« ■ガンジーの平和国家論 | トップページ | ■節子への挽歌792:此岸での人生の終わり方 »

2009/11/02

■終わった人たちの相手をすることの虚しさ

自宅にいる時間が少なくて、国会中継をなかなか見られなかったのですが、ようやく時間ができてテレビを見ました。
なかには中身のあるものもありますが、自民党議員の質問はよくまあこれほどひどい内容になっているのか呆れました。
そのくせ、相変わらずの目線の高さです。
自分たちが撒き散らした問題を一生懸命に解決しようとしている新政府に対して、よくもまあこんなことが言えるものだと思います。
少しはまともかと思っていた加藤紘一さんにいたっては、何をかいわんやです。
こういう人がよく政治家をやっていられるものだと思います。
人間としての人格を疑いたくなります。

政権交代に関するNHKの特集番組を見ていると、自民党がいかに政権不適格政党だったかがよくわかります。
私利私欲しかない人たちの集団になってしまっていたようです。
その番組で、とくとくと話している人たちの話を聞いていると、この人たちには自分がやってきたことの意味など全く理解していないことが伝わってきます。
小沢一郎さんは、好きな政治家ではありませんが、彼が20年かかってやってきたことの意味、そして今のようなやり方をしている理由が最近ようやく理解できるようになりました。

国会審議はもう少し意味のあるものになるかと思っていましたが、相変わらず見ていてさびしくなりました。
途中で見るのをやめてしまいました。

|

« ■ガンジーの平和国家論 | トップページ | ■節子への挽歌792:此岸での人生の終わり方 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

いやまったく、加藤紘一も年とった。時事放談の録画かと思った。酔っ払いの寝言みたいだ。

投稿: ntp | 2009/11/02 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/46653245

この記事へのトラックバック一覧です: ■終わった人たちの相手をすることの虚しさ:

« ■ガンジーの平和国家論 | トップページ | ■節子への挽歌792:此岸での人生の終わり方 »