« ■節子への挽歌824:もやもやがたまっています | トップページ | ■節子への挽歌825:後ろ髪引かれる気分 »

2009/12/04

■認知症予防ゲーム

一昨日、認知症予防に取り組む高林實結樹さん(NPO法人認知症予防ネット理事長)を囲んでのコムケアサロンを開催しました。
今年の春、高林さんから認知症予防ゲームの活動のお話を聞き、とても共感しました。
現場ではさまざまな成果をあげているにもかかわらず、「科学的な実証」がされていないために、いわゆる「権威」からは認められず、思うように普及できないということでした。
それで普及活動を応援しようと思ったのです。

高林さんが認知症予防に取り組みだしたのは、ご自身の母親の認知症介護の体験からです。
そのきっかけは、静岡市の看護師増田末知子さんが開設された「認知症予防教室」との出会いでした。
その教室のモットーは、「あかるく あたまを使って あきらめない」であり、その頭文字、3つの「あ」、「A」をとって「スリーA」と命名されていました。

この方式は「科学的な実証」データが十分でないせいか、主流の人たちからは受け容れられませんでした。
日本では、現場の知よりも学者の知のほうが、一般に評価される風潮があります。
現場の知に勝るものはないと考えている私にとっては、世間的な「権威」はほとんどが「似非専門家」に思えますが、世間はどうもそうではありません。
私たち生活者にとって大切なのは、現場の知です。
権威や名声にだまされてはいけません。

集りでは、高林さんがどういう経緯でこの活動に取り組んでいるかも話してくれました。
とても心に響く話でした。
いま私はさまざまなNPOや市民活動に関わらせていただいていますが、自分の体験を出発点にした活動には共感することが多いです。
頭で考えてはじめた市民活動はなかなかうまくいきません。
専門家といわれる人たちへの信頼感は、今の私にはほとんどありませんが、知の体系が大きく変わってきていることを実感しています。
集りに参加してくれた高齢者福祉に取り組む専門家の方たちもとても共感してくれました。
サロンには、お母さんのことを心配している方が参加してくれましたが、ゲームを体験した後、自分のお住まいの地域で活動を行いたいと言ってくれました。

認知症予防ゲームを体験してみて、これは認知症予防に限らずたくさんの効用があるように思いました。
うつ病対策にもいいでしょうし、元気をなくしてきている企業従業員の活性化にも効果がありそうです。
もちろん普通の人のコミュニケーション環境を向上させるためにも効果的です。
ゲームの概要は高林さんのまとめたテキストがありますので読んでほしいですが、やはりその価値は実際にゲームを体験してみないとわかりません。
もしお近くで、高林さんがお話をされる場があれば、参加してみてください。
高林さんたちの研修会や講演の予定は、認知症予防ネットのサイトに書かれています。
多くの人たちに、高林さんたちが広げようとしている「スリーAゲーム」の考え方に触れてほしいと思います。

私が取り組んでいるコムケア活動は「大きな福祉」を理念にしています。
福祉の根底にあるのは「つながりと支え合い」という発想で、個別問題から発想するのではなく、人の生き方から考えるという姿勢を、大事にしてきました。
実践や現場の場にいる人たちは、個別問題に取り組んでいるようで、実は問題の背景にある社会のあり方や人の生き方に取り組んでいることは、コムケア活動を通して知りました。
高林さんが取り組んでいる認知症予防ゲームも、決して認知症予防だけのものではありません。
高林さんは、このゲームで本人や家族はもちろんですが、地域社会も日本も世界もよくなっていくと確信しています。

高林さんたちの活動は、最近、関西を中心に西日本で広がりだしています。
しかし東日本ではまだほとんど知られていないのです。
これを契機に拡がってほしいと思っています。
広げていくことに汗と知恵を出してもいいという方がいたら、ご連絡ください

|

« ■節子への挽歌824:もやもやがたまっています | トップページ | ■節子への挽歌825:後ろ髪引かれる気分 »

医療時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/46934334

この記事へのトラックバック一覧です: ■認知症予防ゲーム:

« ■節子への挽歌824:もやもやがたまっています | トップページ | ■節子への挽歌825:後ろ髪引かれる気分 »