« ■節子への挽歌838:花かご会のみなさんがお墓参りまでしてくれました | トップページ | ■節子への挽歌839:オリオン »

2009/12/19

■「会話のない社会」と土浦連続殺傷事件

土浦連続殺傷事件で水戸地裁は26歳の被告に死刑判決を下しました。
その事件で息子を失った被害者家族の方が、「本音を言うとね、彼がかわいそうな気もしたんだよ」と事前の取材で語っていたと昨日の朝日新聞に報道されていました。
彼とはもちろん被告のことです。
被告が「会話のない家庭」で育った生い立ちに同情することもあったというのです。

「会話のない家庭」。
そういえば、秋葉原事件の被告は「会話のない職場」で孤立していたのかもしれません。
いまはまさに情報や言葉はあふれていますが、「会話のない社会」になってきているのかもしれません。
みなさんの周りはどうでしょうか。
会話があふれているでしょうか。

私のオフィスではよくサロンをやっています。
そこに参加した人が時々、安心して本音で話ができて居心地がよかった、というようなことをいいます。
ということは、そういう場がいまは少なくなっているのかなと思います。
私のような歳になると、どこでも本音でわがままに話せますが、それが一般的ではないのかもしれません。

私の知人が「対話法」を独自に開発し、それを広げる活動をしています。
私も以前「対話の時代」という連載記事を雑誌に寄稿していましたが、いまは「対話」よりも「会話」が大事ではないかと思っています。
しかし、会話以前に「対話」すらできなくなっているとしたら、こうした事件はこれからも起こりそうです。

「本音を言うとね、彼がかわいそうな気もしたんだよ」。
その気持ちはとてもよくわかります。
この事件意外でも、そう思うことが私も時々あります。

ではどうしたらいいか。
会話のない社会を変えていくことが大事です。
私が取り組んできた「自殺のない社会づくりネットワーク」というのがあります。
いま少し関わりだしている子育て支援の活動があります。
信濃川に鮭を遡上させるプロジェクトがあります。
そうした活動に関わっていて、改めて感ずるのは「話し合い」「会話」の不足です。
根底にあるのは「会話のない社会」です。
それを変えていけたら、解決する問題はたくさんあります。
そうであれば、変えなければいけません。
それは簡単なことです。
会話をはじめましょう。
まずは家族、そして隣人、さらには仕事仲間。
表情のある会話を取り戻しましょう。
一人でもできることはたくさんあります。
だれかに同情しなくてもいい社会を目指したいです。

|

« ■節子への挽歌838:花かご会のみなさんがお墓参りまでしてくれました | トップページ | ■節子への挽歌839:オリオン »

社会時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■「会話のない社会」と土浦連続殺傷事件:

« ■節子への挽歌838:花かご会のみなさんがお墓参りまでしてくれました | トップページ | ■節子への挽歌839:オリオン »