた活動の資料を捨てることにしました | トップページ | ■節子への挽歌463:「人は愛する何かを失う度に、自分の一部を失う」〔挽歌編〕 »

2008/12/06

■「お金がなくても暮らせる生き方」を目指して宝くじを買う中途半端さ

ある集まりで、「お金がなくても暮らせる生き方を目指したい」と言ったら、ある人からうらやましがられました。
「目指したい」というくらいですから、今の私はそうではないのですが、彼はとても感心してくれました。
このブログでも、「お金」関係の記事は少なくありません。
たとえば、次のようなのがあります。

■お金はあったほうがいいのか 08/09/25
■「お金がないと生きていけない」と「お金がなくても生きていける」とどちらが「たわごと」だと思いますか08/09/23
■支え合いの文化があればお金などなくても生きられるはず 08/09/21
■お金を基準にした社会から抜け出せないものでしょうか 08/07/24
■お金がなければ活動ができないNPO 08/04/06
■お金で豊かさを買うのではなく、豊かさでお金を買う社会 2007/02/28
■お金と幸せの反比例 2006/10/12
■つながりを壊すお金とつながりを育てるお金 2006/06/14
■お金がお金を生み出すことへの疑義  2005.07.07
■お金がお金を生む経済の不思議さ  2004.12.22

何回も同じようなことを書いているのですが、それだけ私が「お金」にこだわっていることを物語っているのかもしれません。
なかなか「お金」からは抜けでられません。

実は今回もついふらふらと「宝くじ」を買ってしまいました。
今年は年初に買った宝くじが3000円当たりました。
ですから、もしかしたら年末には3億円が当たるかもしれません。
「お金がなくても暮らせる生き方」を目指す人間としては、許しがたい行為です。
でも3億円あれば、周りの人たちにいろいろと役立てることも事実です。
言行不一致ではないかと怒られそうですが、そこがまだ悟りきれていない者の弱さなのです。
困ったものです。

宝くじが当たったら、私の生き方はどう変るでしょうか。
それにとても興味があります。
やはり当たらない方がいいでしょうか。
しかし、3億円当たれば、たぶんお金のことなど気にせずに、気になっているに取り組むことができるようになるでしょう。
そういう暮らし方と、私が目指している「お金がなくても暮らせる生き方」とはどこが違うのでしょうか。

さてどちらを選ぶべきでしょうか。
宝くじを焼却すべきか、もう1組追加で買うか。
悩み多き凡人としては悩みます。

|

« ■節子への挽歌462:これまでに取り組んできた活動の資料を捨てることにしました | トップページ | ■節子への挽歌463:「人は愛する何かを失う度に、自分の一部を失う」〔挽歌編〕 »

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/43318850

この記事へのトラックバック一覧です: ■「お金がなくても暮らせる生き方」を目指して宝くじを買う中途半端さ:

« ■節子への挽歌462:これまでに取り組んできた活動の資料を捨てることにしました | トップページ | ■節子への挽歌463:「人は愛する何かを失う度に、自分の一部を失う」〔挽歌編〕 »