« ■若者たちの目が輝きだした | トップページ | ■節子への挽歌1332:昔の知り合い探し »

2011/04/25

■節子への挽歌1331:スーちゃんは幸せな人生だったと思います

節子
節子はもう知っていると思いますが、スーちゃんこと、元キャンディーズの田中好子さんが 55歳で急死しました。
今日がその告別式でした。

帰宅したら娘から、スーちゃんの生前のメッセージが流されたけど、お父さんは聞かないほうがいいよといわれました。
泣いてしまうだろう私を気遣ってのことです。
私も、聴く勇気はありませんでした。
ところが、10時過ぎにテレビをつけたら、なんとちょうどそのテープが画面で流れ出したところでした。
これは偶然ではないでしょう。
それで結局、聴いてしまいました。

涙はこらえきれませんでしたが、スーちゃんの人生は幸せだったんだなと心から思いました。
そして節子の人生も幸せだったんだと自分に言い聞かせました。
愛する人が幸せな人生だったのであれば、その伴侶も幸せなはずです。
人は悲しいから泣くのではなく、幸せだから泣くのかもしれません。
そして泣いてしまうから悲しくなるのかもしれません。

それにしても55歳とは早すぎますね。
節子の62歳でもさえ、私には納得できない早さでしたのに。

|

« ■若者たちの目が輝きだした | トップページ | ■節子への挽歌1332:昔の知り合い探し »

妻への挽歌07」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ■節子への挽歌1331:スーちゃんは幸せな人生だったと思います:

« ■若者たちの目が輝きだした | トップページ | ■節子への挽歌1332:昔の知り合い探し »