« ■節子への挽歌1427:友が去る淋しさの感覚がありません | トップページ | ■節子への挽歌1428:節子は悪女ではありません »

2011/07/31

■児玉龍彦教授の名スピーチ

厚生労働委員会での「放射線の健康への影響」参考人説明での児玉龍彦(東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長)のスピーチは感動的です。
私も28日にフェイスブックにリンクさせてもらいました。
様々な人たちから反響がありました
ある大学教授は、「打ち震えました」とコメントを書き込んでくれました。
私も、東大にもこういう人がいるのだと感激しました。
実に感動的なスピーチです。
正直に言えば、話している内容の半分以上は専門的な内容なので、私には正直理解できない部分が多いのですが、児玉さんの思いとメッセージは心に入ってきます。
ともかく「心」がこもっているのです。
久しぶりに聴く名スピーチでした。
なかには聴いていて涙が出たという人までいます。
私もそれにほぼ同じ感動を感じました。

その後も、様々な人たちからその話題が回ってきました。
どんどん広がっているようでした。

ぜひ多くの人にみてもらいたくて、遅まきながらこのブログにもアップさせてもらいます。
よかったら見てください。
http://www.facebook.com/l/kAQAj2whp/vimeo.com/27072107

|

« ■節子への挽歌1427:友が去る淋しさの感覚がありません | トップページ | ■節子への挽歌1428:節子は悪女ではありません »

マスコミ時評」カテゴリの記事

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30899/52358024

この記事へのトラックバック一覧です: ■児玉龍彦教授の名スピーチ:

« ■節子への挽歌1427:友が去る淋しさの感覚がありません | トップページ | ■節子への挽歌1428:節子は悪女ではありません »