« ■他分野には踏み込まない内向の時代 | トップページ | ■弱いものいじめの強制起訴 »

2010/10/04

■節子への挽歌1128:苦楽を共にする

節子
最近は疲れることが多くなりました。
いろんな相談を受けて重荷を背負っても、それをシェアする節子がいないからかもしれません。
帰宅して、節子に話をするだけで、気分が軽くなっていたのを思い出します。
いまは重い荷物を背負ったまま、寝なければいけません。
いろいろと思いながら眠れないこともあります。
眠れないからと言って、起こして話を聴いてもらう節子も今はいません。

苦楽を共にする、とは良い言葉です。
しかし苦楽を共にする相手がいなくなると、人生は狂いだします。
それに私の場合、いささか苦楽を共にしすぎていたかもしれません。
節子がよくいっていたように、自立できていなかったわけです。
困ったものです。

節子がいない今は、苦楽は私の人生から消えてしまったような気もします。
苦も楽も、すべては重い荷物でしかないといってもいいかもしれません。

|

« ■他分野には踏み込まない内向の時代 | トップページ | ■弱いものいじめの強制起訴 »

妻への挽歌06」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1128:苦楽を共にする:

« ■他分野には踏み込まない内向の時代 | トップページ | ■弱いものいじめの強制起訴 »