« ■政治への期待の喪失 | トップページ | ■節子への挽歌1222:帽子 »

2011/01/06

■政治におけるゼロサム発想の意味

昨今の政治の問題は「ゼロサム発想」のないことかもしれません。
そのため結果的にバラマキ型になり次世代からの借金になっていきます。
その発想はまさに昨今の金融資本主義の発想の枠組みと同じです。
ゼロサム状況からいかに抜けるか、ガその発想の原型です。
それはいうまでもなく、持続可能性とは反対ですから、その発想の持ち主はみんな「持続可能性が大切だ」と言います。
しかしだれも本気でそんなことは考えていないでしょう。
もし考えていたら、ゼロサム発想に戻るべきなのです。
そしてゼロサム発想の中にいる人は、決して「持続可能性」など口にしません。
それは当然のことであり、意識する必要などないからです。

マクロでの発想はゼロサムを基本にすべきだと、私は思っています。
私たちは所詮は閉鎖系の世界に住んでいるのです。
宇宙開発を進めてもエントロピーの世界を広げることはありません。
しかし、個人の生活はゼロサム発想で考える必要はありません。
誰かを犠牲にするという良心の呵責を感じない形で、自らの世界を豊かにすることは十分に可能だからです。

社会や組織を統治する立場にある人は、ゼロサム発想を意識するべきです。
つまりそこで重要になるのは「選択」です。
それが「政策」「戦略」ということでしょう。
ところが、覚悟がない人は「選択」ができません。
私は「選択」ができるかどうかがリーダーの条件だと考えています。
政治家はリーダーでなければいけません。
にもかかわらず最近の政治家は選択できません。
大きな声に影響を受けてしまうのです。
私が、小沢さんに好感を感ずるのは、彼が選択しているからです。
国民から嫌われようとおかまいなしに、自らを通しています。
小沢さんの発想の根底に、私はゼロサム発想を感じます。
少しひいき目かもしれませんが。

それは国政に関わる政治家に限ったわけではありません。
いま地元の市長選挙にささやかながら関わっていますが、そこで気づいたのが「ゼロサム発想」の視点です。
なぜ政治に緊張感がなくなり、政策や戦略が不在になったのか、退屈な施策リストがマニフェストなどおかしな呼び方がされるようになったのか、行政評価などと言うごまかしがなぜ広がったのか、その理由が少しわかってきました。

住民の立場からのまちづくり、コンサルタントの立場からのまちづくり、行政の視点でのまちづくり、これまでいろいろな立場で地域の問題に関わってきましたが、今回、市長選にささやかに関わったおかげで、また別の側面が見えてきました。
立場によって、見えている世界が違うことの意味はとても大きいです。

|

« ■政治への期待の喪失 | トップページ | ■節子への挽歌1222:帽子 »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/50507800

この記事へのトラックバック一覧です: ■政治におけるゼロサム発想の意味:

« ■政治への期待の喪失 | トップページ | ■節子への挽歌1222:帽子 »