« ■国民生活保障ファンド | トップページ | ■節子への挽歌1047:結婚とは相互に自己開示する決断 »

2010/07/15

■譲る精神

柔道の谷亮子さんが参議院議員に当選しました。
「やわらちゃん」として、国民的な人気のある人ですが、私には「金の亡者」としか見えないために、以前から好きになれない人です。
その彼女が、柔道でも金、国政でも金という発言をして話題になりましたが、金の亡者の彼女ですから、それは当然の発言です。
その谷さんを担ぎだしたのが小沢さんだったというのも、興味深いことです。

私が谷さんを嫌いになったのは、金メダルに固執するあまり、後進のことを考えなかったためです。
オリンピックで金メダルを手にしたら、私はオリンピック出場を辞退するべきだという考えの持ち主です。
たぶんだれからも賛成されないでしょうが。
栄光の舞台は、出来るだけ多くの人に開かれるべきです。
居座ってはいけません。
それが私の考えです。
政治家もまた、居座りたがることの好きな人たちの世界です。
そういう人たちが居座り続けた結果が、今の日本の政治状況かもしれません。

人はなぜ譲れないのか。
それがとても不思議です。
譲り合ったら、とても気持ちよく暮らせるのに、多くの人は競い合います。
競い合ったら疲れるだけですし、負けることもあるのです。
譲り合いには勝ちも負けもありません。
不幸になる人はいないのです。

スポーツは譲り合いではなく、勝つことだという人が圧倒的に多いでしょう。
ワールドカップもそうですが、勝ち負けを目的にするスポーツは、どこか利益を目的とする最近の企業のようで、私には違和感があります。
私が、いまの社会から脱落しているから、そう思うのかもしれません。

譲り合い、支え合えば、みんなの力が活きていきます。
しかし、競い合い、負かし合えば、必ず無駄になる力が発生します。
そんな簡単なことが、なぜみんなわからないのか、不思議でなりません。

それにしても、人間社会から「競争」はなくならないものでしょうか。
自然とも、そろそろ競い合うのをやめたほうがいいのかもしれません。

|

« ■国民生活保障ファンド | トップページ | ■節子への挽歌1047:結婚とは相互に自己開示する決断 »

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

民主党候補者の多くは外国人参政権推進・賛成派です。なぜマスコミは報じないのでしょうか。フジ系の関西テレビ『アンカー』のなかで青山繁晴さんは外国人参政権のこと言っていました。
関東は『たかじんのそこまでいって委員会』は放送されません。関東は情報弱者です。
http://www.youtube.com/watch?v=QbOskMLG924
http://www.youtube.com/watch?v=hrJX7vwRn1Q
http://www.youtube.com/watch?v=p5NpzX-4KaI

投稿: いちや | 2010/07/15 06:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/48877311

この記事へのトラックバック一覧です: ■譲る精神:

« ■国民生活保障ファンド | トップページ | ■節子への挽歌1047:結婚とは相互に自己開示する決断 »