« ■節子への挽歌897:無明住地煩悩から住地解脱へ | トップページ | ■節子への挽歌898:タッタ »

2010/02/15

■競争したら負けるから競争はしないんです

また「あったかい話」に戻ります。
なにしろ「寒い毎日」ですから。

小宮山さんから、テレビの「夢の扉」でコミーが放映されるよ、という連絡がありました。
コミーの社長の小宮山さんはよくテレビに出るので、もういいかと思っていましたが、今度は自信作がまた登場するからというのです。
今度の話題は絶対に割れないミラーでした。
でもそれが今日の「あったかい話」のテーマではありません。

「競争したら負けるから競争はしないんです」
小宮山さんがいつもいう言葉が、今回も語られていました。
何回聞いても「いい言葉」です。
競争は負ける人がいるから嫌だというのではありません。
競争すると私は負けるんですよ、という小宮山さんが私は好きなのです。
最初から勝とうとなどは思っていない。
だから小宮山さんには競争がないのです。

企業の経営幹部の人たちと話していて、「愛」や「支援」がテーマになることが増えてきていますが、競争からは抜けられません。
競走はいいですが、競争はなくてもいいように思うのですが。
でもそういう私自身が企業の人を相手にすると、「競争戦略」と「成長戦略」が大事だなどとついつい言ってしまっているのです。
困ったものですが、現に企業を経営し、毎年きちんと利益をあげている小宮山さんには競争など眼中にないのです。
見事というしかありません。

競争しなくても、会社のみんなも、お客様も、みんな幸せになれる会社。
小宮山さんの生き方を学ばなければいけません。

|

« ■節子への挽歌897:無明住地煩悩から住地解脱へ | トップページ | ■節子への挽歌898:タッタ »

企業時評」カテゴリの記事

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/47575307

この記事へのトラックバック一覧です: ■競争したら負けるから競争はしないんです:

« ■節子への挽歌897:無明住地煩悩から住地解脱へ | トップページ | ■節子への挽歌898:タッタ »