« ■節子への挽歌1232:世界は極めてもろい存在です | トップページ | ■政治は悪の実践、権力は義務 »

2011/01/16

■手が荒れてしまいました

体験してみないとわからないことはたくさんあります。

実は年末に娘が肺炎になってしまいました。
わが家は娘と私の父子家庭です。
娘は年末年始も点滴で病院通い、自宅では安静を求められていました。
そのため私が家事をやらないといけなくなりました。
といっても生活力のない私には調理などはなかなかできませんが、食器荒いとか掃除とか、まあそんなことくらいしかできません。
幸いにようやく娘の病状も回復し、もう大丈夫です。

この2週間、そんなわけで水を使う作業をかなりしました。
そのため、手指がかさかさになってしまったのです。
娘からそうならないようにハンドクリームをきちんとつけておくようにいわれていましたが、そんな面倒なことをする気にはなれません。
その結果、脂肪分が取れてしまい、手がかさかさになってしまったのです。

まあそれだけの話なのですが、家事の大変さを少し実感しました。
たかが食器洗いなのですが、手の荒れはかなりのものです。

何事も実際にやってみると大変さがわかります。
まあ家事くらいは大した事ではないのですが、世の中すべてそうでしょう。
体験してみないとわからないことはたくさんあるのです。
だからといって、なんでも体験できるわけではありません。
しかし、それぞれみんな大変なのだという意識があれば、社会は違って見えてきます。
批判するのは簡単ですが、まあみんなそれぞれに大変さがあるのです。
批判にも、そうした思いやりや配慮がなければいけないのかもしれません。

というようなことを考えていたから、この1週間、時評が書けなかったわけではありません。
単に時間がなかっただけのことなのですが、手が荒れたおかげで、忘れかけていたことをいろいろと思い出しました。

明日からまた時評もちゃんと書きます。

|

« ■節子への挽歌1232:世界は極めてもろい存在です | トップページ | ■政治は悪の実践、権力は義務 »

生き方の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/50606137

この記事へのトラックバック一覧です: ■手が荒れてしまいました:

« ■節子への挽歌1232:世界は極めてもろい存在です | トップページ | ■政治は悪の実践、権力は義務 »