« ■節子への挽歌765:今日は書きなぐりです | トップページ | ■節子への挽歌767:荒ぶる心のバランサー »

2009/10/07

■節子への挽歌766:「死んだらあかん、死なせたらあかん」

節子
昨日に続いて、東尋坊の茂さんたちと一緒に、自殺が多発する場所を回っていますが、今日は青木が原樹海に行きました。
ここではいま、山梨県の渡邊さんを中心にして、「自殺の場所」から「元気をもらう場所」に転換しようという取り組みを進めています。
私たちが取り組んでいる自殺のない社会づくりネットワークと方向は同じです、
渡邊さんには半年前にもお会いしましたが、順調に進んでいるようです。

ところで、東尋坊の茂さんがいつもいうのは、次のような言葉です。

死んだらあかん、周りの人がどんなに辛い思いをするか。
死なせたらあかん、死に向かっている人を放っておくのは不作為の犯罪だ。
実は、茂さんのこうした言葉は、節子を見送った直後の私には辛い言葉でした。
私と節子が責められている気さえしたからです。
しかし、その一方で、その言葉に込められた意味には心から共感できます。
節子を通して、人のいのちが、あるいは「生きていること」が、どんなに深くつながっているか、支え合っているか、それを毎日、実感させられています。

茂さんたちと話していて、なぜこの問題にこんなに関わってきているのだろうかと、ふと思いました。
節子のことがなければ、たぶん、これほどにはコミットしなかったでしょう。
節子との体験がなかったら、茂さんとの接点もこれほどまでにはならなかったでしょう。
節子が後から押しているのかもしれません。
しかし、時々、急に立ち止まりたくなることがあるのはなぜでしょうか。
人の生死に関わることの難しさを、いつも感じています。

こういう時こそ、節子の支えがほしいです。
節子は、時に考えすぎてしまって動けなくなってしまう私に、救いの手を差し伸べてくれましたから。

|

« ■節子への挽歌765:今日は書きなぐりです | トップページ | ■節子への挽歌767:荒ぶる心のバランサー »

妻への挽歌04」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌766:「死んだらあかん、死なせたらあかん」:

« ■節子への挽歌765:今日は書きなぐりです | トップページ | ■節子への挽歌767:荒ぶる心のバランサー »