« ■節子への挽歌1001:妻がなくても夫は老いる | トップページ | ■手続きと知識がお金を生み出す社会は健全なのか »

2010/05/31

■節子への挽歌1002:デジタルテレビがほしいです

わが家のテレビはまだアナログです。
デジタルを買うかどうかは娘のユカに決定権があります。
節子がいなくなってから、わが家の家計はユカが担当しています。
まだ買わないのかと時々訊きますが、まだ買ってもらえません。

節子がいたら買っていたかなあ、とユカに訊きました。
そうしたら、即座にやはり買っていないよと答が返ってきました。
お母さんはテレビが好きではなかったからねえ、というのです。
たしかにそうでした。

節子はテレビといえば、NHKのドキュメンタリーは好きでしたが、ほかの番組はあまり興味を示しませんでした。
私があまりに勧めるので仕方なく付き合って映画やドラマを観たりしてくれましたが、そういう場合も何かをしながら観ていました。
基本的にテレビが好きではありませんでした。
それに、食べ物を無駄にするような番組には必ず怒り出しました。
古典的なパイをぶつけ合うような場面でさえ本気で怒っていました。
たけしが弟子たちに無茶をやらせる番組にも怒りました。
生真面目な人でしたから、下品な話はこれまた受け付けませんでした。
だからテレビが嫌いだったのです。
そんな番組が多すぎました。

その節子も病気が再発してからはテレビを見るようになりました。
「笑い」が免疫力を高めるというので、お笑い番組を見るように勧められたのです。
ところがです。
「今様のお笑いもの」は最後まで好きにはなりませんでした。
どこが面白いのかわからないというのです。
たしかに私もそう思うお笑い芸が少なくありませんが、それに加えて節子は、たとえば上半身裸のタレントがでてくるだけで、顔を背けました。
相手の頭をたたくのもダメでしたし、無意味なジェスチャーもだめでした。
ですからお笑いものを見ていても、時に怒り出すので、免疫力はあんまり高まらなかったかもしれません。

でもまあもし節子がいたら、私のためにデジタルテレビを買ってくれたでしょう。
節子は私の希望はすべてかなえてくれましたから。
ところが娘のユカは厳しくて、まだ買ってもらえません。
もう少し待てと言われて、1年が経っています。
それで私はネットの懸賞に応募しているのですが、なかなか当たりません。
困ったものです

|

« ■節子への挽歌1001:妻がなくても夫は老いる | トップページ | ■手続きと知識がお金を生み出す社会は健全なのか »

妻への挽歌06」カテゴリの記事

コメント

僕も液晶テレビが欲しくて、ずっとネット懸賞に応募していますが当たりませんね。
佐藤さんは何インチくらいの大きさのテレビが欲しいですか?
やはり40インチくらいの大きさじゃないと後で後悔するかなと思いつつ、
部屋置き用の19インチくらいのでDVD再生機が付いた安いものも出てきているので、迷いますね。

投稿: yotu | 2010/05/31 14:31

yotuさん

お久しぶりですね。
たまには遊びに来てください。

テレビであればなんでもいいのです。
贅沢はいえません。

どちらが先に当たるか競争ですね。
がんばらなくちゃ。

投稿: 佐藤修 | 2010/05/31 14:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1002:デジタルテレビがほしいです:

« ■節子への挽歌1001:妻がなくても夫は老いる | トップページ | ■手続きと知識がお金を生み出す社会は健全なのか »