« ■節子への挽歌1188:未来の思い出 | トップページ | ■節子への挽歌1190:安楽死 »

2010/12/04

■節子への挽歌1189:痛みのなかに身をおくこと

「患者が痛みのなかに身をおくことを覚えれば、痛みとの関係は劇的に変わる。痛みを受け入れることで意識が変わり、『痛み』ではなく、ただの感覚となって、不快であっても、それに囚われ、追い出そうとするのではなく、意識のなかで、ありのままに受け入れられるようになるからだ。たいてい、治そうとしなくても、時間が経てば痛みは引く。大幅に軽減されることもある」
アメリカの医師で瞑想家のカバット・ジンの言葉です。 私の生き方や考え方にとてもなじむ発想でした。 しかし、節子を見送ってから、この言葉をなぜか忘れていました。 それほどの余裕がなかったからかもしれませんが、「時間が経てば痛みは引く。大幅に軽減されることもある」ということに抗っていたのかもしれません。 しかし、最近また、この言葉を思い出しました。

節子を見送ってから、私はふたつに分かれているような気がします。
節子を失って嘆き悲しんでいる私と、その私を見て悲しんでいる私です。
いずれも悲しんではいるのですが、かなり違う悲しみです。
前者においては悲しみがまさに生きることのすべてですが、後者においては悲しみはただただ悲しいだけの話です。
これでは違いが分かりにくいと思いますが、繰り返せば、前者は悲しむことで心身が満たされるのですが、後者は不安だけが残ります。
自分でもよくわかっていないので、説明がうまくできませんが、2人の私がいることだけは確信できます。

しかしその2人の私が、最近、合体してきているような気がします。
それがもしかしたら、カバット・ジンがいう「時間が経てば痛みは引く。大幅に軽減されることもある」ということかもしれません。

今日もさわやかな秋晴です。
青い空を見ているといろんなことを思い出します。
学生の頃から青い空を見ていると、私はそこに吸い込まれそうな気がします。
空を見ていると、何もかが瑣末に感ずるのです。
そして、何も変わっていないのではないかとつい思います。
階下で節子が洗濯物を干しているような、そんな気がしてなりません。

私も元気に、その節子に声をかけて、今日の集まりに出かけましょう。
またたくさんの人に会える1日になりそうです。

|

« ■節子への挽歌1188:未来の思い出 | トップページ | ■節子への挽歌1190:安楽死 »

妻への挽歌06」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1189:痛みのなかに身をおくこと:

« ■節子への挽歌1188:未来の思い出 | トップページ | ■節子への挽歌1190:安楽死 »