« ■節子への挽歌680:「心のリレーを実現するノート」 | トップページ | ■解散予告宣言 »

2009/07/13

■都議選結果から感ずる不安

都議選は、めずらしく私の予想と同じ結果になりました。
もっとも、「政権交代」という単細胞的な呼びかけに応じた思考停止の都民が多かっただけではないかと思わないこともありません。
もしそうならば、小泉郵政選挙とそう変わらないのかもしれません。
しかし、郵政民営化と違い、政権交代は、それ自体に大きな意味がありますから、それが争点になったのは悪いことではありません。
でもなにかすっきりしません。

私がとても残念なのは、民主党以外の野党が後退したことです。
つまり、都議会までもが二大政党体制を受け容れてしまったことの不安です。
最近の社会状況を考えれば、二大政党以外の小政党、とくに共産党への投票がもっと増えるのではないかという期待はありました。
しかし、忙しくてニュースも新聞も見ない人がどれほど多いかを最近思い知らされていますので、その期待は裏切られるとは思っていました。
いまや、ただ馬車馬のように働き、馬車馬のように遊ぶ人が社会の中心を占めているような気がします。
みんなまじめに政治のことなど考えていないのです。
話していて、よくわかります。
日本にはそもそも「民主政治の基盤」がないのかもしれません。

私は政権交替を望んでいますが、それは現状を打破するためです。
政権から犯罪者を追い払うためです。
しかし、二大政党の体制では、民主主義は実現されるはずもありません。
所詮は、同じような体質の大政党が、政権を私物化して、やったりとったりするのが二大政党だからです。
そうならないようにするには、多様性のある議会を育てなければいけません。
少数野党がいなくなれば、大きな意味での独裁体制が完成します。
それが今のアメリカです。

今回の都議選は、私には恐ろしい未来を感じさせます。
地域主権など、すっ飛んでしまうほどの不安です.
民主党が圧勝したのは歓迎ですが、その向こうにある、暗い未来を感じます。

言葉足らずになっていますが、改めて少しずつ敷衍するようにしたいと思います。

|

« ■節子への挽歌680:「心のリレーを実現するノート」 | トップページ | ■解散予告宣言 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

都議選挙についての、お考え、100%「全く同感」いたします。
そして、やはり、なんとも恐ろしい未来を感じています。
民主党が増えたとて、小泉911郵政選挙のやきなおし。
アメリカ・日本の財界・政界が狙った、無意味な二大政党政権交代にまっしぐら。
全く、日本人は変わらないようです。
こうしたコメントを書くより、下記の関連記事トラックバックをさせていただきたいのですが。
ご関心のないトラックバック記事は受け付けない方針でおられるようなので、あえて書き込ませていただきました。
不要コメントと思われたら、即座に削除ください。
二都物語:テヘランとテグシガルパ
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2009/07/post-b649.html

投稿: goose | 2009/07/14 17:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/45620181

この記事へのトラックバック一覧です: ■都議選結果から感ずる不安:

» 二都物語:テヘランとテグシガルパ [マスコミに載らない海外記事]
Barry Grey 2009年7月9日 WSWS テヘランで、アメリカに支援された、敗北した大統領候補が呼びかけた抗議デモについては、アメリカのマスコミによっ [続きを読む]

受信: 2009/07/14 20:41

« ■節子への挽歌680:「心のリレーを実現するノート」 | トップページ | ■解散予告宣言 »