« ■節子への挽歌781:「生きている関係性」が止まってしまった | トップページ | ■節子への挽歌782:「抜け出るべきか、留まるべきか、それが問題だ」 »

2009/10/22

■「元官僚という意識ない」

朝書いた政治時評の蛇足的補足です。
朝読んだ新聞のトップ記事の見出しがどうにも忘れられないのです。「

元官僚という意識ない」斎藤・次期郵政社長が会見
朝はぐっと我慢して、言及しなかったのですが、やはり書くことにしました。
蛇足ではあるのですが。

この言葉は斎藤さんの人物を象徴しています。
私の判断では彩父さんは次のいずれかです。

「嘘を平気でつく人」
「認知症が始まった人」
「官僚の仕事をやっていなかった無責任な人」

さてどれでしょうか。
いずれにしろこの人は信頼できません。
しかしどうしてこういう人ばかりが偉くなるのでしょうかね。
一度でいいから真面目に働けといいたいです。

|

« ■節子への挽歌781:「生きている関係性」が止まってしまった | トップページ | ■節子への挽歌782:「抜け出るべきか、留まるべきか、それが問題だ」 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/46553972

この記事へのトラックバック一覧です: ■「元官僚という意識ない」:

« ■節子への挽歌781:「生きている関係性」が止まってしまった | トップページ | ■節子への挽歌782:「抜け出るべきか、留まるべきか、それが問題だ」 »