« ■節子への挽歌987:枯れてしまったさつき | トップページ | ■競争と評価 »

2010/05/17

■節子への挽歌988:「まあそういうこともあるわよ」

とてもさわやかな初夏のような1日でした。
空が久しぶりに青かったです。
しかし、このところどうも気分が晴れません。
不思議なもので、気分が沈んでいると、さらに気分が沈むような話がやってきます。
それだけではありません。
不快なことが周辺で多発します。
いつもならなんでもないことかもしれませんが、なぜか些細なことが気分を逆なでしたりしてしまうのです。
心がいじけているためかもしれません。
気持ち次第で、世界は明るくも暗くもなるものです。

気持ちを明るくしたいと思うのですが、どうも思うようにいきません。
冷ややかに自分を見ている自分を感じてしまうのです。
いささか危うい状況なのかもしれません。
困ったものです。

そんなわけで、最近は時評も書けずにいます。
挽歌もあまり書く気力が出てきません。
節子がいたらきっとこういうでしょう。
「まあそういうこともあるわよ」
その一言に、何回救われたことでしょうか。
節子にそういわれるとなぜか安心できました。

今日は早く眠ることにします。
まだちょっと早すぎますが。

|

« ■節子への挽歌987:枯れてしまったさつき | トップページ | ■競争と評価 »

妻への挽歌05」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌988:「まあそういうこともあるわよ」:

« ■節子への挽歌987:枯れてしまったさつき | トップページ | ■競争と評価 »