« ■話し合いのモデル | トップページ | ■節子への挽歌1165:生きるというのは遺されること »

2010/11/09

■節子への挽歌1164:寒い冬がまたやってきました

節子
あまりお付き合いのない従姉から、つれあいを亡くした訃報が届きました。
80歳だったそうです。
従姉からの手紙には、

今思えば、修様の御心情よーくわかります。
愛する人の死はとても悲しゅう存じます。
と書かれていました。
この従姉は、節子の訃報を知った後、長い手紙をくれました。
その時、返信できたかどうかも、今は定かではありません。
当時、私は腑抜けのようにただただ悲しみの渦中にありましたから。

こんなことを言うと不謹慎ですが、訃報のはがきを読んだ時に、80歳まで一緒の人生を送れたことをとてもうらやましく思いました。
62歳で別れなければいけなかった節子のことを思いだしたのです。
でも、悲しみは年齢なのではないでしょうね。
いやむしろ、一緒に過ごした年月が長ければ長いほど、悲しさは大きいのかもしれません。
いや、これもまた不謹慎ですね。
悲しみは、一緒に過ごした年月とも無縁でしょう。
ともかく悲しいだけなのです。

また年賀欠礼の葉書が届きだす季節です。
その葉書を出せなかった、あの辛い冬を思い出します。
とてもとても寒くて暗い冬でした。

今年の冬は、青空を見上げることができるようになりました。
でも節子がいないために、今年もまた寒さはひとしおでしょう。
節子の温もりがとてもほしいです。

|

« ■話し合いのモデル | トップページ | ■節子への挽歌1165:生きるというのは遺されること »

妻への挽歌06」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1164:寒い冬がまたやってきました:

« ■話し合いのモデル | トップページ | ■節子への挽歌1165:生きるというのは遺されること »